ご先祖祈りの方法

お盆も近くなってきましたが、先日、東京に集まった会合の席で提案してくれた女性のおかげですが、誰もが宗派の違いや他人の言う事が違う為に間違った情報に振り回されていることがキッカケです。

さらにこれまでの10数年間、あらゆる悩み相談のアドバイスをしてきましたが、男女問題や金銭問題、そして親戚や家族を含めた人間関係の問題を遡ると、御先祖の因縁に関わる出来事がとても多かったので一番簡単にできる「ご先祖祈りの方法」をお伝えしようと思いました。

親の宗教の違いや自分が信じる宗派の違いもありますが、どんな宗派でも問題なくできる方法ですし、無宗教の方もぜひやっておいたほがいいのが「ご先祖祈り」です。

理由は、あなたという人間一人がこの世の存在する為に、とてもたくさんのご先祖たちの男女の営みが必要ですし、その一人一人の思いが全てあなたの体のDNAに入っているからです。

自分の心の悩みさえ、実は、御先祖や守護霊の思いがあなたの心に影響を与えている場合も多くありますし、人のご縁さえも全て御先祖たちの導きや関わりに関係していると言っても過言ではないほど、深く人間の出会いには御先祖の繋がりが影響しています。

もうひとつ大切な事は、皆さんは「名字」を頂いている事です。

「名字」は関わる一族全ての因縁を繋いでいますので、男性や父親は一生「名字」の御先祖たちの守護力を借りて人生が開けると言ってもいいほど、先祖を大切にする意味があります。

ただし私が言う「先祖を大切にする」とは、お墓や納骨堂や戒名にお金をかけることではありません。ましてや、お葬式にたくさんお金をかける事が先祖を大切にしている事ではないのはもう御理解頂けると思います。

この世でお金を払う意味は、生きている人へ気持ちを表す意味ですので、亡くなった方や御先祖たちには一切、お金をかける意味がありません。

亡くなった方や御先祖たちがお金より大切に思う事は、やはりその人の心の中の思いなのです

正しい心の思いさえあれば、お金をかけなくても、お葬式をしなくても、お墓を立てなくても、戒名を頂かなくても全く問題はありません。

女性に生まれた人たちは命を繋ぐ役目の身体を頂いていますが、子供がいない方は父方母方の御先祖の思いを理解した生き方をする事が大切です。

結婚した場合は、さらに夫の「名字」を名乗る訳ですから夫の御先祖全てに喜ばれる嫁として尽くす心がもっとも重要になります。

御先祖に対する心の影響が必ず全て自分の子供へ影響する、覚えておいて下さい。

北海道アイヌの方たちも沖縄の人たちも、「ご先祖祈り」を担当するのは「女性」と決まっています。

理由は「命を繋ぐ役目・魂を繋ぐ役目・その繋がりを継承する役目」が命を産みだす肉体を持つ女性の役目として生まれているからです。

一般的に皆さんが言う「先祖供養」とは、御先祖を供養する事で過去の因縁カルマを解消し自分の苦しみを外したいという欲求が先にありますが、私のお勧めしている「ご先祖祈り」は、ただ今生かされている事に感謝する心で行うものですので関わる全ての人のご縁をクリアにできますし、未来の人間関係も素敵なご縁に変わることは受け愛ます(^^)

一番お金をかけずに一番ご先祖たちが喜ぶ「ご先祖祈り」を行った人たちがこう教えてくれました。

・理由はわからないけれど、気持ちが軽くなりました
・毎日あった心の不安やざわめきが無くなりました
・人に合う事が楽しくなってきました
・家族や親せきとの関係もよくなりました
・夫や夫の両親との関係がよくなりました

蛇足ですが、運勢を変える為に「改名」する方がいますが、残念ながら全く意味はありません。

芸能人のように二つの名前を使い分ける職業の人は別ですが、戸籍の本名が変わらない限り一切根本的な物が変わる事はありません。

本質の自分を良くしたいと思うのなら「改名」するよりも「印鑑を変える」よりも、「ご先祖祈り」が一番早く効果が出ると覚えておいて下さい。

どうぞあなたの人生がより輝く為に、自分一人で「ご先祖祈り」をしてみて下さい。

あなたが御先祖に手を合わすやさしい心が、この花の花びらのように愛を育む心を気づかせてくれるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です