1. HOME
  2. 天無神人ブログ
  3. 【世界】吉岡一門・天皇家・先住民
  4. 天皇誕生日に 天皇魂納め!

天皇誕生日に 天皇魂納め!

12月23日、冷たい風が吹き抜ける中、天皇誕生日に一般公開しているに皇居内へ初めて入り、関東の祈り仲間10名と「天皇魂納め祈り」を行いました。

 

入り口は、皇居正門にあたる二重橋から入るのですが、普段は、近づくことも許されない厳重な警備が守っています。

皇居が江戸城だった頃を感じながら中へ進むと、とても広い場所に大勢の人たちが集まっていました。

 

天皇・皇后が姿を見せると、一斉に日の丸の旗が振られ、「天皇万歳!天皇万歳!」の歓声があがります。
「本日、私の誕生日にたくさんの皆様がお祝いして下さる事を心から感謝いたします。」
この言葉のあと、3月11日の東日本大震災によって多くの国民の皆様が心を痛めたことに痛みを感じていると言葉を下さいました。
お声を聞いているだけで涙が流れた人もいるほど、今上天皇のお言葉は心に染み渡り、元気になられたことを参列者の誰もが祝福しているのを感じました。
鳴り響く「天皇万歳!」の声の中、京都御所から運んできた天皇魂を納める祈りを始めると、大きなエネルギー体が皇居本殿内に納まりました。
移動許可証と御神鏡も納め、両サイドに守りの公家が収まると、皇居の中に大きな気柱が立ち上がり、天皇の御柱とも言える光の柱が天まで伸びていきました。
天皇がお姿を見せたのは5分ほどの短い時間でしたが、その素晴らしい空気は、歴代の天皇が守り続けた日の丸の光が宿っていると肌で感じました。
このあと、仲間と互いに感じたことを話し合いましたが、天皇のお言葉を直接、聞いた体験は魂が歓ぶ大切な気づきと学びを得たと誰もが口を揃えて話していました。
日の本、日本を守り支える魂は、天皇という人神に繋がり、新しい日本を支える光岩神事のエネルギーも、天皇の存在意味やあり方を正しく伝える重要な意味があるとメッセージで降りました。
まもなく2012年の幕が開きますが、今日から2012年のエネルギーは流れています。
高い意識は、2013年を歓んで迎えている自分や周りの人をイメージしておきながら、低い意識では、2012年の現実世界で何が起きても揺るがない強い愛の心で、愛する人たちを信じ続けるイメージでお過し下さい!
心、素直に生きる素晴らしさを思い出した皆様は、どんな大きな波がやってきても受け止めれる強い愛の心をお持ちのはずです。
何が起きても、信じる物を疑わない心でお進み下さい。
周りの人の言葉に左右されるのではなく、あなた自身の魂が歓ぶ道へどんどん進んで下さい。
完全な愛と信頼を持っている人は、自分や他人を一切、問いません。
神と一体になった人は、神の心を自分の言葉や行動で示す重要性にも気づいているはずです。
2011年にするべき整いの祈りは、無事、全てを終える事ができたのも、多くの人たちが住む土地を愛し、神仏に感謝し、共に、手を取り支えあう心を育み続けてくれたおかげだと感謝しています。
旬祭の祭典のように、始まりの「1」という数字を見るたびに、心新たに前へお進み下さい。
少しだけ不安がある時は、2012年に何が起きても勇気が持てる「天無神人のスピリチュアルカレンダー」をご活用下さい。毎月、何を心がけていれば良いかを知っておくだけで、魂は準備されるものです。
あなたの意識が、2012年は今よりも大きな歓びを多くの人が感じる為に、必要な階段だと心底、思えるなら、意識は現実を超越し、魂のカルマさえ飛び越え、より高く、大きな愛と歓びを発する為に肉体が与えられている時間を有効に使って、今この一瞬、一瞬を輝かせて生きている人のはずです。
2012年は、より高く、より幸せに人々を導く役目を持って産まれた日本人が、もっとも試される年になるとだけ、お伝えしておきます。

アーカイブ

Translate »