2012年1月28日富士山地震メッセージ(東京にて)

北海道から関東に着いた翌日(1/28)の朝、大きな地震が起きました。
この地震は、珍しく横揺れが一切無い地震で、ゴトゴトと異音がどこかで鳴っているのかと思っていると、突然、直下型の大きな揺れが二度、都内にいる自分の体を突き抜けました。
すぐに地震情報で調べると、震源は、山梨県東部・富士五湖、(北緯35.5度、東経139度)、忍野村 富士河口湖町、M5.5 震度5弱。
富士山から重要なメッセージがある事はわかりましたが、この日は、関東光岩神事ワークですので、関東の人たちと神事の中で対話することを決めました。
地球をを守りたい11名の方たちが、心を合わせてから「鳩森八幡神社」へ向かうと、すぐに稲荷社からメッセージが降りました。とても厳しい男神の声で、次の内容が伝えられました。
これまで何度も人間を信じて来たが、もう、待てぬ!
地球の内部を守る神々の気持ちがまだ、わからぬか!
このままでは、火を使って人間を揺り動かすしかないぞ!
このメッセージは、富士山の噴火が、すぐに起きることを意味しています。
富士山が噴火すると、関東地区だけの問題ではなく、地下で繋がっている「神山ネットワーク」の連鎖反応によって、日本全国の山で噴火が起きることは神事の中で伝えられています。
直下型の地震が起きた場合、その場所の「神山の噴火」を意味していると思って下さい。
横揺れの場合は、土地神の知らせ、地球内部のプレートからの知らせ、大陸や島全体のメッセージだと理解して下さい。
このメッセージを受けて、すぐに鳩森八幡神社にある「富士塚」の頂上で神事を行い、富士山の下にあるマグマのエネルギーの固まりを、地球の反対側へ飛ばしました。
海の中で噴火が起きることだけを願っています。
今すぐという部分は回避しましたが、この日の地震の意味は、富士山を通して日本の皆様へメッセージが伝えられているのですが、何度も、地震で揺れた地域の方たちは、その重要さに気づいてくれているでしょうか?
昨日から何度も、地球内部を守る神々と話し合いましたが、人間が変わった姿を明確に示さなければ、日本国内に大きな地震や噴火が起きることは、確実です。
それも、今年中に起きることまでは、断言できます。

私の役目として皆さんにお伝えできることは、具体的に何をすると良いのか示すことだと思いますので、神々と対話して決めた次のことにご協力をお願い致します。

◎3/12の午後2:12の祈り合わせのお願い
これまで地震が起きた場所に、神がいることはお伝えしていますので、ぜひ、自分が住む土地の近くで地震が起きている方達は、3/12の午後2:12に、その震源の近くへ行って地球再生の祈りを行って下さい。行けない方は、自宅でも会社でも結構ですが、同時刻に意識を合わせて下さい。
関東地区は、明治神宮の宝物殿にある「光岩」で、この祈りを行う事が決まりました。
静岡、関西については、勉強会の中でお話ししますので、ぜひ、皆様のご理解と心合わせをお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です