1. HOME
  2. 天無神人ブログ
  3. 【未来教育学】天無神人の神仏心大学
  4. 地球を愛する、自分を愛する

地球を愛する、自分を愛する

自分を愛することと、地球を愛することは、同じなんですよ

そのことに気づいた人達は,自分が気づいたことを素直に行動に移していらっしゃいます。
 
地球は私たちの体であり、地球の内部にあるマグマは私たちの血管。
富士山の下にある大きなマグマのエネルギーも、皆さんが吹き出したい思いと一緒だからこそ、愛して、受け止めて、どうすればいいかを話し合わないといけないんです。
一方的に、こうして下さいなどと言えるほど、私たちは地球に対して大切に向き合ってきていないことは、誰もが承知していると思います。
自然の山の樹を切りまくり、山を切り崩して平にしたり、川を塞き止めて道路にしたり、海を埋め立てて土地にしたり・・・
地球が感じている思いをそのまま感じている人達は、いつも、嘆き苦しんでいるからこそ、今こそ愛を持って地球と話し合う必要が人間にはあります。
「自然と話しをするなんて!」って思う人もいるかもしれないけれど、世界の先住民族が祈っていたのは、自然の神々に対する祈りなんですよ!
その精神は古神道に引き継がれていましたが、現在の神道になってから、ずいぶん、意味が変わってしまった為に祈りの意味さえわからない方達が増えてしまいました。
なぜ、あなたが神社や聖地に行きたくなるのか、自分と対話したことがありますか?
それは、人間よりも大きなエネルギー空間に包まれたくて、足を運んでいるんですよ!
人間よりも大きなエネルギーとは、人間の命を育んでくれている存在のことです。
人間の世界だけを見れば、お父さんとお母さんかもしれないけれど、そのお父さんとお母さんを産んでくれたおばあちゃんたちのさらに、もっともっと古いおばあちゃんたちがいてくれたからこそ、今のあなたがいるんですよね!
そのおばあちゃんが、先祖に感謝して手を合わしている姿を見て来た人達は、自分の為に祈ってくれているとは気づかないからこそ、誰かが、自分を守ってくれる祈りをしてくれていることにも気づいて下さいね。
ご先祖に手を合わせて感謝の祈りをする人達を「人格神祈り」をしている人と私は呼んでいますし、人間の命を守ってくれている自然界の神々に感謝の祈りをしている人達を「自然神祈り」をしている人と私は言います。
さらに、地球上の全ての生命循環を守ってくれている宇宙の神々に祈りをする人達のことは、「宇宙神祈り」をする人と分けて呼ぶのも、誰が、どういう魂の役目を持って産まれてきたかによるからです。
こういう詳しいことがわからなくてもいいので、そういう人達が感謝の祈りをすることで、地球の生命循環が正しく動いているということだけは覚えておいて下さい。
今、地球に人間として産まれてきた全ての人は、初めて人間になった人など誰一人いませんが、その理由は、この地球で人間に産まれることは、とても崇高なことだからです。
人間がどれほど崇高な存在かを示すとしたら、あなたが今、幸せに溢れている人だとしたら、必ず、誰かとその幸せを分かち合いたいと思う心を持っているからです。
その心こそ、愛の繋がりを示す神の行動ですし、どんなに辛く苦しいことがあっても、未来に希望を与える勇気の根源になることを無意識に知っているのが人間なのです。
もう一度、言います。
地球を愛することは、自分を愛することです。
どちらを先に愛しても良いですが、共に愛されたいのはわかると思いますよね。
「愛と感謝」の本当の意味は、このことを教えている神言葉なんですよ。
だから、あなた自身があなたを愛し、あなた自身が地球に感謝する行動を取る事で、全てのエネルギーを愛に変えることができると思いませんか?
愛したい、愛されたい、寂しい、辛い、悲しい、助けて~・・・
心の中の悲鳴は、誰もが持っているからこそ、今、自分にできることでいいので、自分を、そして、地球を愛する行動を起こして下さい。
神々は、そういう人の心や夢の中に、必ず、大切なメッセージを伝えてくれるものなのです。
我神、天神、鏡に写った二つの私。
どちらも自分だからこそ、愛することから始めましょうね。
地球を愛する皆様の行動を神々が見守っています。

アーカイブ

Translate »