1. HOME
  2. ブログ
  3. ◇真実を学べる「神仏心大学」
  4. 「赦し」という言葉の意味

「赦し」という言葉の意味

これまで出会った全ての人たちと様々な形で関わった経験が、今のあなたの心を形成していると思いますが、その経験から得た判断基準で未来の自分も判断していることを自覚していますか?

これが正しいこれが間違いと教わり、ひとつひとつ、一生懸命に積み重ねたことが、突然、ある人に壊されたり、信頼関係まで壊れたり、立ち直れないほど傷ついた経験を多くの人がしていると思います。
でも、その責任を誰かのせいにしている間は、あなたは、いつまで経っても同じ経験を繰り返すことになりますので、今日は、大切なことをお伝えします。
自分を守ることは大切なことですが、自分を正当化した分だけ守るものが増えるために、あなたは知らず知らずに大きな荷物を抱えて日々を過ごしていることに気付かなければいけません。
相手の問題だからと付き合う相手を変えたり、職場を変えたり、住む場所を変えても、結局、あなたの人生で経験することは、あなたの選択した結果だという自覚が無ければ、あなたが経験する未来が歓びになることはありません。
あなたが望む未来が、もし、明確にイメージできているのなら、もう、現実で、必要な人に出会い、必要な情報を手にいれているはずですが、まだ、明確なイメージができていないのなら、あなたが今、するべきことは、自分の過去の思いや大切なものや必要だと思っているものを捨てる勇気が必要です。
あえて、整理ではなく、捨てるべきだと言った理由は、捨てられない思いにこそ、あなたが縛られて動けなくなっていることに気付いて欲しいからです。
断捨離の教えのように、溜まった思いと同じように物を捨てることも大切ですが、もっとも人間の心を支配している大きなものは、「過去の思い」だからこそ、未来に必要な思いかどうかを判断するよりも、過去の成功経験や過去の思い出にひたりたい自分の愚かさに気付いて、栄光を捨てる勇気が必要です。
若くて美しい過去の栄光を思い出すより、今より若くならない体と上手にお付き合いしながら、自分を正当化している思いを手放して、真っ白な子供の時の頭で物事を考えてみて下さい。
あなたは、どういう大人になりたかったのですか?
子供の頃の夢は、もう、忘れてしまいましたか?
思ったことが、経験したこととあまりにも違いすぎましたか?
それはただ、あなたが無知で、幼かっただけですから、もっと、大きな視点で物事を考えられるようにお勉強しましょう。
素直さは最高の知性です」と、私は言い続けていますが、その「素直さ」とは何でもかんでも受け入れる意味ではありません。
反対に、自分の好き嫌いだけで物事を選択すれば、どんな努力をしても、今の自分の気持ちと同じ結果になるのは明白です。
では、どうやって自分の価値観を新しく豊かに、そして、自分らしくできるのでしょうか?
それは、自分が経験していないことを知っている人たちに出会って、新しい感動や新しい歓びの素晴らしさを一緒に体験することです。
インターネットや本に書かれている文字だけで物事を判断してわかったつもりになってみたり、誰かに言われた言葉を鵜呑みにして行動するのではなく、自分の成長の為には「新しい人に出会う場所に身を置くこと」が、もっとも早く自分の視点を変える方法です。
本やインターネット情報と違って、人間の出会いには、「共感」という素晴らしい魂の歓びがありますので、頭で考えるよりも、一人でも多くの人に出会うための場所へ出かけて下さい。
そこには、あなたの好きな人と、嫌いなタイプの人が、必ず、いるはずです。

 

人間関係で、もっとも重要な学びのテーマがありますので覚えておいて下さい。
この人生で、もっとも許せない、受け入れたくない、嫌いな人を受け入れることが、自分の魂をもっとも成長させる方法です。
この学びために、目の前の人があなたを困らせたり、嫌がらせをしてくれているのです。
相手の嫌な部分を避けたり指摘するのではなく、自分がその人に対して完全な対応方法を学びきることで、ゴールには、人生にまったく嫌な人が居なくなる瞬間がやってきます。
本当の愛を知っている人は、この瞬間を知っているからこそ、全ての人を赦せるのです。
この「赦し」には、自分のこだわりを押し付けたり、自己主張はありません。
愛のテーマのひとつである「赦す」という学びの本当の意味は、全ての人の行いを許し、もっとも許せない人を許し、最後に、愚かな自分を許す事で、本当の愛の赦しの意味がわかります。
もう一度、言いますが、この人生で経験することは、全て、あなたの選択の結果であり、あなたに必要な出来事が起きているだけですので、その思いをどう愛に変えるのかを突きつけられているのだと思って下さい。
これまでのあなたの人生が全て過去世の因縁だと言えば、そうかもしれませんが、御先祖や守護神があなたを見守る理由は、先祖の思いも含めて、過去の全ての経験や思いを、全て愛に変えることが目的だからです。
だからこそ、思ったとおりではない結果でさえ、あなたに必要な経験だったと心の底から思って感謝できれば、あなたに必要なトラブルや壁は、二度と、やってこなくなります。
※ただし、同じ学びが必ず、三度、繰り返されます。
必ず登れる、必ずクリアできるテーマや壁や問題だからこそ、今のあなたに必要なテーマが目の前に示され続けてくれているのだと気付いて下さい。
大神は、そこまでしてでも、私達全員に愛に気付くためのチャンスを与えて下さっています。
だからこそ、自分を正当化したい愚かな自分を捨てて、もう一度、素直に、人を信じられる自分になって下さい。
ご先祖も、あなたの魂も、守護神も、全ての願いは、あなたが自分を信じてられて、全ての人を信じられることなのですよ。
生きている間に、一緒に、目の前に現れた愛の学びの階段を一段づつ登って、ゴールにたどりつきましょうね。
いつも、ありがとうございます。

アーカイブ