男の子を育てるコツ

<男の子を育てるコツ>

毎日、お仕事・子育てご苦労様です。

20代から80代までのお母さんたちから「子育ての相談」をたくさん受けましたが、「男の子の育て方を知らないお母さん」が多すぎて困ります。

地球の未来を創るのは子供たちだからこそ、強くて心優しい男の子に育てることをお母さんたちが学ばないと、人類は絶滅してしまいます。

感情的にならずに、私のアドバイス通りに行動したお母さんたちは、驚くほど夫や息子たちが変化しましたし、父親との関係も修復できた人たちがたくさんいます。

個人でカウンセリングに来られた人にもたくさんアドバイスしましたが。以下のポイントに当てはまる人は、今回を自分が気づくキッカケにして下さい。

もし、お嫁さんや兄弟姉妹のお母さんが困っていたら、このブログをご紹介してあげて下さい。

●(危険信号のお母さん)

・離婚して一人で男の子を育てているお母さん

・お父さんと呼べる人が近くにいない単身赴任の夫の妻

・母親と仲が悪く親戚付き合いをしていないお母さん

・自分は姉妹だけで育った

・一人っ子のお父さんとお母さん

・心を開いて全てのことを話せる先輩やお友達がいないお母さん

みなさんとても一生懸命に子育てをしているのに、思ったように男の子が自立してくれないことを嘆いていますが、なかなか他人に言える内容ではないので一人で悩まれています。

子育ての問題の原因が、実は、「親たちの育て方の無知さによるものだ」と気づいていないお母さんが多いので、今日は、2つの事例を紹介しますのでよく学んで下さい。

<相談が多い例1>

親から見るとても良い子だが、心が子供のまま成長していない男の子

実例)20歳を超えているのに結婚しない男子、子供を欲しがらない男子、異性と交際しない男子、仕事はするが真っ直ぐ定刻に家に戻る男の子、親の家を出て行かない男子、休みは部屋にこもりっきりの男子・・・

<相談が多い例2>

親に心を受け止められないことに対する社会的な反発行動をする男の子

15歳から20歳までに、暴力問題や警察沙汰を起こした男子、非行不良たちとつるむ男子、親に暴力をふるう男子、感情的になると家の物を壊す男子、盗み・万引き・恐喝をする男子、いじめや引きこもりになる男子

お母さんたちが正しいと思っている視点を少しだけ見直すために体験談に基づいた勉強会の講義から学んで下さい。

●<定額サービス第二弾>

「男と女の違い・性と生を正しく学ぶ」の全7本を半額で1ヶ月、何度でも見放題!

▶️お申し込みはこちらです。

コメントを残す