木を見て枝を見ず、枝を見て土中を見ず

これからお話することは、私が”解脱”する前のもっとも苦しんでいた時期に、北海道の支笏湖の湖面の向かい側にある山から頂いたメッセージです。

山の神様は、こう言いました。

人間はいつも、目の前のことばかりに気を取られて生きている。

なぜ、”その先に繋がっている自分”が見えないのか、不思議だ。

お前は今、悩んでいるようだが、私たち自然界は、人間の「悩み」というものがよくわからない。

 

本来、「悩み」は心が止まっている人間が感じることのはずじゃ。

今、お前は止まっているのか?

でも、生きているではないか?

 

脈々と血液が身体中を駆け巡り、心臓は打つことをひとときも止めずに動いておる。

なのに、なぜ勝手に、心を止めているのか?

もっと、前を見よ!

もっと、先を見よ!

 

先を見る心の強さが無いのなら、自分の足元を見てごらん。

お前の足元に「石ころ」があるだろう。

その石ころは、私たちが山になる時に、地球の中から溢れ出た岩石の一部なのだ。

長い年月をかけて、川を転がり、丸くなり、今、お前のお足元にあるのだ。

だから、お前の足元の石ころも、私(山)の一部なのだ。

わかるか?



 

 

お前が、今、どこを見ているのか間違えているぞ、と教えているのじゃ。

しっかり、目を見開いて、地面を見なさい。

その石ころの下には、大地があるだろう。

その大地は、私(山)の一部でもあるのだ。

 

つまり、お前は今、私の一部を踏みつけているのじゃ。痛いのお〜(^^)

 

良いか、心を止めるなよ!

どんなことが起きても、どんなに辛いことがあっても、それは一生の人生で見れば、「石ころ」なのじゃ。

山になるか?

石ころになるか?

大海になるか?

海の”もくず”となるか?

川になるか?

どじょうになるか?

風になるか?

水になるか?

選びなさい。

 

お前たち人間には、「火」の力を授けたはずじゃ。

自らを焼き尽くすこともできるし、他人の生湯を温めてあげることもできるのが、「火」なのじゃ。

自分が今、どこを見ているのかを早く気づきなさい。

人間に残された時間は少ないからこそ、お前に私たちの思いを託したのじゃ。

よろしく頼む。

※天無神人の西暦2000年の解脱前の体験談でした

 

 

◎皆様の心を支える地球創生基金にご支援金をお願い致します。 

ゆうちょ銀行からお振込の場合 記号19780-2 番号03609151 吉岡学

ゆうちょ以外の銀行からお振込の場合 978支店 普通 0360915 吉岡学

▶️Payalからクレジット払いも可能です。

【チャンネル登録・コメント・評価に合わせ、こちらも よろしくお願いします。】

●地球創生 (天無神人)公式HP⇨https://earthtscu.jp/

●Facebook⇨https://www.facebook.com/manabu.e.yoshioka

●Twitter⇨https://twitter.com/yoshiokamanabu

●Instagram⇨https://www.instagram.com/yoshioka37gmailcom/?hl=ja 

●地球創生メルマガ(無料)⇨https://home.tsuku2.jp/mlReg/index2.php?mlscd=0000053498

●天無神人のアマテラスch.⇨https://www.youtube.com/channel/UCknCuK_Td9iE_akIpe0Bskw

●YouTubeだけではお伝えしきれない情報が満載!<学べる動画販売中〜>⇨https://vimeo.com/tikyusousei/vod_pages

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です