人生は梯子のようなもの

人生は縄梯子のようなもの

毎日、お仕事・子育てご苦労様です。

 

この人生は、縄梯子(なわばしご)を登るようなものだと思いませんか?

必死に、何かにしがみついて、一歩一歩、足を踏み出しているのに、急に風が吹いて揺られたり、誰かに下に引っ張られたり・・・

怖くなって、縄梯子にしがみつく時もあるでしょう。

でも、しがみついてただじっとしていると、年齢が増して気力も体力も衰えるので、登るスピードがどんどん遅くなります。

不安にかられながらも、時にはふてくされたりしながら、周りの風景を楽しんでいる時が一番、楽しい時間かもしれません。

 

誰よりも早く高い場所へ登った人は、一息ついて下界を見下ろして、みんなの右往左往している姿を見て喜んでいますが、ふと上を見上げると、頂点に登ったつもりが、まだ上に無かったはずの「縄梯子」が見えてきます。

人生とは、そういうものなのです。

肉体を持ちながら一歩一歩、毎日を生きる意味に自分で気づかなければ、いつまで経っても、縄梯子から降りることはできません。

その縄梯子も、自分が決めた人生設計なのだと、どうぞ、早く気づいて下さい。

 

あなたの右隣には、マスト(長い一本の棒)を素手で登ろうとしている人も見えるはずです。

「こっちの縄梯子のほうにおいでよ、楽だよ」と言っても、その人は言うことを聞かず、「いや、私は私の道を進む!」という人は、「辛い人生を自分で経験したい」のだと思ってただ見守ってあげて下さい。

あなたは縄梯子を登っているのに、あなたの左側を見ると、「階段を登っている人」も見えるはずです。

階段の人のさらに横には、「エスカレーター」を登っている人も見えますし、さらに、その先には、「エレベーター」で登っている人も見えてきます。

もっと先には、一瞬で上にワープする「次元上昇装置」に乗っている人もいるのに、あなたが掴むんでいるのは、まだ「縄梯子」なのです。

自分の人生をどう生きるかくらい、自分で選んでみませんか?

新しい日本人の発想を進化させる「日本人塾」に、あなたもどうぞ、ご参加下さい。

新しい発想は、新しい生き方をしている人たちと出会わなければ、何も変わりません。

人生の全ての「人との出会い」は、神様が与えてくれたチャンスなのです。

地球に存続できる人間になるために一緒に発想を進化させましょう!

▶️お申し込みは、こちらです。

コメントを残す