同居の子供から「家賃」はもらっていますか?

同居の子供から家賃はもらっていますか?

    <p style="text-align: center;">毎日、お仕事子育て、ご苦労様です。</p>

これまで多くの母親から「子供たちが家を出ていかない」と相談されましたが、学生は別として、多くの場合、「母親の対応が、子供の自立を潰しているケース」が多いので、ご自分や娘たちの自己チェックにして下さい。

<甘い母親の実例1>

まず、成人を過ぎて、学生ではない働いている子供が家に同居している場合は、いくらでも良いので、必ず、家賃をもらって下さい。

離婚をして戻ってきた子供たちも、同じです。

自分が好きで結婚したのに、自分で勝手に離婚した子供の世話をなぜ、親が面倒見なければいけないのかを子供達へハッキリ言ってあげて下さい。

結婚とは、戸籍を抜いて他人の人間になったのに、その他人をタダで食べさせる理由は社会にはありません。

このことをハッキリ言えない親は、子供たちの「自立心を潰している」と同時に、世の中で他人を支える強い精神力が育たないまま、老人になる覚悟をしなければいけません。

親にお金があることと、子供が社会に適応できる人間になるかは、全く関係ありません。

世の中はもっと厳しい社会の価値観で付き合うものですし、「タダほど怖いものはない」という言葉の意味も、親は成人した子供たちの甘えには従ってはいけないのです。

歯を食いしばって、子供を家から出しなさい!

※日本全国、5万円以上が家賃の相場ですので、いつから払うか話し合って、食費と家賃を最低5万円以上はもらって下さい。

社会へ出て、他人の役に立ってお金を頂いた結果でやりたいことができる仕組みですので、それができない子供たちは、必ず、親のお金や財産を目当てに生きてしまいます。

つまり、親が一生懸命に貯めたお金のせいで、また、子供たちは「自我の地獄」に落としてしまうのです。

成人を迎えたのなら、労働奉仕か、技術提供か、必ず、誰かの役に立つ生き方を子供達にさせないと、必ず、わがままを超えた「とんでもない勝手な大人」になってしまいます。

孫が可愛いそうだと、離婚した娘と孫を家に入れた家庭内のトラブルの原因は、お互いの情と甘えの戦いです。

こういう家族は、永遠に、喧嘩とトラブルが続きます。

20歳を過ぎたならば、自分で家を借りて、「自立する為の道」を子供に選ばせて下さい。

親の厳しさこそ、あとで、「愛の裏返し」だと気づくものなのです。

そこに気づけない子供は、社会でも通用しませんし、生き残れません。

<甘い母親の実例2>

20歳を過ぎた息子が、母親がいない間に、寝室に勝手に出入りしている息子は、絶対に許してはいけません。

鍵を掛けるなり、対応策をして下さい。

小学生や中学生の好奇心が強い時期は良いとしても、大人になってからお互いの男女のプライバシーを守れない親子は、必ず、情愛関係の大きな問題が起こります。

このケースで多いのは、夫が単身赴任で、奥さんを放っているうえに、息子さんの教育にも協力しない夫婦に起こりがちです。

社会に出せないような恥ずかしい男の子に育てた場合、障害、会社をすぐにやめたり、やりたい仕事が無いからと自宅に引きこもって、自立を学ぶチャンスは無くなります。

母親になった女性が、男の正しい扱い方を知らないまま、母親になったケースと、姉妹だけで育ってケースと、長女だったからこそ、弟たちに手をかけ過ぎた女性ほど、自分の息子を厳しく育てる方法を知りません。

20歳を過ぎたら母親が教えることはできないので、ご主人が男社会の厳しさに耐えられる経験をさせて下さい。

<娘に甘い母親の実例3>

独身時代に、仕事にかまけて帰りが遅い娘に、家の料理をさせなかった母親は、家にいる娘に毎日、3食の料理を作りなさいと言えません。

それはつまり、強制的に教えてこなかった母親の責任です。

一度、結婚して離婚後、実家に戻っても、毎日、3食の料理さえやらない娘は、永遠に自分がやりたいことばかりを考えているので、次の結婚はできないと思って諦めて下さい。

40代までに、二度目の結婚ができない人は、50代から親の介護が始まりますので、もう、個人の自由は無くなることさえ予測できない愚か者に育ってしまったのです。

何を言っても、親のいうことを聞かない娘、息子は家を追い出して下さい。

社会で生き残れない人は、自滅、破滅の道しかないのが、人生のルールなのです。

食べ物を育てる、食べ物を美味しく調理することは、「人の付き合い」と同じで、日々、勉強ですので、文句を言うなら家を出ていきなさいと追い出して下さい。

こういう子供達に共通することは、やりたいことに時間とお金を掛けるのが好きなので、貯金をしていません。

●最後に、「独身の世代別貯金の最低基準」だけは、教えてあげて下さい。

10代・・・100万円

20代・・・200万円

30代・・・300万円

40代・・・400万円

50代・・・500万円

この金額の貯金を持っていない人は、自分も守れず、大事な人も守れない人間なので、要注意人物です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です