「魂の封印」を完全に解き放つ!!

ビジネスで成功する前に、人間として成功者であれ!

◯現実を歓びに!

若い世代が見ているいろいろなSNSの情報の多くは、ビジネスで大金持ちになりましょう!的なメッセージに溢れていますが、金銭的な成功者になる前に、まず、人間的な成功者になる努力をして下さい。

親は子供に、社会に迷惑をかけない人間になることと、他人に喜ばれる人間になることを教える役目ですし、学校の先生は、日本で生きる上で最低限の教育をする場所ですが、現在の教育現場は、画一主義なので、個人に合わせた教育はできません。

常に、平均的な教育概念が基礎にありますので、やる気がある若い先生ほど、やる気と現実のはざまに入り、鬱になると思います。ですので、公務員で、義務教育を担当している先生たちに、全てを求めてはいけません。

子供の立場で考えると、「親の教えは完全だ」と無意識に思い込んでいる思いも、横に置いてゆっくり考えてみることが必要です。

親が子供に教えられることは、自分がうまくできなかった失敗から得た知恵や、学校では教えられない自分の体験談や、苦しい時にどうやって乗り越えてきたかを話してくれる人生の先輩なので、もし、悩みを抱えている子供たちは、自分の両親や祖父母に、辛い時、苦しい時にどうやって乗り越えてきたかの「体験談」をまず聞いて下さい。

親の答えが悩んでいるあなたにとって求める答えではない場合、正解をネットで探すのではなく、自分で思った道をまず歩いてみて、失敗を恐れず、結果を良い悪いだけで判断せしないで、人生のひとつの経験だと思って、もっと経験が多い先輩達にたくさん話を聞いて下さい。

人生は一度きりだからこそ、いろんな人が自分の知らない体験をたくさんしていますので、1歳でも年上の人は、「自分が知らない何か」を経験したり、知っている人なので、教えてくれるかどうかは、あなたの素直さ次第なのです。

私は性格的に、「これは正しいんだ!」と教わると、まずは信じますが、その反対側も気になるので自分で調べたり、体験した人に直接、聞きに行ったりしますが、その結果、表と裏と全ての仕組みがわかり、対応策も身につけました。

裏表の対応策まで学べたのは、30代半ばだったと思いますので、それまでは失敗と葛藤の連続の人生だからこそ、勝手な判断をせずに、いろいろ質問できる先輩との付き合いを大事にしていました。

人生で、一時的に成功しているように見える人でさえも、失敗している人も、どちらの場合も、人間として明日、生きる勇気を周りの人に与えられる人間か、それとも過去の話だけをする人なのかを見極めて付き合って下さい。

なかには、「自分が信じている価値観」だけを信じ、突っ走る人もいますが、そういう人ほどみんなが知らないところで努力し、何かを犠牲にして頑張っているものなのです。

昔は、「トンビが鷹を産むわけない!」と言われたように、大工の子は大工、左官屋の息子は左官屋、八百屋の息子は八百屋、農家の息子は農家でしたが、今は、親の仕事を継ぐ比率が少ないので、代々継承するべきものは何かわからない時代になってしまいました。

これからの時代は、多くの職業が無くなっていき、AIを多様化したお店や職場が増えるからこそ、「人は資産だ!」と呼ばれた時代が夢のように消えていく時代になります。

もうすでに、縮小経済の業界は大幅に人員削減をしていますので、就職は難しい時代になりますが、「どんな仕事でもやりますので、させて下さい!」と言える人は、必ず、チャンスがやってきます。

20年以上前、アメリカやフィリピンの一流大学や一流高校の生徒は、授業を受けながら自分で起業し、少額投資をしながら学業の単位も取り、卒業後は企業から求められるスキルと実力を身につけ、自分と会社は「雇用契約」ではなく、対等な「業務契約を望まれる経営者」になる努力をしていました。

日本人の価値観は、「朝から晩まで汗水流して働くことが尊い」とされていたので、パソコンで仕事をしている人間を見ると、バカにしたものです。

日本から一歩世界へ出れば、日本人として、必ず、質問されることがあります。

日本は、どんな国だい?日本は、住みやすい国かい?

日本人は優しくて勤勉だと聞いているけど、なぜ、そうなの?

日本国旗の意味は、何?

日本人は、どうして親やご先祖を大事にしないの?

日本の「和」って、どういう文化?どういう意味?

このことを答えられない大人は、「子供以下」だと思われますので、自分で勉強して下さい。

明治維新後、世界に負けない国家づくりをした結果、先進国の仲間入りもできましたが、現在の日本の内側の問題は深刻化し、家庭の中まで広がった結果、家を出ない子供たちがたくさん増えています。

経済的に考えれば、実家にいたほうが楽に決まっていますし、貯金もせずに好き勝手に生きた人が、異性を見つけて、子供を育てる親になった時に、何を教えるのでしょうか?

お母さんみたいにギリギリまで実家にいて好き勝手に生きたあと、高収入の男を捕まえて子供を産めばいいだけなの?それが、女としての幸せなの???

さあ、この問題をあなたが考えて子供たちに教えてあげて下さい。

お金は無いよりあったほうが良いのは当然ですので、まずは小遣い帳をつけさせて、お金の流れを把握し、少ないお金から貯金する経験をさせて下さい。

「お金は(思いの)エネルギー」だからこそ、周りの人と喜びを分かち合えるように上手にお金を使いながら、自分のために買うものより、周りの人たちから学ぶためにお金と時間を使って、他人に喜ばれる経験をたくさんして下さい。

ただ、このことを心がけるだけで、必ず、あなたの目の前に、あなたを必要としているステキな異性が現れます。

「自分一人で判断して経験する時間」で起きる出会いを「運命の出会い」というのです。

だから、すぐに儲かる話ばかり聞くのではなく、人間として喜ばれる人なる!と決めて、親以外の先輩達にたくさん話を聞いて下さい!

厳しく子供育てる親の思いは、どうか、「自分みたいにならずに大きな人間になってくれ!」という思いで育てていますし、子供に甘い親は「私みたいに人生を上手に楽しんでうまく生きなさい」という思いで育てています。

親と子供は、「絶対のカルマの関係」なので、どうか、親以外の人とたくさん交流して広い視点を学んで下さい。

私(アマミカムイ)が毎月、行っている「日本酒の会」に参加してくれれば、いろんな大人達の経験を聞ける最高の場所だとわかるはずです。

18歳を過ぎたら成人なのですから、親の価値観を超える生き方を身につけていない人は、結婚も、就職もできない時代がドンドン目の前に迫ってきますので、「自己研鑽・自己形成」を目標に人生の徳を積んで下さい。

「失敗こそ財産」、失敗をしない人間は、人の気持ちがわからないので、どうぞ、ご注意を!

▶️「日本酒の会」はこちらの最新情報でご確認下さい。

ご案内)天無神人 オンデマンドページ

コメント

  1. 藤木秀行 より:

    ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました