「魂の封印」を完全に解き放つ!!

<最先端情報>エネルギーと微生物の関連性

◯人類に残された時間

意識エネルギーは、「スピード」のことなのをご存知ですか?

詳しく説明しましょう。それと同時に、「微生物」についてもご説明しますので、保存するべき資料です。

この地球に生命体が生まれたのは、鉱物に付着した「微生物」のおかげです。

しかし、微生物にはいろんな種類があって、それぞれ増殖するスピードが違います。

微生物が増殖しやすい環境とは、自分とは違った微生物がたくさんいることです。

同じ微生物ばかり増えると、急激に、進化のスピードが落ちます。

人間の始まりは、インドの黒人の一人のお母さんですが、その骨格や細胞の進化に、どういう新しい微生物がいたかによって、肌の色も骨格も変化するのです。

人間が定住を始めてから、急激にその進化スピードが落ちてしまい、今、世界は、他の違う人種との「掛け合わせ実験」を必死に医療を使って行っています。

世界で最も多くの人種が混じったのが「日本人」なので、日本人の肌の黄色は、太陽にも強いし、土着にも、海の生活もできるように進化している人種なのです。

白人は山の中の強い日差しを避けてきた寒い地方の民族なので、肌はとても弱く、すぐにシミやシワになり、細胞活性スピードが遅いのです。

その反対に黒人の肌の色は、暑い温度に耐えられるようになっていますが、寒さだけは弱いので南半球に住んでいます。

海のそばに住んでいるアジアの民族の肌が強い理由は、微生物の進化が海の流れによって多くの微生物が食べ物で交わるため、結果として、最も東に住んだ日本人がアジアで最高の「全天候対応型の民族」が生まれたのです。

そのことを日本神道では「八百万の神」と呼び、最も多くの血や微生物に感謝する民族なのです。

自分が生まれた土地を一歩も出たことが無い人間は、どんどん濃い血が混じるので、天才かバカか、美人かその反対も出やすいものです。

日本人の教育のレベルは、元々は世界で高かったのですが、戦後、その教育自体を破壊するために、左寄りの人たちに入れ換えて、「一本化教育・全国統一教育」にしたのです。

ここで今、何をするべきか、あなたの体内にある「微生物」を活性化させるためには、畑や田んぼへ出て、無農薬野菜の農作業をすることで多くの微生物と細胞の情報交換が始まります。

原因不明の病気のほとんどは、この体内微生物の性質による結果ですので、医学では治せません。

自然療法・転地療法と呼ばれている田舎に移り住んで生活するだけで、多くの病気が治った報告もありますが、医者は儲からないので患者には勧めません。

微生物を専門に研究している京大・名古屋大学の研究者に話を聞きましたが、まだ、「人間の意識と微生物の関連性」に気づいた人はあまりいません。

このことを認めるためには、「微生物には意識がある」と認めて証明しなければいけないからです。

私がその優秀な研究者に教えたのは、「微生物には意識があり、それぞれスピードが違う」と教えましたが、自分の研究テーマにすると言っていました。

神様たちは、こうやって私にいろんな専門家を出会わせてメッセージを送るチャンスを与えて下さいます。

最後に皆さんに、覚えておいて欲しい重要なことは、私たち一人一人が考えることが全て自分の体内の微生物に記憶され、マイナスなことでもすぐに再現させるため、私たちは自分で敵を作ってはいけないのです。

コロコロちゃんはウイルスですが、本質は同じなので、敵にした人は高熱を出したり、味覚障害にして、微生物の苦しみを経験させられます。

この世に存在する全ての動植物も人間も、微生物同士が交信しあうように、受け入れ続けることで進化できるようになっているのです。

微生物も、創造主マスターが創造したひとつの生命体なのです。

ご案内)天無神人オンデマンドページ

 

コメント

  1. 河西伴法(かわにしとものり) より:

    ありがとう御座います

タイトルとURLをコピーしました