1. HOME
  2. ブログ
  3. ・1977年〜防衛省 陸将補・特別統合幕僚長・岡山理科大学 数学課程、情報処理課程
  4. 【防衛省】アメリカ国防総省ペンタゴンの「自白剤」は日本酒の酵母菌から作っています

【防衛省】アメリカ国防総省ペンタゴンの「自白剤」は日本酒の酵母菌から作っています

よく私のブログに出てくる「アメリカ ペンタゴン」の地下で開発している様々な毒薬の中で最初に作られたのは「自白剤」ですし、その自白剤の原料となっているのは、「日本酒の酵母菌」なのです。

 

なぜ、そんなことを知っているかというと、アメリカペンタゴンの研究員の中に、日本人で拉致されて戻ってこれない人間がたくさんいる中で、その研究員が公開して良い情報を日本人の研究員から直接、聞いたので、この情報を公開しても彼らも家族も殺されることはありません。

・・・・・

なぜ、ペンタゴンに日本人がいるのかというと、日本の医学会や病理研究をしている優秀な学者たちは、「頭の硬い先輩たちの利権」に嫌気がさしていますので、厚生労働省の官僚や、薬に関わる政治家たちが「自分のお金儲けを優先する」ので、「アメリカで一緒に研究しませんか?」と誘われて、そのままペンタゴンの研究施設に入れられて、「自分の意識でここにいる」という書類にサインさせられているので、一生、日本に戻ることはできないのです。

・・・・・・

それはいかに厚生労働省にぶら下がる日本の政治家たちが「裏でお金儲け」をしているかの証拠なのですが、あまりに働いている分野が広いので、当時、私が持っている権限を使っても辞めさせることはできなかったので、自分の命が危険にならない程度に情報をもらってそのお礼をきちんと家族に渡すことで判明した事実でした。

・・・・・

昔から世界のどの国も「自白剤」の研究はしていますが、効果を測定する対象は捕まえた敵の兵士に飲ませますが、今、世界一の苦しみもなく自分で自然に話してしまう理由は、「お酒好き」ならわかると思いますが、美味しいお酒を飲めば口が軽くなり、普段、言えないことも口にするほど、「脳の情報処理をする海馬」を麻痺させる成分が入っているので、その成分を抽出するために世界のアルコール原料を調べた結果、「日本酒の清酒酵母菌」が最も副作用がなく自白すると分かったので、ペンタゴンで開発されたのですし、開発した人も日本人です。

 

「清酒酵母」について詳しく学びたい人は、こちらのサイトをお読み下さい。

実は味の決め手?日本酒造りに使われる「酵母」を学ぶ

https://sakestreet.com/ja/media/learn-yeast-for-sake-1#

 

私も美味しい日本酒は大好きですが、「醸造アルコール」が入っている日本酒だけは飲みません。

理由は、「醸造アルコール」を飲み続けると脳が麻痺するだけでなく、味覚も壊れて記憶喪失になることが増えることが実証されているからです。

安い日本酒ほど使う原料は自然なものではなく「薬品」で作ったものだからこそ、「醸造アルコール」の日本酒を飲めな飲むほど、脳は萎縮して痴呆症になりますし、薬品から作った「醸造アルコール」は細胞を蝕み脳に蓄積しますので、同じことを繰り返し話す「マダラボケ」と同じようになる成分が入って今すので、若い人でもマダラボケの人が増えている理由は、「醸造アルコール入りの食品」が多く口にしていることが原因です。

自分の家にある調味料や、お菓子やあらゆるもの成分表示をよく見て、「醸造アルコール入りの食品」は家族の健康が壊れますのですぐに捨てて下さい。

 

「体に良くない化学薬品を薄めて飲んでいる」と思えば分かりやすいと思いますが、お酒を買う時に裏のラベル見て「値段が安い理由」が「醸造アルコール」が入っているかいないか確認するだけですし、飲み続ければ、必ず、「味覚オンチ」になる人もたくさんいますので、「醸造アルコール入りの安い合成食品」は売れ続けているので、男女問わず、若い時からオヤジみたいな飲み方をして記憶を忘れる人がたくさん増えています。

昔から有名で美味しいとされている日本酒にもたくさん「醸造アルコール」は入っていますが、「醸造アルコール」の味がうまいと記憶してしまうと普通になるので、そういうお酒を喜んで飲む人たちとは一緒に飲まないように心がけています。

 

理由は、しつこいし、同じ話を繰り返し続けるし、一度、説明したことを忘れて、何度も何度も繰り返し質問するので、女房にも三行半(ミクダリハン)突き付けられている最低の男たちをたくさん見てきたからです。

最近は、女性でも「醸造アルコール」が入っていても気にならない女性が多いですが、でかい声で居酒屋で叫ぶし、男をバカにし話し方をするし、自分は間違っていないとしつこいので大嫌いな人たちですので、そういう人とは高級な手に入らないお酒は飲みたくないので、私はそういう場には行きません。

接待やお付き合いで飲まなきゃいけない立場の人は、大変だと思いますが、醸造アルコールを浄化するコツは、福寿塩を溶かしてガブガブ飲めば、必ず、血液に溶け込んだ悪い成分を排出してくれますので、常用することをお勧めします。

福寿塩 https://ec.tsuku2.jp/items/95021216223202-0001

・・・・・

私もサラリーマンの頃、労働組合に入ってからは毎日のように仕事でお酒を飲まされたので、3次会、4次会としつこい上司と一緒に飲む時ほど嫌な時間はないので、14年間でサラリーマンは辞めましたが、たまにお礼で持ってくる日本酒が「醸造アルコール入り」だったりするので、女性で「醸造アルコール」のことを知らない人は家族の食事も「味覚音痴」だし、酔えればいいので安酒を大量に飲んでいるだけの酔っ払い家族なのでボロクソに言いますので、二度と私に前にはやってきません。

 

だって、人に質問しているのに答えている途中で「自分の意見」を言うし、さらに一度、聞いた答えを理解しないまま、何度も自分勝手に質問する「ワガママな人間」は、永久に自分の周りの人たちを不幸にしていることさえ気づかない人なので、ご主人も、子供も、全員がワガママな家族になっているものなのでご注意ください。

 

「頑固とわがままを治す薬」があるといいとつくづく思ってしまう今日この頃です。

アーカイブ