1. HOME
  2. ブログ
  3. ・1990年〜内閣府・外務省・財務省・厚生労働省・農林水産省・厚生労働省 特別上級国家公務員・警察庁・国際警察インターポール特別捜査官
  4. 【農林水産省・厚生労働省】<食品添加物>匂いも味もわからない団塊世代ジュニアは問題です!

【農林水産省・厚生労働省】<食品添加物>匂いも味もわからない団塊世代ジュニアは問題です!

私の周りの人たちの50代以下の女性たちと話していると、必ず、「匂いがよくわからない、味がよくわからない」と言う人が多いですし、この原因が体に毒な薬品を化学合成した「食品添加物」を食べ続けているせいだと認識していないので、1990年代の官僚時代に調べた「食品の調査結果」を公開します。

・・・・・

まず、消費者の皆さんはスーパーやデパートで食品や調味料やお菓子を買う時は、必ず、「裏の成分表示」を見て、「カタカナ表示」があるものは買わないで下さい。

「カタカナ表示」は、すべて化学薬品で作った「食品添加物」と防腐剤だと思って自分で調べて下さい。

・・・・・・

「安いお味噌」に表示されている「アメリカ又はカナダ産大豆」や「オーストラリア産大豆」も化学肥料を使っているので買わないで、自分でお味噌を作るか、「国内大豆使用のお味噌」を選んで下さい。

 

・・・・・・

1990年に、知り合いになったアメリカやイギリスのホワイト(白人)に「なぜ、食品添加物入りの食品があるのか?」と質問すると、「食品添加物入りの食べ物を口にする人は有色人種か奴隷だけです!」とキッパリ言われてしまい、日本人の無知さをトコトン恥じました。

・・・・・

世界のお金持ちは豊かになった日本が、まさか、いまだに「食品添加物」を食べているとは思っていないことも覚えておいて下さい。

インドとカースト制度の最低は、ダリット(食用人間)

アフリカから連れて行かれた黒人

アメリカの白人専用トイレ(日本人もダメ)

・・・・・・

・・・・・

「匂いがよくわからない、味がよくわからない」ことが、「大きな問題だと認識していない人たちが多いため、「食品添加物」を食べ続けるとどうなるかを教えますので、冷蔵庫に入っているものや、ストックルームの中の「裏の表示」をよく見てすぐに廃棄して下さい。

・・・・・・

これから公開する内容は、1991年代に「農林水産省・厚生労働省・外務省」の大臣たちと、「ぶら下がり国会議員」たちに私が直接、配った資料の内容です。

・・・・・・

私は北海道のコメも野菜も「無農薬」で作っていた農家の次男坊なので、過去の「アメリカと日本の外務省の輸出入の金額と明細」を全て細かく調べると、異常に「農薬入り食品と医薬品の輸入額」が増えていたので担当者の責任を追及しました。

 

実際に、アメリカ人と仕事をしてい時に、「どうやって農薬入りの作物を作っているのか?」をカリフォルニカの農家で調べてみると、「アメリカ政府が補助金を出して本専用の農薬入りの作物を作る契約」をさせていたので、外務省の接待費を渡して、農薬入りの畑を全て焼き払いました。

この時の「アメリカ政府の契約書」と、日本とアメリカの「農林水産省」の裏契約書のコピーを添付して、「農林水産省・厚生労働省・外務省」に突きつけながら、「農薬入り野菜と果物の輸入禁止と食品添加物入りの食べ物の輸入禁止」を条件に戦い、「段階的に毎年、輸入量を減らす契約書」にサインさせました。

・・・・・

最終的に、「誰にこの責任を押し付けるか?」考えた結果、当時、「自分をミッチーと呼んで下さい」と言った「外務省の渡辺美智雄大臣」の部屋に行って、

 

「コロコロ外務大臣を取っ替え引っ替えして「責任逃れ」をしないで、俺が官僚を辞めるまでこの農薬づけの輸入問題の責任を取り続けろ!

そうじゃないと、この情報をマスコミに広げるからな!」

 

と迫り、私が官僚をしていた1991年(平成3年)から1993年(平成5年)まで毎年、徹底的に農薬入りの輸入額をチェックして徹底的に減らさせました。

1991年 外務省の渡辺美智雄大臣

 

 

<日本に食品添加物が入ってきた理由>

「明治政府」ができた明治元年(慶応4年)(1868)9月8日から長州藩(山口県)は、「戦いと賄賂」にお金を使いすぎていろんな国に借金していたので、最終的に日本を攻めたアメリカと手を組み「日米友好条約の裏書き」でアメリカから多額の賄賂をもらいながら、「医療と薬と食品添加物をセットで輸入する契約」をして、大量に日本に輸入したので、現在の「厚生労働省」に入るアメリカからのバックマージン」はとんでもない金額になっています。

 

 

1945年に終わった大東亜戦争のあとの日本はさらに食料不足で子供たちがたくさん亡くなったので、日本政府はアメリカの牛や豚に食べさせる「子種が増えて妊娠しやすい化学薬品入りの食べ物」をたくさん輸入したせいで、団塊世代生まれ(1950年(昭和25年)~1952年(昭和27年))は双子や三子がたくさん生まれるほど一気に子供が増えたので「団塊世代ジュニア」の数が多いのです。

団塊世代ジュニアの分布図

 

戦後、アメリカは「肉体と精神性が以上に強い日本人」を徹底的に破壊するために、「日本人植民地化100年計画」を戦争を始める前から作っていたので、1953年以降は、逆に、「子供を産めなくする劇薬」を食品に入れたせいで、見るに耐えない奇形児や未熟児が大量に生まれたので、「1人1万円で奇形児の体を検体だ」と言って買い取りました。

 

アメリカで奇形児を分析して改良を重ねた「改良農薬」で作った食べ物は、「世代が続くほど子供が出来なくなる薬品を入れた食品添加物」を作り出したので、年間、いくら日本が食品を買うかを決めた「日米食品輸入条約」を取り交わして、今も「農薬入りの食品添加物」を買えば買うほど「農林水産省にお金が入る仕組み」があるので、「ぶら下がり国会議員」にガッポリ裏金が入る仕組みになっているのです。

さらに、日本の田畑でも「遺伝子交配した種」を買うことを強制し、同時に「化学薬品・農薬・化学肥料・除草剤・殺虫剤」を大量に輸入する契約をして一気に日本中に広めた結果、今の50代以下の人たちは、子供が産まれない、鬱引きこもり、多動症などのADHDや発達障害の子供達が増えているのです。

・・・・・

1、子供やご主人の鬱、引きこもりなどの家庭内の問題は世の中に広まりづらいですが、一番、わかりやすい事例は、いざ「子供が欲しい」と思っても70%以上の夫婦が「妊娠できない体になっている」ので、350万円から500万円以上かかる「不妊治療」が爆発的に増えていますし、苗字を守る男の子が生まれる数も確実に減っています。

 

2、内臓の内側に脂肪が付きやすくなる薬品も入っているので、便秘が増えて、敏感肌のトラブルも増え、子宮や卵巣のトラブルも増えて、免疫を大きく落とすため疲れやすくい若者がたくさんいます。

 

3、精神面でも「集中力が無くなる成分」が入っているので、1冊の本を最後まで読みきれない、一人で居られない、何をしても飽きてすぐ眠くなる、寝ても寝てもまだ眠い、脱力感、やる気なしと、「倦怠期の大人」と同じ倦怠感になり、鬱や引きこもりになる成分が食品添加物に入っていることは確認済みです。

・・・・・

1990年代から無償で「外務省の特別上級国家公務員(官僚)」として働いていたので、アメリカの「ペンタゴンの研究室」に入り、最も力のある女性と仲良くなり、「毒薬研究室の薬品」をすべて持ち出して日本で調べましたし、「農林水産省」の契約書類も全て確認したし、「厚生労働省」のアメリカから年間に買う「薬と医療機材の予算」もすべて確認して証拠書類を押さえて関係する省庁全てに、「特別上級国家公務員」として「業務改善命令」を出しました。

 

日本全国の学校給食にも出ている「牛乳」の中の成分も調べてみると、牛に食べさせる「アメリカ カリフォルニア産の飼料」の中に、「骨粗鬆症になる薬」が数種類入っていたので、今の子供達は学校の体育ですぐに骨が折れるのです。

 

だからこそ、農協が扱う「すべての食品」をダイエーの食品管理センターで調べた結果を見せて、全国の農協を指導する立場の「全国農協食品株式会社」に「毎年、改良すること」を約束させました。

 

「農協」で扱う全ての商品の売上と、「漁業組合」で扱う全ての商品の売上は、「一定額がヤクザに落ちる仕組み」になっていますし、その両方の親分が「愛知県」にいることは業界では常識です。

・・・・・・

愛知県名古屋市の有名な「広域暴力団のヤクザ」といえば、わかりますよね?

 

「愛知県の有名なヤクザの団体」は、日本で最も多い「シャブ(覚醒剤)」を売っていることは警察も知っていますが、警察幹部の中にも「シャブ」にハマっている人間が多いので、なかなか摘発されないことが、とても残念です。

愛知県警察本部

 

「警察庁、警視庁、インターポールの三つの特別捜査官」として正式に認められていたので、正式文書で「改善命令」を出しましたが、「配慮します」と返答が来ただけなので、警察内部の悪い奴らはいつも悪事を隠して市民に嘘をついてのうのうとしています。

・・・・

警察庁と警視庁内部の「業務改善事例の報告書」を読むと、「警察官の不倫、シャブの使用、暴力団との親交、サラ金からの多額の借金の改善について」と毎年、報告書類が出ていましたが、今もあまり変わっていないと思います。

・・・・・

1990年から札幌で行っていた「吉岡学の社長会」に全ての業種の一部上場企業の社長が来ていたのですが、「自動車労連」のトヨタ、日産、本田、マツダ、三菱自動車、スズキ、ダイハツ、SUBARU、いすゞ、日野、ヤマハ発動機の中で、「トヨタ」だけ来ていなかったのでトヨタ労連の委員長に電話すると、こう言われました。

 

全トヨタ労連委員長)吉岡さん、わかっていますよ。

あなたの社長会に行けば売上も利益も出るし従業員も喜ぶことは・・・。

でもその分、全てのことを正直に話さないと会社を潰されるので、豊田達郎社長も苦しんでいるんです。

豊田達郎社長

・・・・・・・

それと、愛知県の土地相場を固定している「トヨタ相場」を高値で安定させているのもウチだし、愛知県の建設業を全て取り仕切っているのもウチなので、そのことを追求されると「命」が亡くなります。

・・・・・・

これは、愛知県警も、愛知県出身の国会議員も、県議会議員も、市議会議員も、町議会議員もみんな知っている事実なので、誰も「農協と漁業組合のとヤクザの繋がり」を口にはできません。

 

だって、愛知県出身の国会議員の女が、「ヤクザの女」なのですもの・・・・。

 

豊田達郎社長は「社長会」に行けませんが、どうか、「トヨタ」だけは潰さないで下さい!お願いします!

あとで、個人的に、会社の人間がご挨拶に伺いますので、どうか、よろしくお願いします。

・・・・・

後日、豊田達郎社長本人がいくつものスーツケースに多額のお金を持ってやってきたので、お金ももらわず、本人を追い返しました。

・・・・

・・・・・

・・・・・

これでは日本全国の「買い物をする消費者が困る」とわかったので、国が管理している「全国の保健所や品質管理センター」は「裏金議員」たちの言いなりだから、当時の勤め先が「スーパーのダイエー」だったので、中内功社長に事実を訴えて、「ダイエーで扱う全ての食品製造メーカーの原料国と成分表示の提出」を求めて、健康に良くない物を売っているメーカーや企業に、「改善しない会社は取引中止」とし、同時に、中内功社長のポケットマネーで「ダイエー食品安全管理センター」を作ってもらいました。

品質管理センター

保健所よりもメーカーの研究所よりも厳しく調べられるように最高の検査機器を取り揃え、日本中の研究者たちが認める人と話して、各メーカーにいる有能な人間をヘットハンティングして、ダイエーで売っているすべての食品を検査し、合格しない食品の取り扱い禁止」にさせて、消費者の安全を確保していました。

この「ダイエー食品安全管理センター」は、食品メーカーが持っている研究室よりも保健所よりもレベルが高いので、取引していない食品メーカーの社長たちが「お金を払うから検査させて欲しい」と申し出があったので引き受けたおかげで「ダイエーの資産会社」になり、イオンと合併する時にも交渉がうまく行きましたが、最終的に、ダイエーの債権処理の資産売却の対象になりそうだったので、各食品メーカーに出資してもらって別会社として経営を継続してもらい現在も活躍しています。

・・・・・・

私がダイエーにいた頃の商品部は、私に文句を言えるバイヤーもスーパーバイヤーもいなかったほど中内社長と仲がよかったので、日本中のダイエーで売っている生鮮食品は「すべて検査済みの無農薬野菜のみしか売らない!」と決めたので、お客様の健康と安全を守れたことが嬉しかったし、会社を辞める1996年までは徹底的にやり続けました。

https://www.daiei.co.jp/corporate/csr/safety/store_deal.html

・・・・・・

<匂いは身を守る最高の本能力何で重要です!>

動物の本能で一番重要なの、敵の「匂い」を嗅ぎ分ける「臭覚」で先に逃げて生き残れますが、人間も「毒の匂い」がわからず冷蔵庫に入れっぱなしの調理品や、相当、古いおかずをそのまま放置している親たちほど、子供ができない子供達が増えていますので、次のことはすぐにやって下さい。

・・・・・

<美味しい調理の基本>

鍋に水を入れて火にかけて放置して、<100度以上>になってブクブクが出るほど熱湯にすることは、絶対に禁止です!

 

1、水は100度で沸騰しますが、100度を超える温度で生きられる動物も植物も野菜もないので、100度を超えると水の中にある「酸素」も失うし、野菜や魚のすべての栄養素も無くなりますので、調理温度は100度以内にして下さい。

 

2、100度以上に耐えられる食べ物を「レトルト食品」と呼び、加圧加熱殺菌(レトルト殺菌)処理をした食品や瓶詰めのジャムや果物は、体の栄養素をすべて破壊するので、絶対に口にしないこと。

 

3、「味噌汁」を作る時は、具材と野菜を入れて、火を止めてから「味噌」を入れること。

「発酵食品の味噌」は熱にとても弱いので、一度、作った味噌汁は家族と一緒に食べ切ること。

 

4、「冷えた味噌汁」は「酸化」して毒になっているので、「作り置き」は絶対にしないこと。

 

「残った味噌汁」を冷蔵庫で保管して、翌日食べることは家族に毒を食べさせているのと同じなので「絶対禁止」。

 

4、「玉ねぎやネギ」は、お湯に入れて30秒で火を止めることで、とても甘くて美味しい味噌汁が完成しますので、グツグツ煮ないこと。

化学調味料のダシを一切、入れなくても美味しい味噌汁が完成しますので、すぐにお試し下さい。

 

5、炊いたご飯の残りをラップして冷凍庫で保管して、レンジで「チン」して食べることをやめること。

「レンジのチン」はどんな食品の栄養素もお米のビタミンも一瞬で破壊するので、電子レンジは捨てて下さい。

当時の食品メーカーの人たちは、「レンジでチン!する人の最後は、棺桶に入れられてチン!されるまで時間の問題だ!」と言うほど、致死量に近い薬品を入れた冷凍食品や簡易調理食品を大量に売って儲けていますが、「自分の会社の商品でも絶対に家族には食べさせない!」と言い切っていました。

・・・・・・

私のオススメは、Amway(アムウエイ)のステンレス鍋と電磁調理器を使うと、ステンレス鍋で炊飯器と同じようにご飯が炊けるし、煮る焼く炒めるのすべての調理もできますので、 Amway製品を安くで買いたい人は、スタッフまでご連絡下さい。

地球創生スタッフ 初野 oasisinfo@earthtscu.jp

1959年にアメリカで始まった世界が認めるAmway製品 https://www.amwaylive.com/jp/products/c/amwayqueen_04010

 

アーカイブ