1. HOME
  2. ブログ
  3. ・1991年〜マーゴ・VIP・歌手・役者・NBA
  4. 【VIP・マーゴ】ロックフェラーとロスチャイルドは、「マーゴおばちゃん」の持ち物です。

【VIP・マーゴ】ロックフェラーとロスチャイルドは、「マーゴおばちゃん」の持ち物です。

「世界の陰謀論」といえば、アメリカの「ロックフェラー家」と、イギリスの「ロスチャイルド家」の名前がいつも出ますが、世界の真実をお話ししますので、精神世界で「下らない推測論」を流して庶民を惑わすのはやめて下さい。

私は世界の全ての真実を知っている人間ですが、最近、ウイキペディアの内容も消されたり、書き換えられているので、今日のウイキペディアの内容さえ、100%真実だと思いこまないで、「裏があるかも?」と思って読んで下さい。

 

・・・・・・

<世界で初めて、「陰謀論の真実」を公開します>

30代の頃に、「ダイエー労働組合」と「国の官僚の仕事」を正式に辞めた後の1996年に、アメリカの超一流のジャズバー「ブルーノート」を借り切って行われたマライヤ・キャリー主催の「吉岡学のお礼パーティー」に、世界の人身売買を仕切っているモルガン・スタンレー銀行オーナーの「マーゴおばちゃん」が突然、やってきてから私の人生は急展開しました。

私の30代は、ダイエー札幌店の日用品売り場のマネージャー(課長職)をしながら「ダイエー労働組合 中央執行委員」の仕事をして、同時に、国の官僚の仕事(外務省・財務省・総務省、農林水産省、厚生労働省、文部省、内閣府)を手伝いながら、18歳から防衛省幹部だった仕事がさらに増えて忙しくなったうえに、日本中の一部上場企業の「社長会」を毎週、札幌で行いながら、日本統一を果たした「神戸 山口組本家」や、沖縄・四国・九州を束ねた「旭琉會」と、北海道の「誠友会」との繋がりもあったのでとても忙しい3年間でした。

・・・・・

1996年の世界中のVIPが勢揃いしたマライヤ・キャリーパーティの後半に、「マーゴおばちゃん」が突然、やってきて、そのまま彼女のプライベートジェト機に乗せられて、フランスの「ヴェルサイユ宮殿」で行われた「マーゴおばちゃん主催」のパーティに参加しました。

マーゴ)普段のパーティは、「戦闘の間」でやるのだけど、吉岡学さんは特別なので、「鏡の間」でやることにしたわ!

・・・・・

ベルサイユ宮殿の「鏡の間」に入ってみると、ピカピカキラキラした壁の飾りと天井絵が綺麗で見惚れました。

私とマーゴおばちゃんの向かい側には、「イギリス エリザベス女王陛下の王族一家」と、「フランス アンリ・ドルレアン国王一家」と、「アメリカのビル・クリントン大統領一家」と貴族全員が正式衣装で正装してるし、その両側にはアメリカの「ロックフェラー家全員」と、反対側にはイギリスの「ロスチャイルド家全員」が正式衣装で並んでいました。

中央には、「イギリス女王陛下」と、「フランス国王」が偉そうに座っていました。

イギリス エリザベス女王陛下

フランス アンリ・ドルレアン国王

アメリカ ブル・クリントン大統領

私とマーゴおばちゃんの側には、「イタリアの国王一家と貴族全員」が勢揃いしていたし、私もイギリスの弁護士が着る正式衣装を着せられて、頭にあの「白い被り物」をつけられて正式衣装を着せられました。

 

マーゴ)このイギリスの弁護士の「カツラ」は庶民用は羊の純毛だけど、吉岡学さんの白い毛は最高級のバイオリンにも使う「馬のしっぽの毛」なので特注なのよ!

この「髪の毛の長さが階級」を示すので、あなたは今日のパーティの一番偉い「弁護士のトップ」なので、特別に長い毛の被り物をしてちょうだいね!

今からあなたは、「イギリスとフランスとイタリアの問題を聞いて判断する弁護士役」なので、よろしくお願いしますね。

 

吉岡)私は「弁護士資格の免許」を持っていませんよ!

 

マーゴ)何、言っているの!!

あなたは「日本のバブル経済」も止めた男だし、世界中でいくつもの「和平条約」を結んで戦争を起こさせないように「国連で条約」を作った男だもの、イギリスでもフランスでもイタリアでもアメリカでも、文句を言う人がいたら私が撃ち殺してあげるわ!

それにね、私が許可を出せば世界でできないことなんてないので、ねえ、少しだけ今日の問題をあの「札幌の社長会」みたいにバッサリ解決して頂戴!お願い!

まず、最初にみなさんがあなたに挨拶をするので、立ち上げって相手の挨拶を受けて下さい。

挨拶を受ける時のマナーは、男は右手を左の腰に当てればOKなので、頭は下げないようにね!

 

「サー、ヨシオカ、私の名前と階級は・・・・・

永遠に、100名上の人たちの挨拶を受ける。

・・・・・

マーゴ)さあ、挨拶も終わったので、「第一次大戦の時は戦勝国なのに混乱しているイタリアの「ヴェルサイユ体制」への不満について、あなたがどうしたらいいのか決めて頂戴!

・・・・・・・

歴史の専門家の説明)

第一次世界大戦後の欧米諸国の「ファシズムの台頭」について説明します。

ポイントの1つ目は「フィウメ問題と戦後不況問題」です。

第一次世界大戦で戦勝国となった イタリア は、戦後に様々な問題を抱えることになりました。詳しく見ていきましょう。

 

フィウメの領有をめぐる問題

 

イタリアが第一次世界大戦に参加したのは、イギリス・フランスと ある約束 を交わしたからでした。その約束とは、英仏の味方として参戦する代わりに「 未回収のイタリア 」を譲渡してもらう、というものでした。「未回収のイタリア」とは、イタリア人が多く住んでいるにも関わらず、他国に領有されている地域のことです。

終戦後、イタリアは 南チロルトリエステ の領有を認められました。しかし、イタリア人が多く暮らす フィウメ という地域は 、「ユーゴスラヴィア領」 となったのです。

フィウメをめぐり、イタリアとユーゴスラヴィアとの関係は悪化していきました。両国の対立を見かねた国際連盟は、1920年にフィウメを自由市とすることを決定しました。

つまりフィウメは、 国際連盟の管理下におかれることになったのです。

こうして、領土を増やすことができなかったイタリアは、イギリスフランス支配の「ヴェルサイユ体制」に不満を持つようになりました。

 

戦後の不況問題

戦後のイタリアは、深刻な 不況 に悩まされました。第一次世界大戦中、多くの物資を前線に送ったため、国内では物資が不足しました。労働者の給料は低く、失業者の数も増えていました。

こうした状況の中、北イタリアでは労働者たちが工場を占拠し ストライキ を行う事件が発生しました。集団で仕事を放棄し、自分たちの要求を通そうとしたのです。

第一次世界大戦後の欧米諸国4 ポイント1 答え全部

労働者の味方が労働者を裏切った!?

北イタリアのストライキは結局、政府によって鎮圧されてしまいました。当時、政治の実権を握っていたのはイタリア社会党という 「社会主義政党」 でした。

労働者の救済を目指すはずの社会主義政党が、労働者の弾圧を行いました。この事実は国内の労働者たちを失望させ、イタリア社会党は支持を失っていきました。

この後、イタリアでは、イタリア社会党に代わる 新たな政党 が政治の実権を握ることになりますが問題は棚上げなのでお互いに揉めています。

・・・・・・

・・・・・・

 

※あまりに日本語が下手で1時間半も説明にかかったのでイライラして「貧乏ゆすり」をしている私を見て、マーゴおばちゃんは、「あなた短気ねえ」と言ったあと、拳銃で解説していた男の人を撃ち殺してから、残りの説明をサクッと、教えてくれました。

・・・・・

・・・・・

・・・・・・

吉岡)結局、イギリスとフランスは会社で言えば「社長」だし、イタリアは「取締役」の位置なんですね。

ならば、結局、労働者の代表である取締役のイタリアは、不満があっても100%聞いてくれる「社長」なんていませんので、「イタリア」は現状を受け入れて諦めるべきです。

 

でも、イギリスもフランスも英仏戦争の時に爆弾を打ちすぎて、どちらの土地も美味しい野菜が作れないので、イタリアから無農薬野菜を輸入していると官僚時代に調べて知っているので、こう決めて下さい。

 

まず、「イギリスとフランス」はこの問題を解決するための納得できる「お金」をイタリアに請求して下さい。

それを払えば、今後一生、一切の文句を言わないという金額を請求していただいて結構です。

 

そして、イタリアは、今後、一切、イギリスとフランスに「食べ物を供給しない」と宣言しても良いです。

 

これは、社長と従業員が揉めた問題を解決する「労使交渉」と同じなので、どこの国の政府も認めている「スト権行使」と同じです。

 

もし、それをイギリスとフランスが不満なら、イタリアは、今の野菜や果物の価格の<100倍の値段>でイギリスとフランスに食べ物を輸出して下さい。

 

きっと、これで「お互いの想いの解決」になると思います。

 

 

これ以上、過去の問題をゴチャゴチャ言うと、通常なら喧嘩になりますが、私は戦争は「国民が死ぬ」ので嫌いなので、全て「お金と食べ物」で解決して下さい。

・・・・・

・・・・・

・・・・・

それと、「イギリスはポンド、フランスはフラン、イタリアはリラ」と各国別の「貨幣通貨も価値」が違うので、「食べ物の取引」で貨幣通貨の価値を変動されることが予想されるので、3国、いや、ヨーロッパ全体の共通の貨幣通貨」を作って、お互いの貨幣価値の差を小さくして下さい。

 

そうじゃないと、また、流通上の搾取が起きると思われるので、庶民の格差もさらに広がるのでよろしくお願いします。

・・・・・・

この時に決まって作った新しいヨーロッパの貨幣通貨が、「ユーロ」です。

語源は、「ユーラシア大陸」だから、私が命名しました。

ユーロ通過

以上。

・・・・・

・・・・・

・・・・・

 

イギリス女王陛下が不満だったようで、席を立ち上がり文句を言い出しましたが、「マーゴおばちゃん」がイギリス女王陛下のテーブルの下に拳銃を打ち込んだので、足を怪我して席に座りました。

・・・・・

マーゴ)もう・・・、心臓を狙ったのに目が悪いせいで当たらなかったわ!

吉岡学さん、お願い!エリザベス女王をこの拳銃で撃って!

 

吉岡)いやですよ!さ、拳銃をしまいましょう!

それにね、こんなに小さい拳銃を私のでかい手では打てないし、この拳銃で人を殺せるのですか?

 

マーゴ)何言ってるの!もう100人以上を私は撃ち殺したけど、私を捕まえる警察なんていないから大丈夫なの。

ね!、だから、もう一度、あの威張り腐ったエリザベス女王を撃ち殺して!私は握力がないので、無理なの・・・。

 

吉岡)まあ、日系日本人のマーゴおばちゃんの頼みなら聞いてあげてもいいけど、世界で有名なエリザベス女王が死んだら世界の人たちもイギリスの国民も大変なことになると思いますが、大丈夫ですか!?

 

マーゴ)大丈夫よ!吉岡学さん!

だってね、あのエリザベス女王の「替え玉」は5人位いるし、どんな人でも完璧に整形してしまうので、殺してもわからないから今すぐ、殺して!!!

 

あそこに座っている女王陛下は本物だし、私は替え玉と本物の見分けがすぐつくので、私の前に「替え玉」は出てこないのよ!

いくら顔やシワを真似てもね、目の玉の色と、その周りの瞳の色は誤魔化せないものなのよ!

 

・・・・・

吉岡学さんなら西洋の男たちでいくらでも替え玉は作れるけど、あなたの目の奥の「ブルーアイ」だけは世界にいないと思うし絶対にバレるので、だからあなたは「不死身」に生まれたのね!

 

それに私はね、イギリス人の夫と結婚したけど、毎日DVが続くし、気の休まる時がなかったので、イギリスが大嫌いなの。

だからこのベルギー製の大きな「ハイパワーMk.III」の拳銃であの女王陛下を殺して頂戴!!お願い!!

FN ブローニング・ハイパワー ハイパワーMk.III 1994年には当時人気の高かった.40S&W弾を使用するモデル

 

でも、吉岡学さんが許せと言うなら諦めるわ!

・・・・・・・

よかったわね、エリザベス!!!!

あなたの命は、この吉岡学さんに生かされたってことよ!!

ちゃんとあとでお礼をしなさいね!!!

・・・・・・

 

いい?吉岡学さん、彼女の本名は「エリザベス・アレクサンドラ・メアリー・ウィンザー」って言って、もうとっくに滅亡した「ウインザー家」の生き残りなの。

 

彼女を殺して、子供達を殺せば、イギリスなんて一貫の終わりよ!

 

ねえ、だから、もう1発だけ拳銃を撃たせて!!!

 

・・・・

 

吉岡)もう、いい加減にしなさい!!(拳銃を奪い取る)

 

マーゴ)いい?ここにいるみなさん!

世界のほとんどの山も土地も水も持っているのは、日本の武士の「吉岡一門の頭領」だし、その頭領の吉岡学さんが決めたことをゴチャゴチャ言うんじゃないよ!

 

もし、これ以上ゴチャゴチャ言う人がいるなら、私が国連軍に金を出して動かして、イギリスもフランスもイタリアも一気に攻めて皆殺しにして、吉岡学さんにプレゼントするから全員、黙ってなさい!!!

さあ、文句がある人はいるのかい?!!!

・・・・・

・・・・・

・・・・・

やっと、会場が静かになり食事が始まったので、いろんなことを「マーゴおばちゃん」に質問して答えてくれましたが、アメリカにいたはずの「マーゴおばちゃん」が主催したパーティに、なぜ、イギリス国王も、フランス国王も、イタリア国王も参列しているのかを聞くと、こう教えてくれました。

・・・・・・・

・・・・・・

・・・

マーゴ)あのね、吉岡学さん、アメリカは私の母が拉致監禁されて強制的に結婚させられて私を産んだ土地だし、私が結婚した相手は、イギリスの「モルガン銀行のオーナー」だったの。

 

アメリカの私のお父さんが事業の投資に失敗したので、「イギリスのイングランド銀行」のオーナーと私が結婚させられたので、いわゆる「政略結婚」だったの。

 

でも、結婚式が終わると、すぐ私の主人は殴る蹴るのDVの日々で、足の骨は複雑骨折したし、腰の骨も折られたし、それでも毎日、殴るし蹴り続けるので、結局、骨が曲がったままくっついたのでまっすぐ歩けないので、よくこけるの。

だから、急に転けても笑わないでね。

 

・・・・・

 

私の夫との子供は、「女の子」しか生まれなかったので、他の銀行家と結婚させたけど、イギリスも、アメリカも、「男子が生まれないと、お父さんの資産は受け継げない法律」があるので、「絶対に男の子を残せる強い種」のあなたを必死に探したの。

 

だって、父親の資産は息子にしか受け継げないのは、日本の武士の時代の「家長制度」も同じでしょ!

 

世界中で、2000年以上、男子、男系が正当に続いているのは「日本の天皇家」だけだし、その天皇家に「男の種」を入れ続けているのが「武士の吉岡一門の頭領」だと知った時には、驚いたわ!

 

だから、あなたを必死に探したけど、官僚の仕事で世界中を飛び回っているし、日本にいる時も「秘密クラブ」で密会しているので連絡できないし、携帯電話も3つ持っているのはわかったけど、いくら電話しても出てくれないので、直接、あなたに会えるタイミングを図っていたら、アメリカにマライヤ・キャリーのパーティに来ていると聞いたので、ぶっ飛んで行ったのよ!

 

・・・・・・・

 

吉岡)じゃあ、聞きますけど、あなたは多分、世界一クラスのお金持ちだとわかりましたが、アメリカの「ロックフェラー家」と、イギリスの「ロスチャイルド家」とは関係はあるのですか?

 

マーゴ)どちらもお金持ちで有名だし、そのお金の力を使って悪いことをしていると「陰謀論」を書くバカもいるけど、あれは全て嘘なの。

 

アメリカの「ロックフェラー家」と、イギリスの「ロスチャイルド家」は、どちらも私の持ち物だし、世界中のお金は私が牛耳っているので、世界のどこの国の王様でも貴族でも、アメリカ大統領でも私に文句を言える人はいないのよ!

 

アメリカの「ロックフェラー家」と、イギリスの「ロスチャイルド家」は、ただ、ビジネスをしているだけなのよ!

 

そんなことより、吉岡学さんは「特別」なので、あとで私のお願いを聞いてよね!

お願いを聞かないと無理やり犯すので、自分でやった方が気持ちいでしょ!

さあ、その前に腹ごしらえをしましょ!

・・・・・

その結果、「マーゴおばちゃんの娘」と交わり、イングランド銀行の資産を引き継ぐ男の子が生まれましたが、「マーゴおばちゃん」の孫なので自分の養子に入れて20歳まで育てたあと、「グロブナー家の長男」として登録したようで、ヒュー・リチャード・ルイ・グロブナーは、イギリスで一番のお金持ちになりました。

ちなみに、「ルイ」はルイ14世の意味と、私が覚えやすいので「ルイがいいな」と言ったので決まりました。

・・・・・・

 

ヒュー・グローヴナー

(第7代ウェストミンスター公爵)

続柄 先代の長男

称号 第7代ウェストミンスター公爵、第9代ウェストミンスター侯爵、第10代グローヴナー伯爵、第10代ベルグレイヴ子爵、第10代グローヴナー男爵、第16代準男爵
敬称 Your Grace(呼びかけ)His Grace(呼びかけ以外)
出生 1991年1月29日(33歳)
イギリスの旗 イギリス ロンドン
父親 6代ウェストミンスター公ジェラルド・グローヴナー
母親 ウェストミンスター公爵夫人ナタリア・グローヴナー(旧姓フィリップス)

・・・・・・・

食事をしながら、いろんな「契約書」にサインさせられましたが、英語だったので読めないままサインしたあと、「マーゴおばちゃんのご主人の資産は一切、吉岡学は貰わない書類」にサインしたようですが、たかがお金のことなのでどうでもいいことだと思いました。

・・・・・・

マーゴ:庶民はね、1000万円か1億円くらい持つとお金持ちだと思うみたいだけど、私たちの世界の最低基準は「100億円」なの。

 

アメリカで言えば、「ミリオンダラー」になって、やっとVIPの入口なのよ!

 

「資産が100億円以下の人間」は、貧乏な奴隷と同じだから、殺し合いの「ゲームの駒」だし、それでも何とか増やしたいと思っていろんなものに投資するみたいだけど、貧乏人がまともにやって勝てるゲームなんて、ないのよ!!!

 

だって、1930年台のアメリカで起きた「世界恐慌」も、フランスやイギリスの「経済破綻」も、全て私が仕掛けた罠なの。

 

貧乏人は、博打にハマったほうが負けなのよ!

 

だから、ダメよ!

変な新しい投資(先物取引、大豆相場、ビットコイン、NISA、FX)に手を出せば、絶対に負けて損をするようになっているからね!

 

全部、私が仕掛けたマネーゲームだからね!!

・・・・・

・・・・

・・・・・

 

吉岡)私は官僚時代にあまりの忙しさで「博打」は全てやめたし、人生であの「博打」に使う頭と時間とお金と、負けた時のショックを計算すると「バカみたい」だとわかったので、私はそういうものには手を出さず、真面目に働いて貯金をしています。

アドバイス、ありがとうございます。ミセス?・・・ミス・マーゴ!

・・・・

吉岡)ちなみに、イングランド銀行のオーナーのご主人はどんな病気で死んだのですか?

 

マーゴ)病理解剖しても原因不明だし、どの医者も急に「心筋梗塞」で亡くなった理由がわからないと言っていたので、私もよくわからないの・・・。

・・・・・

 

ふーん・・・

 

「マーゴおばちゃん」はアメリカ ペンタゴンが開発した最新の毒薬の「透明な液体」を飲ませたことが、これで判明しました。

だって、アメリカペンタゴンの地下で、毒薬研究をしている人間に聞くと、「定期的に、1000本単位で買いに来る日本人みたいなおばさんが来ていますよ!」と官僚時代に聞いていたことを思い出しました。

・・・・・

昨日まで元気だった人が、その毒薬を30cc飲ませると、24時間以内に心筋梗塞か脳梗塞で死ぬし、原因は絶対にわからない薬が世界に広がっていますので、ご主人たちは、奥様のお金の使い方をよく調べてご注意下さいませ。

 

1瓶30cc入って1000万円で購入できますので、中国も、韓国も、沖縄の共産党主義者も、普通に使って人を殺していますので、あなたの周りで健康な人が急に心筋梗塞か脳梗塞で死んだら、「その毒薬かも?」と思って下さいませ。

 

・・・・・・

 

私も、伊良部島と宮古島と沖縄本島の居酒屋で何度か飲まされそうになりましたが、すぐに味でわかったので回避したのでまだ生きています。

 

合成甘味料や合成着色料や合成添加物を食べ続けている人は、味がわからないので、ご愁傷様です。

・・・・・・

世界の本当の真実を知って、あなたがどう生きるのかは、あなたの責任です。

以上

 

・・・・・・・・

⭕️アメリカ ロックフェラー家(Rockefeller)は、アメリカ合衆国の企業家、富豪の家系。

⭕️イギリス ロスチャイルド家

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%89%E5%AE%B6

 

アーカイブ