1. HOME
  2. ブログ
  3. ・1989年〜「社長会」・ガイヤの夜明け・カンブリ宮殿・日銀 三重野泰総裁・都銀・財閥
  4. 【防衛省・特許】ISDN回線とインサイダーの裏取引

【防衛省・特許】ISDN回線とインサイダーの裏取引

30年前の1992年、労働組合中央執行委員を辞める最後に、私を訪ねて「ある男性」が札幌までやってきました。

その男性は、日本で最も有名な通信会社にいたのに、ある問題を起こしたため、関連会社に飛ばされて、平の「取締役」に降格させられた53歳の男でした。

 

「自分の人生をこんな失敗で終わらせたくない」と、電話で泣いてすがってきたので、ススキノの安い居酒屋で会うことにしました。

私は、当時からいろんな経営者にアドバイスしていたし、「日本社会の仕組みを大きく変えてきた男だ」、数名の銀行家や経営者たちから私の連絡先を聞き出したようで、突然、札幌までやってきました。

 

「娘が結婚して孫も生まれたが、このままでは将来が不安でたまらない」というので、その男性の将来を霊視してみると、本当に、人生の末路はボロボロでした。

こんな私でも「変わるチャンス」があるのなら、何でもやりますが、もし、あなたに断られたら最後なので、諦めます。

だから、どんなことでもいいので、最後の希望の光を下さい!

 

言うことはわかりますが、あなたも、あなたのご先祖も、本当に人を騙してきたし、女性たちを苦しめてきたので、「その結果だ」と思って諦めて生きて下さい。

ま、娘さんも子供ができたので、それでいいじゃないですか?

あとは、余生を奥様と静かに暮らして下さいよ!

 

もう、嫁には愛想をつかされているし、私が家にいても「針のむしろ」なので、どうか、何とかして下さい!

今は、金がないのでお礼はできませんが、

 

必ず、好転したら、利益の半分を差し上げます!

 

それで、どうか、ご勘弁下さい!

あなたみたいに自分に都合がいいことしか言わない人は信じませんが、私も今日で「組合を辞める最後の日」なので、その記念の祝儀として最後にあなたにだけ最高のアドバイスをしますが、もし、裏切ったら、必ず、家族全員を殺しますが、それでもいいのですか?

それで、結構です!

私も妻も、娘もその夫も孫も、全員殺してもいいので、何とかして、最後に一旗、あげさせて下さい!

 

私は「男の言葉には二言はない」と武士の祖父から教わっていますので、もし、私に嘘をついたり、裏切った場合は、必ず、あなたの子孫を含めて皆殺しにしますし、社会的信用も全て壊すので、一族全てが露頭に迷いますので、覚悟して聞いて下さいね!

じゃあ、1回しか言わないので、私の言葉を録音するか、メモに撮らないなら教えません。

大丈夫です!

他の社長たちからも言われたいるので、こうして録音機材もメモも持ってきています!

さあ、早く教えて下さい!

 

これからお話しすることは、「インサイダー取引」と呼ばれるものですが、証拠は一切、残らない方法です。

だって、私が霊視した「未来の株価」を教えるので、いつ、どれくらい買えば、どれくらい儲かるのかはわかるのです。

 

では、行きますよ!

まず、あなたが前にいた「親会社の株」も、少しはお持ちですよね?

その株を全て他の役員に売って、まず、現金を手にして下さい。

次は、あなたが任せられた「子会社の株」を買えるだけ買いとって下さい。

買う相手は、あなたの子会社の取締役たちと、前にいた親会社の取締役が持っている「持ち株」を買えるだけ買いしめて下さい。

 

もといた親会社の株価は、今は〇〇〇円くらいですよね?

そして、あなたの新しい子会社の株は、まだ公開されていないでしょ!?

だから公開前に全部、あなたがその株を買い占めて、公開した途端に一気に株価がはね上がる情報を流しますので、その利益で、もといた親会社の株を取締役たちから買い戻して下さい。

そうすれば、あなたの株式の数が多いので、自然に子会社から、もといた親会社の筆頭取締役になるので、自然に「社長」になれますよ!

すごい話でワクワクしますが、実は、来週、もう自社株の公開日が決まっているので、すぐに行動しても全部の株を買えるかどうか・・・、何か良い方法はありますか?

 

ありますとも!

まず、もといた親会社の人間で、あなたの言うことを聞いてくれる人間にこの話をして、「少しだけ利益を分ける」と言って、数名で一気に元いた親会社の取締役の株を買って下さい。

株を売り買いすると、手数料計算とかで時間がかかると証券会社は言うので、絶対に、1ヶ月間くらいの時間ができます。

つまり、先に「信用買い」をして下さいという意味です。

次に、「違う信用がおけるメンバー」に言って、今度は、あなたの子会社の株を持っている役員から全部、株を買い取って下さい。

その株券は、少しの間、眠らせるので、どこかの隠し金庫に保管して下さい。

 

そうなると、一切、私の手元に現金は無くなるし、生活費もないので、困るなあ・・・。

 

あなたねえ、私にどうしてそうい嘘を言うんですか?

あなたは今、一人の女をマンションに囲っているし、そのマンションを売れば、結構なお金になるのに、そのことを私に隠しておけると思っているでしょ!

だから、営業マンは信じられないんだよなあ・・・。

あのね、私が言うことを信じられないなら、もうこの話は終わりにしますよ!

もうすぐその女も、他の男のところに行くし、今も、他の男と会ってセックスしているので、あなた、本当にバカな男だねえ。

 

・・・本人が電話して事実だったので落ち込む・・・

 

ほんと、最低だわ!あなた!!!

全部、お金で済まそうとしてきたし、やりたい放題やった結果が、今なのに、何も反省してないんですね!

やっぱり、この話は無しにしましょう!

俺もう、イラついてきたので無理ですわ!

じゃあ、ここのビール代は払って下さいね!

もう、帰りますわ!

あー、嫌な人間に会ってしまったなあ・・・。

最後の最後にこんな「嘘つきな人間」に会うなら、もう、二度と未来を見てアドバイスはしないので、今後は一切、電話しないで下さいね!

それと私の名刺も捨てて下さいね!よろしく!

ちょっと、待って下さいよ。

私も嘘を言うつもりじゃなかったけど、あなたに事情を話す時間がなかっただけだから、どうか、今回だけは見逃して下さい。

 

もう、本当に人生の最後なので、何でもしますから、この通り、お願いします。

この男は、居酒屋の床に土下座しました。

周りの人たちが変な顔をしているので、また、椅子に座るように言いました。

もう、許してくれるんですか?

許されるまで、何度でも土下座しますので、怒って下さい!

 

だから、もう良いって!言ってるでしょ!

あんたが都合が良くても、俺が年上の男を土下座させたとなると嫌なので、ちゃんと席に座りなさいよ!!

本当に、営業マン上がりの人間は、最後の最後まで信用できないとわかっているけど、今日は「俺の記念日」なので、絶対に裏切ったら許さないですからね!

俺、本当に人を殺せるし、そういうプロの仕事をする奴らもたくさん知っているので甘く見ないで下さいね!

じゃあ、先輩!

「約束手形」の握手です!!

 

私の「本気の握手」は、手のひらの骨を数本、折るので、嘘をついた件は、それでよしとしておきました。

さあ、ここからのアドバイスが重要です。

これからあなたの会社の株価が急に上がる日付を言いますので、それまで買えるだけ自社株を持っている人から買って下さい!

今、あなたの会社の株価は100円前後だと思いますが、これが数百倍になります。

最高なら、もっと高くなるかも・・・。

 

でも、急に株価が上がると「インサイダー取引」を疑われるので、その株価が上がる前に、海外に逃げて下さい。

インサイダー取引規制違反の時効は、売買等(買付け等又は売付け等)が行われた日から5年なので、5年間は海外で暮らしながら、信用がおける人間が持っている株の利益を、海外送金で送ってもらって生活して下さい。

5年後に日本へ戻ってきた時には、大金持ちですよ!

 

なぜ、そんなに大きく株価が上がるんですか?

それは、本当の情報ですか?

あのね、僕を甘く見ないで下さいね!

僕は、「アメリカ大統領補佐官」とお友達だし、彼のプライベートジェットにも乗ってNASAに行った人間ですよ!

ま、この事実は、全て無かったことになっていますが・・・。

 

その「アメリカ大統領補佐官」が、最後にお礼だと言って、日本にこれから入る新しい「通信方法」の名前と「新しいシステム」を詳しく教えてくれたので、絶対に間違いありません!

だって、彼はホモだし、僕のことが大好きなので、嘘を言うわけないじゃないですか!

 

まだ、この情報は「日米交渉のテーブル」にも出していないし、キャリア官僚たちも誰も知らない情報なので、これが世の中に広まった時は、100倍以上になるかもね!

 

じゃあ、株が上がる時期を教えます。

次の「日米交渉の裏取引」が行われる時期が○月○日なのですが、その日付も知り合いのキャリア官僚に確かめたので間違いありません。

 

そして、アメリカが新しく日本に入れようとしている通信技術は「ADSL」と言います。

※ADSL回線

 

でもこの技術は、ネット回線は早くなるけど、同時に「電話が使えない」という問題点があります。

だから私はこの情報を聞いたとき、すぐに、自分のブレーンである「NECの研究者チーム」に依頼して、極秘に、「電話とネットが両方使える回線」を作らせました。

 

その通信方法は、「ISDN」と仲間たちと呼んでいます。

 

今の、電話機につながっている「ダイヤルアップ電話回線」を使ったものより100倍早いので、絶対にすぐに日本中に広まりますよ!

その次の回線は、「光ケーブル」ですが、アメリカのある州でテスト販売しているそうですが、配線ケーブルのコストが高すぎるのが問題なので、広まるまでに時間がかかるため、先に「ADSL回線」を日本に広めて、「日本の情報」を全て抜き取ろうとしています。

 

※ADSLは、「搾取プログラム」が入っている通信装置です。

 

だからその前に、一気に今の電話機に繋いで使える「ISDN回線」を日本中に広めて、インターネットの世界の「アメリカ支配」をやめさせることが重要なのです。

 

アメリカの「ADSL」が入る前に「ISDN回線」を広めれば、一気に、あなたの会社の株価が上がりますので、その株の配当利益でガッポリ稼いで下さい。

日本企業のどこに「ISDN」を扱わせるかを「私の研究チーム」も迷っていたので、その「販売権」をあなたの会社に契約させますので、広めれば広めるほど、あなたの会社の株は増資するはずですので、最終的に、1000倍以上にはなるはずです。

でもそのあと、10年も立たずに「光通信」が入りますので、一気に勝負して下さいね!

 

さ、これは「男と男の契約」です!

命をかけて、「私との約束を裏切らない」と言葉にして下さい!

 

これは、あなたの「ご先祖と子孫を含めての契約」なので、裏切ったら家族の命も、魂も、全員、消滅させますからね!(^^)

・・・・・・・・・

私がNECの研究者チームに「ISDN」のことを教えた技術発想点は、棒磁石の両端に二つの鉱物を置けば、「二つの周波数が使える」と「磁石の逆相違送電法」のことを教えました。

宇宙と通信出来る「ゲルマニウムラジオの原理」の応用です。

1本の電話回線で電話を使いがら、「二つの周波数帯」を同時に流せば、「ISDNの原理」は完成します。

「磁石の逆相違送電法」原理を「NECの特別研究者チーム」に教えると、さすがにプロチームなので、すぐに完成したと報告がありましたが、「私に名前を決めて欲しい」と言うので、「違う二つの周波数」を1本の線に流す意味で、「統合」を英語にした「integration」と言う言葉を最初につけて、ISDN(Integrated Services Digital Network)と決まりました。

 

この「特許使用料15%」も、「私はいらないので「特別研究者チーム」で登録して利益を分けて下さい。」と伝え、関わった人たちへのお礼として全ての収益を差し上げたつもりでしたが、あとから、岡山理科大学の先情報処理課の先生が私の名前を追加して「7名の合同特許使用料」になっているはずなので、だいぶ、たまったろうなあ・・・^_^

👉2024年にISDNは終了になるので、当時の研究者チームの人からのご連絡をお待ちしております。

・・・・・・・・・・

こんなすごい「ISDNの販売権」を某有名通信会社の男性に無料で差し上げたのですが、私が言った通りに大成功したので、彼の会社は増収増益を繰り返して、多大な配当金を得たはずです。

・・・・・・・・・・

5年後に日本へ戻ってきて「東京の田園調布」に大きな家を建てたので、「一度だけ私の家を見にきて欲しい」と電話で言いました。

 

東京に出張した際に、教わった住所へ行ってみると、恐ろしくでかい家だし、誰もが羨む場所にありますが、まだ荷物を入れていない完成したばかりの田園調布の家の中を案内してくれて、一晩だけ泊まった経験があります。

 

コンビニで買ってきた安酒とつまみをアテにしながら、5年間の海外生活を話してくれましたが、この男性はマレーシアの田舎町に隠れて女三昧・酒三昧の豪華な生活を送ったので、日本に帰りたくないと思ったと言っていました。

 

朝起きると、隣の部屋の寝ているはずの彼は、私が一人で寝ている間に、新しい女の家に泊まりに行ったようで、朝起きるとメモ書きがあり、「急に仕事が入ったので会社へ行くので、ゆっくりして下さい。」と書き残して、1杯のフリーズドライのインスタントコーヒーが枕元に置いてありました。

暖房もない広い部屋に一人で泊まった記憶を鮮明に思い出しました。

・・・・・・・・・・・・

この「30年前の記憶」を思い出したキッカケは、2023年2月に、東京のある居酒屋で、アルバイトをしている若い娘と会話した時、なんと、「この命の契約をした男性の孫娘」だとわかり、驚きました!

おじいちゃんの名前を聞くとお母さん側の祖父なので、私の苗字とは違いますが、祖父の苗字は〇〇と言いますと言った瞬間、過去の記憶を全て思い出しました。

だからこそ、私の名刺に、「30年前にお会いした北海道の霊能者の吉岡です!」と書いて、「おじいちゃんと知り合いだから渡して連絡を下さい!」と頼んで、名刺を渡しました。

・・・・・・・・・

「神様の導き」に感謝して、丸1ヶ月間、楽しみに待っていましたが、今日まで一切、連絡はないし、お礼も利益の半分はもらってないで、次の対応に進むことにします。

嘘をついて、誤魔化している〇〇〇〇さん(1939年生まれ)が、これからどう動くかの未来は見えているので、裁判みたいにまどろっこしいことはしませんので、今後の対応は「後始末のプロ」にお願いして、きっちり、ケジメをつけてもらうことにします。

・・・・・・・・・・

私の左脳記憶が忘れていても、「守護存在」たちは忘れていないので、こうやって偶然を装って、大切なことを思い出させてくれるのが、私の守護存在の役目なのです。

・・・・・・・・・・

私に今まで直接、会った人たちでも、「絶対に裏切りません!何があってもついていきます!」と約束して破った人たちも「同罪」ですので、私に嘘をついた人たちは、そのままでいると、必ず、大きな病気になるか、これから大きなトラブルに巻き込まれると思って覚悟して下さい。

私が何もしなくても、自動的に私を裏切った人たちは、守護存在たちが、大きなトラブルを引き起こして「お礼をしなさい!」と気付かせるはずですので、どうか、1日も早く行動して下さい。

大切な子供や孫が「突然死」したり、お金では解決できない「大事な人がいなくなる」ことでしか、人間は「自分の愚かさ」を認めないので、「そういうことが起きる」と思ってすぐに動いて下さい。

 

アーカイブ