1. HOME
  2. ブログ
  3. ◉未来の子供達のために
  4. 映画コンスタンチンを観て

映画コンスタンチンを観て

 この映画は、私の大好きな「マトリックス」で有名なキヌア・リーブスが主演です。私が今回、見に行った理由は、役の中の彼の仕事が、「コンスタンティン」という悪魔祓いと、神様の仕事をしていると聞いていたからです。

でもこの映画を一般の方がどう感じるかは、わかりませんので、私の感じる視点は、みなさんと少し違うということもご理解しておいてください。

全体の感想は、いつもながらクリスチャンの世界には、天国と地獄が、しっかり存在していると感じることです。その発想の根源には、とても深い歴史がありますが、映画の中で面白いのは、(一般的な)神様の聖書には、無いページが、地獄の聖書には、あるということです。

それと、7大大天使と呼ばれる『聖ガブリエル』も姿を現します。それと、みなさんがよく「サタン」と呼ぶ、悪魔の大王、別名『ルシファー』も現れます。

実は、ルシファーは、もともと大天使だっということをご存知の方はどれだけいるでしょうか? 

そしてこの「ルシファー」がサタンとなった理由が、とても面白い!実は、これは今の人間も同じことが言えることですが、”堕ちる ”理由、それは、「おごり」と「嫉妬」なのです。
戒めとして、作られた地獄の世界は、もともとは無かったということも、ほとんどのみなさんが忘れています。この映画的に言えば、最高の地獄と天国は、「この世」だというメッセージです。

何が天国で、何が地獄なのか、そして、何が良いことで、何が悪いことなのか、それは、あなた自身が、この宇宙全ての創造主となったときに、理解できることかもしれませんが、この小さな星、さらに人間界で、そんな学びを人間がする意味があると思いますか?

人間には、人間にふさわしい学びがあります。言い換えると、あなたには、あなたにふさわしい学びがあります。そのキッカケをもし、自分から放棄すると、すべては、自分に都合のいいことしか残らなくなります。

ある意味、あなたに都合のいい悪魔は、あなたの中にもいますし、あなたの都合のいいことには、何もしないで見守っている天使も、あなたの中にいます。

そして、堕ちた天使のことを「堕天使」といいますが、人間にも、天使にもなれない、一番苦しい状態の天使もいるのです。

だから私はいつも自分にこう言い聞かせています。

「私は、神であり、私は、人間です。善と悪、陰と陽。この全てを自分自身が司ることがができるのなら、私は、この世で起きること全ての善悪・陰陽に感謝いたします。」

人間の発祥が、全ては「ゼロ」からのスタートだったことを思いだせば、今の自分の想いがその通りに行かないということは、自分の思いを捨てなさいと心に聞こえてきませんか?

また、自分の思いがどんどん実現するときは、このまま、自分を喜ばせながら、自分を磨き、その大きなエネルギーを操る方法を学びなさいと、私には聞こえてきます。

天使や悪魔が、巣くうこの地球、そして、あなたの中は、今、どんな状態でしょうか?

この映画を見て最後に、私が感じている宇宙観からみて、あえて物を言うとしたら、実は、この世には、「天国も地獄も無い」と私は、言います。

仏教で言う、地獄と極楽も同じです。

天国を作れば、地獄が、生まれてくるからです。善を作れば、悪を作り出すからです。

あなたの心がもし、尊きものごとを学ぶ力があるのなら、どうぞ、あなたの神の世界を作ってみてください。

全てを許し、全てを認め、全てが、自分と同じ人間となっても、悔い改めることの無い世界です。

私は、ただそれだけを、あなたに望んでいるのです。

そして最後に、今日の日を心からありがとうございますと伝えます。

 

ご案内)天無神人オンデマンドページ

 

 

アーカイブ

Translate »