龍宮城 伊良部島

宮古島の西に位置するこの大きな島は、実際は、2つの島の”伊良部島”と”下地島”の2つがつながったように見える形で、一緒に伊良部島と呼ばれています。

パイロット訓練学校の滑走路を建設する際に、この下地島は、沖縄県が買い取ったことで、正確には、現在の住人はいません。

しかしこの島には、昔から、あちこにに龍にまつわる大切な場所のことが言い伝えられています。
現地に住む神人ユタや、昔から生活している人たちに話を聞くと、その大切な場所のことを教えてくれました。

日本全国にも、龍にまつわる場所はたくさんありますが、実は、日本の龍のおおもとは、この伊良部島なのです。龍のふるさととでも、言える場所なのです。

実は龍の神は、5つの神さまがいらっしゃるのです。その5つの龍は、そえぞれ大切な役目をもって、大切な場所を守っています。

この地マニあるその大切な場所のひとつに、「大龍門」というところがあります。
これはこの島自体が、もともと龍宮城であったことを意味しています。

この龍宮城の形は、中心に大きなお城があって、そこから放射線状にいくつもの道がつながっていて、その道の端には門があり、それぞれの大切な場所を守っています。

伊良部島全体でもこの竜宮の形をしていますが、宮古諸島全体でも、大きな龍宮として、エネルギーを安定させています。

大龍門は、表門ですが、それ以外にこの島には、龍のお休み処が何箇所もありますし、今でも、龍が行き来しています。

龍を実際に見たことがないと方にとっては、神さまの化身、神さまの使いと覚えておいてください。心眼が開かないと、子の龍を目にすることはできません。

龍は、水の神であって、あらゆる水・雲・海などを動かすことができます。

地球にとって人間があまりにひどいことをすると、ときには、大きな災いを起こしてそのことを知らせてくれています。

龍は今でも、この島の中や、宮古諸島の周りを行き来していますし、この島の中にある迷路のようになっている海とつながる龍の穴は、ダイビングポイントとしても有名になっています。

名所”通り池”もその龍の場所の大切な場所ですが、私が見せていただいた白龍は、別名、天龍とも呼ばれている龍全体の大神さまでもあります。

この島で龍の神さまを奉るユタの方から、多くのことを教えてもらいました。
日本全国につながるエネルギーライン(龍脈)のことも、その働きの役目のことも。

だからこそ、この地に足を踏み入れる方は、日本にとって大きな役目を背負う方もあることでしょう。それはあなたの守護霊が望むよりも、もっと大きな力が働くエネルギーの場所だからこそ、高い次元からあなたへ与えられるチャンスなのです。

これからの日本は、もう龍のエネルギーで日本再生が始まっています。龍は天地を司る強靭なパワーとやさしさの両方を備えた重要な役目をされる神の化身なのです。

この伊良部島が観光化されずに残っている大切なものすべては、全て龍神が守っています。
鳥も花も、生き物全ても、人間も、料をする魚も。

だからこの地へ足を踏み入れるとき、あなたの守護霊やご先祖様は、大きな宇宙の大きなつながりに感謝をしています。

そのことがわからないあなた自身も、そのことを決して忘れず、現地の人が言葉にしない大切な部分を感じとってみてください。

もし、あなたが現地の人に受け入れられたなら、それは、あなたが神からの守護を許されたことになります。それからのあなたの人生は、きっと大きな神の守護に守られうることになるでしょう。

神なる島、伊良部島は、これからさらに日本全体へ大きな影響を持つパワーと役目を備えています。

皆さんの愛の波動が上がる為にも、その大切な場所や役目を少しづつ公開していきますが、決して興味本位だけで、現地で勝手な行動は取らないで下さい。

この島に足を踏み入れた瞬間から、いつでも龍神があなたを見ています。
あなたのご先祖や家族の全てを見通して、あなたの魂の本質を見ています。
だからこそ、本当にこの島は、あなたの全てを受け入れてくれるのです。

母なる島とも、神なる島とも呼ばれているこの島の本当の部分を、どうぞ感じてください。

島に来た方は、ぜひ深く大きい愛のパワーを朝日と夕陽の両方から感じてください。
月夜の夜に海辺へ出ると、月の光で海がとても青くきれいに見えます。

その幻想的な世界を見れた方は、海が目を覚ましますし、星も輝きはじめますし、南十字星も見えてきます。ときには、UFOも現れてくることでしょう。

神なる島、伊良部島は、あるゆる次元から守護されている大切な場所なのです。

だからあなたがこの島へ来られる日を、宇宙も神もお待ちしています。

天なる光を与えられた全ての魂が、光輝きますことに感謝いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です