人生の目的

この地球上に存在するすべてのものに内在している命とは別の”意識体”のことを、”魂”や”エネルギー体”といいますが、現在、人間に生まれたすべての人の魂の中には、実は、宇宙を創造した”創造主の意図”や、エネルギー体として経験した過去の記憶情報が記録されています。(この情報をアカシックレコードと言います)
先日、このアカシックレコード・アクセスワークを受講された方たちが、より深い理解と学びを目的に、アカシック・フォローワークを苫小牧で開催しました。このフォローワークを行うことで、過去の宇宙の不幸な出来事を二度と繰り返さないよう学びあい、全員で新しい宇宙(新宇宙)を創造することが目的です。
そこで公開された宇宙情報は、初めて聞く星の名前や宇宙の詳しい様子など重要な情報がたくさんあり、その全容を理解しあうために、8時間を超えるハードなワークになりましたが、素晴らしい未来への糸口を見つけることができました。個人情報を公開してくれた参加者の許可を得て、そのアカシックの内容を順次、 ココプラネット のブログで公開する予定ですが、今後、アカシックレコードアクセスワークを受講される方には、この宇宙の歴史もご説明したいと考えています。
現在、地球という星が全宇宙の中心となり、過去の宇宙カルマ(13師団のバランス)が消滅して、新しい14番目の星が誕生した意味は、単に、新しい宇宙が生まれたのではなく、人間に与えられている本来の役目、”神性”=神としての働きが問われる時代になったということです。
宇宙意識を正しく知る人は、「個」という概念が、宇宙に無いことを知っています。「個」は、全体の一部であり、また、それぞれの「個」が集まって宇宙全体ができていることを深く理解しています。
この地球においても同様に、人間同士の不調和や自然界との不調和の結果が、全宇宙の不調和にもつながっていることを皆さんも理解して下さい。反対からみれば、宇宙の不調和(カルマ)が、この地球上の人間の意識・心にも表れていたということです。だから今年の私たちの神事が、”地球の核開け”から”新宇宙の誕生”まで導かれたのです。
あなたに今、理解して欲しいことは、あなた個人の存在理由を追及するより、もっと大きなところで、あなたの存在理由があるということを理解して欲しいのです。
もしあなたにその答えを受け止める用意ができているのなら、2001年の映画「ネバーエンディングストーリー」を想い出して下さい。宇宙やこの地球は、あなたが新しいことを創造するという愛に満ち溢れた創造意識の集合意識エネルギーで産み出されているからこそ、今も存在し続けているのです。
だから、一人一人が心のなかで何を思って生きているかが、とても重要な意味があることを理解して下さい。もしそのことを理解するにも現在の調和がとれないと嘆くのなら、一度、ハーモニーセッションのスピリチュアルカウンセリングを受けてみて下さい。
将来や明日に希望を持ていない人たちが増えることは、明るい未来のエネルギーを消費し、不安と混乱を解消するために多くのエネルギーを浪費します。
「▽▽▽にならないように用心して生きる」ことと、「○○○になるように明るく生きる」ことの目的が一緒だとしても、どちらの言葉を多用するかで、未来が大きく変わることは理解できると思います。
日頃、あなたの言葉づかいや、心の中のつぶやきは、すべて、宇宙意識へエネルギーとなって飛んでいます。そのエネルギーが、自分の未来を創るように、地球の未来を、宇宙の未来を創っているのだという事実を理解して下さい。
もしあなたがまだ、「個」や「個人」の事で悩んでいるのであれば、自然の中に身を置き、光の少ない夜の海辺や山の中から夜の星を眺めて、大いなる宇宙を身体で感じながら、地球と同じような歴史を繰り返して消滅していった星たちがあったことを想像してみて下さい。
私たち人間は、その星の記憶や経験を乗り越えて、新しい未来や新しい宇宙を創造するために神の力を与えられています。それは”宇宙の創造主”にも似た大いなる役目をもった存在の証なのです。
あなたの思ったこと(創造)や意識が、今日の出来事や未来を創っていることは、あなた自身も知っているはずです。
そうなのです、あなたの意識が、あなたが経験する現実を創りだし、産み出しているのです。あなたの思いや意識が、現実の人や出来事を引きよせていると言ってもいいでしょう。
この世の中にあるすべての物は、誰かが創造した物ですから、目に見える物すべては、実は、目に見えない心や意識や創造が生み出した産物なのです。
その心という”見えない世界”さえ、宇宙の集合意識のすべての存在とのつながりのなかで、あなたが考えられないくらいの神業で、バランスを取ってくれているのです。
人間の肉体に例えてみると、60兆個の細胞のひとつひとつが、一人の人間であると考えてみてください。すべての細胞は、同じ能力を持ち、それぞれに役目を果たしながら、肉体というすべてのバランスを保ち続けているのです。
この人間の肉体のすべてのコントロールは、地球上の最高のスーパーコンピューターをつないでも、人間の肉体の大きさに収まることはできません。
人間はさらに、全てのものごとを瞬間に判断して行動して、未来さえ予測し、何もないところから産み出す「創造」という神の力も与えられているとてつもない神と似た力を持つ存在なのです。
医学で人間のDNAを分析した結果、発見された3本のらせん状の他に、実は、10本以上のDNA繊維がその空間にあるのですが、そのことを三次元の肉眼で見つけることができる時代は、いつのことでしょう。
現実的に未来が見えないからと不安になる方もいますが、未来のすべてが見えて生きることが、本当に人間の喜びなのでしょうか?それよりも、真っ白なキャンバスに絵を描くのと同じように、あなたの今日も、明日も、あなたの意識と創造次第でいくらでも変化することができることを喜びに感じて生きてほしいと願います。
そのときに重要なことは、誰かや過去の自分と比べないことです。あなたは、今のあなたでしかないという現実を認めて、その素晴らしい今の自分を生かす方法を創造するのです。
人間全員が知っている事実は、「人間は死ぬ」ということです。しかし、これだけたくさんの死に向き合い、学びながら、まだ、「死」を恐れたり、避けようとしていること自体が、人間の愚かさと感じます。
命の大切さを学ぶとき、この「死」というテーマは、避けられませんが、「死」は、「生」と同じくらいに素晴らしく光り輝いているものだと理解してほしいと思います。
あなたがいま、存在しているのは、たくさんのご先祖たちの生と死の積み重ねであり、その両方があったからこそ、あなたは、命を大切だと学んだはずです。
仮に人間が1億年生きられる生物なら、この生や死の概念すら、全く意味が違ってしまうことでしょう。
ただ一つ人間に与えられていないものが、「生と死の許可」です。このことだけは、人間が自由にできる世界ではないのです。”すべてが与えられている”と理解して下さい。
皆さんに気づいてほしい事は、この「人生の時間」という概念が、長いと感じているのか、短いと感じているのかによって、すべての意味が違うということです。
神の世界の1日は、地球上の時間でいうと、1年だと言われています。だから、魂の世界から見ると、この地球上の出来事は、一瞬の出来事なのです。
だからこそ、地球の時間という概念を長くしてくれて、あなたの魂やご先祖たちの望むことを実現する猶予時間が、私たちには与えられているのです。
長生きして、たくさんのことを経験して、あー、人間として楽しかったと人生を終えるとき、あなたは、ふと、魂の役目を自分果たしたのだろうとを考えるときが必ずあります。
命も肉体も、お金も財産も、失うことを知っていて、ただ経験させてもらった人生の本当の目的が、実は別にあることを気づいていただけましたか?
大いなる意識とは、”大いなるひとつ”という宇宙意識を共有しあう宇宙の集合意識のことです。
この宇宙意識に触れるとき、神や宇宙と一体の感覚を得る瞬間がありますが、その感覚を「ひとつになる」と表現する方もいますが、もともとひとつであったことを想い出す瞬間です。そのことが生きながらにして感じることが、本当の”魂の目覚め”なのです。
人間として本来、大切にするべきものを感じたければ、沖縄の小さな島へ足を運んみて下さい。
そこには、都会の文明の進化で失った”古えの心”や、大切に守っている人間の知恵が残っています。
この人生のすべては、あなたの思うことが、実現しているのですから、普段使う言葉や、心の中で思うことを今一度、考え直してみてくださいね。
どんな現実を見ても、どんなニュースを聞いても、常に明るい未来を信じられる大人たちが一人でも増えるために、私はこの肉体を使い、神や宇宙の役目を果たします。
それが自分の魂の役目だと気づかせていただいたことに、心から感謝を伝えたいと思います。
無限宇宙の大いなる神々、そして、地球創生の活動を支えて下さる暖かい志のすべて皆様にありがとうございます。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です