「ありがとう」の中のゼロが無くなります

明日の節分から「ありがとう」の中のゼロが無くなります

○その意味は?

ありがとうのゼロが無くなることは「絶対」が無くなることを意味します。すべてが完全な相対の世界になるということです。それは意識の世界や見えない世界においても同じです。だから「無」も逃げ込むことも、「真理」を追及することも意味がなくなります。あなたたちが創り上げたこの相対の世界がすべての答えだということです。その責任は私たちもあなたたちと同じくとらなくてはいけない時代に入ります。すべての責任はあなたにあるのです。

○メッセージの解釈

ありがとうございますの言霊パワーには三つの力があります。

1、マイナスをゼロにする力

2、マイナスをプラスにする力

3、プラスをさらに大きくする力 です。

20世紀末から今まで多くの人を救った感謝の言葉、「ありがとうございます」ですが、1番のパワーが明日の節分(2/3)から無くなるというメッセージでした。その意味は、もうゼロ意識=無の世界=真理の到達が目的ではなくなったということです。

この三次元はもともと相対の世界でしたが、唯一、絶対がある意識の世界においての「無の世界」が無くなるということは、そこへ向って逃げ込んでいた精神世界のエネルギーやあらゆる宗教真理へ依存していた方たちの意識エネルギーが、すべてこの現実世界へ振り戻されることを意味しています。

これがどういう結果を生み出すことなのか、まだ明確ではありませんが、このメッセージの前置きには、「これから世界の人々が驚くことが次々と起きてきますが、その第一歩としてお伝えします」と言ってきています。

20世紀から今までたくさんのメッセンジャーの方たちが皆さんの魂の気づきのために時間もお金も労力もつぎ込んで大切なメッセージを伝え続けてきていましたが、あまりに”そのとき”までの時間がないことを伝えています。地球の全ての人間の意識がこの現実世界を創り上げているからこそ、意識の最大の頂点である無の世界につながるパワーを消す時期がきたようです。

「無」に到達した人は皆知っていることですが、「無」はすべての意識の到達点ではなく、そこは通過点だと悟ります。「無」を知り、生きて肉体を持ちつづけ、すべての人と同じ欲を肉体に戻されたとき、その無を知る人は、自らの役割の選択をしなければなりません。

あなたがこれからの生き方をどうするか選択するようにです。どう生きるかを再選択するチャンスが無の世界だったのです。生きている限り、私たちは「有の世界」にいるわけですから、この世に絶対はあり得ないことを受け止めて、他人にもそれを押し付けずに生きていかなければいけないでしょう。

でも私たちの最終目的は明確です。このままの地球の状態ではいけないことを知っているすべての人間が、見ないで済ましている自分の心の世界が現実となり目の前に見せられることでしょう。私自身もまだ混乱していますが、新しい自分を今、宣言します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です