1. HOME
  2. ブログ
  3. ・2016年〜真実を学べる「神仏心大学」
  4. 夢を通して伝わるメッセージ

夢を通して伝わるメッセージ

最近、「夢で観た映像の意味」を聞かれる事が、とても増えています。

 

3月16日のエネルギー上昇に加えて、お彼岸で霊界との繋がりが増えていることも影響しているのでしょう。

 

ご先祖の話からしますと、昔から亡くなった人が「夢枕に立つ」ことはよく言われることですが、ご先祖様や守護存在たちがメッセージを一番伝えやすい方法が眠っている時だという事は覚えておいて下さい。

 

できれば枕元に紙とペンを準備して、寝ぼけながらでも走り書きしておくと、大切なメッセージを逃しません。

ご先祖様から届けられるメッセージのほとんどは、人間的な内容が多いのは当然ですが、あちらに行ってから気づいた事をあなたに伝えたいという思いやりの場合と、あなたがまだ気づいていない大切な事を教えてくれる時があります。

霊界よりも次元の高いメッセージの場合、意味不明な内容が多いと思いますが、未来のメッセージが多いのでメモに残しておくと、ふとした時にその意味がわかる時があります。

 

メッセージを受け取りやすい状態は眠る時以外に、あなたがリラックスした瞬間に「ふと」繋がりますので「お風呂場やトイレ」にも、紙とペンの用意をお勧めします。

ビジネスの世界で成功しているほとんどの人が、この夢の啓示や直観的な気付きを得て成功している事はあまり教えてくれません。今のあなたが理解できない事を伝えてくれる存在こそ、あなたの守護存在なのですから、大切なメッセージをどうぞ逃さないようにして下さい。

私自身の体験ですが、21世紀が始まる準備の大きな意識転換の時は、毎日のように夢の中で宇宙メッセージが届いていました。あらゆる次元からのメッセージは、それこそ意味不明なものばかりでしたが、どう考えても必要のないメッセージが届くはずはないと思っていたましたので、家のあちこちに紙とペンを置いて書いた記憶があります。

出張時に私と同室になった人は皆さんご存じですが、私はとてもハッキリとした「寝言」を言う有名です(^^)子供の頃の記憶でも、朝方に大声を張り上げて歌を歌ったり、自分の大声で目覚めた記憶が何度もあります。

 

その声は、2階の部屋から1階の台所まで聞こえ「どうしたの?朝から大声出して?」と母に笑われた記憶もあるほどです。朝から声が枯れていた原因がわかった瞬間でした(^^)

2000年当時、夢の中の登場人物とやりとりした会話をハッキリ寝言で話していたので、自動スタートする録音機材がとても欲しかった時でした。

 

このように自分の意識が守護存在からのサポートによって目覚める時は、集中して守護メッセージが届く時期がありますので、どうぞご自分の「夢ノート」を作っておくことをお勧めします。

たくさんの夢メッセージを体験したおかげで、夢の解読はとても上手になりましたが、夢を見る要因はその他にいくつかあります。

 

日頃、潜在的に思っている事柄や心の中で思っている悩みを夢の中で実現させるのも、夢の特徴だということを覚えておいて下さい。

そして高次元の守護メッセージは、「朝方」に見ることが多いのが特徴です。日の出の時間帯前後に見る夢こそ、一番高い次元と繋がる時間帯ですが、その反対の丑三つ時(2:30前後)に見る夢は、霊界やマイナス想念世界、つまり自我の世界で見ている夢が多いので、意味の読み取りをお間違えないようにして下さいね(^^)

今年は特に、高次元からあなたの魂の目覚めを導く夢を見る人が増えると思いますので、しっかりメモって実生活の中の気付きを活用して下さい。夢なんか一切見ないし、あっという間に朝が来るという人は、どうぞ幸せな睡眠時間をそのままお楽しみ下さい。では、夢でお会いしましょう。

アーカイブ