1. HOME
  2. ブログ
  3. 2004年〜沖縄宮古・天皇家出雲伊勢倭姫命神事
  4. 【石垣島】八重山諸島の民俗ルーツ

【石垣島】八重山諸島の民俗ルーツ

石垣島の神司(かみつかさ)の女性と話をしていて、私がこれまで沖縄の神事でわかった民族ルーツの話になりました。

宮古島には5つの言語があり、伊良部島にも7つの部落と言語がありますが、祭りごとや習慣を調べると、それぞれの民族のルーツも少しづつわかってきました。

宮古島の北端にある池間島の民族ルーツと石垣島の民族ルーツに似た習慣があることから、きっと、同じ民族のルーツがあるのではと思っていましたが、神司の女性は石垣島の民族ルーツを古い伝承の記憶から思い出してくれました。

 

石垣島の民族ルーツは、阿南(あなん)と呼ばれた場所で、現在のベトナムだと教えてくれました。

阿南といえば、四国にも同じ地名の場所がありますが、関わりがないとは言えないかもしれません。

日本の最西端の与那国島を訪れた時にも、さまざまな民族が船でやってきた事は、島最高の神男が話していた時の後ろの存在が教えてくれましたので、食べ物の習慣や神儀式の習慣にこそ、民族ルーツは残っていると言えます。

石垣島の神話では、神が最初に竹富島を作ったあとに、周りの島を作ったとありますが、神司が先祖から伝承している話では、八重山諸島の民族は、石垣島の宮鳥ウタキから始まったと聞いているそうです。

この口述の話は、移住した民族が文化を持って広めた歴史を言い伝えていますので確かな話だと思いますが、この話以上に神秘的な事実が、今回の沖縄本島の集まりの中で解き明かされました。

まもなく仏教の僧侶になる50年の経験を持つユタの女性は、ある霊を通して体験した経験を話してくれました。

5年前から彼女は、毎夜毎夜、霊たちが自分のベットの周りに集まってきて、どうしてもして欲しい事があるので、頼みを聞いて欲しいと霊に悩まされた経験をしています。

集まった霊たちに「お前は誰だ!」と尋ねると、八重山諸島の島頭で有名なオヤケアカハチの魂とその家族だと言ったそうです。

彼女に霊が集まってきた理由は、なんと彼女が今、住んでいる場所に、昔、オヤケアカハチが住んでいたからでした。

これは歴史書にも書かれていない話ですが、実際に、霊たちが教えてくれた事ですので事実だと思います。

オヤケアカハチの霊に導かれて、八重山の島々を回った時は、オヤケアカハチの家族が眠るお墓の場所を教えてくれたり、ここに誰が埋葬されているかも具体的に教えてくれたそうです。

このように、この世に思いを残した霊たちは、霊媒体の意識を通じてメッセージを伝えてくることはよくありますが、その内容が隠された事実だからこそ、思いが成仏できない霊たちが悲痛なメッセージを伝えてくるのです。

生まれながらに霊媒体質として生まれた人間は、自分の現実意識とは無関係に、あらゆる霊や神様たちがメッセージを届けてきまので、その対応を学ばなければ、一生、安眠できない日が続きます。

寝ても覚めても、霊や神様の声を聞き続けなければいけない体質の人の辛さも知っておいて下さい。

ユタの女性は私の八重山神事を知って、オヤケアカハチの思いを天昇させてあげたいと連絡をくれました。

波照間島で私の体に乗ったオヤケアカハチの思いも、宮古島の神と和合をしたあと、沖縄本島で集まった全員の先祖を繋ぐ祈りをしたことで、首里王との和合ができました。

私たちは輪になって手を繋いで祈ったあと、首里の王様と、宮古島の島頭 仲宗根豊見親(なかそねとういみゃー)と、八重山の島頭オヤケアカハチの魂が、横に同列に並んで天上界へ上がっていく姿を見ました。

目に見えない霊たちの気持ちがわかる霊媒体質の人は、虚偽で書かれた歴史書の間違いを見つけだしたり、人の言葉の嘘も見抜きます。

自分の守護存在や魂の繋がりを感じている人たちも、たくさんお会いしましたが、なかなか信じてくれない周りの人たちに伝える勇気がない人も多いようです。

見えないものを信じない人たちにも守護存在は付いていますし、その人の先祖の繋がりをたどれば、全ての人間の繋がりも解き明かすことはできます。

しかし、それよりももっと大切なことは、心を素直にして「信じる心」を持つが大切なことですので、常に、自分の知らない事や書物に書かれていない新しい情報も受け入れる大きな心をお持ち下さい。

実際に、学校で教えられた歴史でさえ、どんどんその間違いが明らかになっているので、書き換えを進めている最中のようですが、まだまだ事実の全容が公開される日は遠いと言えます。

一番愚かな行為は、書物に書かれたことだけを信じて、知識を主張する行為だと思って下さい。

知識に偏った生き方より大切なことは、先人が経験した知恵を大切にしたり、自分の直観を信じたり、素直にの言葉を素直に受け入れる心が大切です。

2010年からは、これまで以上に過去信じてきた常識や概念が壊れる時代になることは断言できます。だからこそ、あなた自身の心の準備を諭しているのです。

自分の先祖ルーツを調べて、先祖が住んだ土地へ足を運んで感謝する心は、いつも自分を守ってくれている守護存在と繋がる最高の方法ですので、どうぞ自分の先祖ルーツを調べることをしてみて下さい。

人が亡くなると、80年で戸籍は焼却されますので、今、できる調査をすぐに始めなければ、後で後悔することになります。戸籍を調べていると、本当にたくさんの人の関わりで今、自分が人間として存在していることの確率の低さに驚くことでしょう。

全ての先祖の繋がりと知恵を繋ぐ為の気づきと出会いに心から感謝を贈ります。

アーカイブ