1. HOME
  2. 天無神人ブログ
  3. 【未来教育学】神仏心大学
  4. 真実の理念崩壊

真実の理念崩壊

今まで信じてきた物事や信じていた人に裏切られる経験をすると、あなたはどのような反応をする人ですか?


自分が裏切られた苦しさをわかってもらいたくて、誰かに訴えますか?


その人は、自分が悪くない事を誰かに認めてもらいたい「情の人間」です。


永遠に「情」の置き換えをし合う苦しみに気づいたら、早く「情を愛に」変えましょう。


自分が苦しんだ分、相手にも苦しみを感じさせたくて相手を責めますか?


その人は、全ての物事を自分中心に考える「利己的な人間」です。
永遠に、歓びを感じ合うやすらぎの時間を与えられることは無いでしょう。


自分が信じたい事を信じて裏切られたのだから、自分も悪いとあきらめられますか?


この人は常に自分も他人も同じように愚かな部分を持っていることを学んでいる人です。
必要な新しい人に出会い、またお互いがレベルアップする為の学びをし合うことでしょう。


これからの年末年始、そして来年春、そして夏から秋にかけて、皆さんが真実だと思っていた物事がたくさん崩壊します。
日常では人に裏切られたり、会社の上司部下に裏切られることが多くなるかもしれません。
もっと辛いことでは、家族に裏切られる経験をする人がいることでしょう。


なぜこんな話をしなければいけないかというと、あなたの「信じる」には囚われがあるからです。
その囚われを外さない限り、本当の人間愛も、地球愛も、宇宙愛も生まれないからです。
でも中には、裏切られることを経験しない人もいます。
もともと、人や物事を信用していない人ではありませんよ(^^)

裏切られるという思いが、心の中に無い人たちです。
「裏切る」という言葉は、「裏を切る」と書きますが、自分の心の奥底の気持ち(裏)をわかってくれていると思った人に、そうではなかったと気づいた瞬間を「裏切られた」と思いますが、本当の問題点は、「あなたの心の裏にある思い」だと気づいて下さい。


これからの時代は、政治も経済も、社会常識も全てが崩壊すると感じる人が多くなりますので、それに合わせてたくさんの人が意識を変えなければいけないような出来事が現実に起こります。
今年の色々な事件を見て大変だと思っているようでは、まだまだなんですよ。
もっと色々な物事の実体が世の中に出てきますが、問題はあなたが「真実だと思って信じ切っていること」を再チェックする必要があることをお伝えしているのです。


今年も12月15日を過ぎると、2011年のエネルギーが流れ込み、あなたの「無意識」に影響を与える時期に入りますので、どうぞ一日も早く自分が信じたいと思っている「思い込み」を手放して下さい。


あなたが生まれた瞬間には本来、「信じる」という言葉がありませんでした。
あなたが信じる神様や向き合う人全てが「自分である」と悟った瞬間に「信じる」という言葉は無くなりますが、その手前までが「信じる」ことを学ぶ時間なのです。
どうぞ、自分の思いの「囚われ」に降り回されない生き方を選択して新しい年をお迎え下さいね。


2010年12月5日に天無神人が受け取ったメッセージ

 

アーカイブ

Translate »