1. HOME
  2. ブログ
  3. ○天無神人の神仏心大学
  4. 平常心で、希望を持って下さい!

平常心で、希望を持って下さい!

緊張が続く震災後1週間をを越えた3/19日(土)に「心の有事」を宣言した理由は、

自分の事だけを考えて行動しない

という点がこれから最も大切な時期だからです。
15年前の阪神大震災を現地で学んだ事ですが、被災地に避難されている方の心境は時間が経つほど一般生活者の理屈では理解できない感情や団結心が生まれる為に、思いもよらない問題が起きてきます。
 

本来こういう対応は、関西や九州、北海道で起きた大地震の災害対策本部で働いた方や、当時、自民党で情報管理をしていた人たちを集めると早いのですが、民社党は苦労している様ですね。
携帯電話も無い当時、震源地の淡路島に居て、直下型の地震を体験して混乱した状況を見てきた妻の言葉や、その1週間後に現地に足を踏み入れた私が感じた事はたくさんありますが、

この体験から後世へ伝える事は、たくさんあるのでしっかり頭に焼き付けなさい

と神様に言われた気がしていました。
ブログに公開出来ない現地の生情報や、被災地で避難している方のメッセージも「地球創生SNS」の中では公開して学びあっていますし、これからの日本や地球の方向性についても色々な情報を皆さんが発信してくれています。

本日、「地球創生SNS」の運用について、次の様に対応する事を決定しました。1、まず3月からの有料化を延期し、4月末まで無料期間を継続します。
2、登録の際は「本名登録」を条件とし、基本的に笑顔の顔写真の公開をお願いしています。
3、自己責任で互いの個人を尊重し合う発言の場であり、大和魂を世界へ繋ぐ目的で行っています。
私は大神様からこの日本を、そして、地球を救う為には「1000人の宣言エネルギーが必要だ!」と言われましたので、今後の地球の未来を希望の星へ変えたい皆様はどうぞ趣旨をご理解頂きまして「地球創生メルマガ(無料)」へご登録下さい。

今後、震災後の社会影響は1カ月後、3カ月後、半年後と大きく変わりますが、それよりも大切な事は、皆さん一人一人がこの震災で何を学ぶのかという点です。
現在、70歳以上の方たちは第二次大戦の中、日本と言う国が生き残る為に自分の家族より、「お国を守るために!」と我慢の精神を学びました。
そこから生まれた「もったいない精神」は、ただ消費するのではなく、重要な時の為に食べ物や命の扱いを地域単位で学びあった知恵をお持ちです。

私が神に誓いを立てて13年間続けている地球創生活動は、今後も変わりなく続けます。
自分にできる事を果たすのが魂の使命だからこそ、善悪・好き嫌い・個人の概念・囚われを超えた視点から物事を考える仲間たちが、今、手を繋ぐ時期に来ている事をもう一度、考えて下さい。

地球と日本を守る為に命をかけてご神事をなさっている沖縄本島の比嘉吉丸さんから、重要な神事を行うのでぜひ参加して欲しいと依頼がありましたので、4/1-4/3は急遽、沖縄本島に出かけます。4/3のセレモニーは、全国の皆さんも参加可能だそうです。

☆未来へ繋げる最初の一歩 こころのかけはし祈りのセレモニー☆

希望溢れる「マザー・テレサのことば」を皆さんへ

人は不合理、非理論、利己的です。
気にする事なく、人を愛しなさい。
あなたが善を行うと、利己的な目的で、それをしたと言われるでしょう。
気にする事なく、善を行いなさい。
目的を達しようとするとき、邪魔立てする人に出会うでしょう。
気にする事なく、やり遂げなさい。
善い行いをしても、おそらく次の日には忘れられるでしょう。
気にする事なく、し続けなさい。
あなたの正直さと誠実さとが、あなたを傷つけるでしょう。
気にする事なく正直で、誠実であり続けなさい。
あなたが作り上げたものが、壊されるでしょう。
気にする事なく、作り続けなさい。
助けた相手から、恩知らずの仕打ちを受けるでしょう。
気にする事なく、助け続けなさい。
あなたの中の最良のものを世に与えなさい。
蹴り返されるかもしれません。
でも、気にする事なく、最良のものを与え続けなさい。

 

アーカイブ

Translate »