1. HOME
  2. 天無神人ブログ
  3. 【教育】神仏心大学
  4. SMAPのカウンセリングを依頼された・・・夢

SMAPのカウンセリングを依頼された・・・夢

先日、「SMAPのメンバーをカウンセリングして下さい」とある方から依頼されました。

メンバー全員が揃っている所でリーダーの中居君にまず話を聞きましたが、本人は「そんなに問題ないと思うけどな~」と私の前から離れて行きました。
すると木村拓哉君が、「どんなことをするんですか?」と興味ぶかげに近寄ってきました。
私「いやー、まずメンバーにあって下さいと言われたのできたんだけど、特に何か聞きたいことはありますか?」
木村拓哉君「僕は別に困ってないけど、他のメンバーは相談したいことがあるかもしれませんねー。」と言うと、メンバーを見渡しました。
すると、香取慎吾君が私の前にやってきて、こう言いました。
「僕はいつも夜中にお腹が空いて目が覚めるんだけど、昨日も、夜中に起きてカップラーメンを食べようと思った時、昨日と同じカップラーメンの数が残っているので、やっぱり僕と新人の○○君だけが夜中に起きて食べるんだと確信しました。これって、異常なんですかね~?」
その返答を考えていると、情景全体が引いて見えて、この夢が伝えている意味があることに気づきました。
私の左脳にある情報では、SMAPはメンバー同士の仲は悪いけど、仕事だから一緒にいるというイメージがあります。
では、この夢の中で配役が演じた意味は何かというと・・・
リーダーが意識していることと、チームを引っ張る人が意識していること、そして、いつも自然体で自分の言いたいことを言う人の意味を考える必要性を教えてくれたのだと思います。
私も考えてみますが、皆さんも会社や何かの集まりに参加した時、自分だけの視点で物事を見ている部分を考え直す機会にして下さいね。
お互いに、相手の立場を理解するためには、違う視点から物事を考える必要があることを教えてくれているのだと思います。
自分が正しいと思ったことでさえ、自分の思いだけを優先して好き勝手に言わない心を学ぶ必要があるのでしょうね。
大切なことは、SMAPも同じく、お互いに守るべき大切な物が一致しているからこそ、立場の違いやお互いを大切にする心が必要なのだと思います。
あなたが、中居君だとしたらSMAPをどうするか、木村君だったら、香取君だったらと、考えてみて下さい。
みんなが大切にしたい思いよりも、自分が大事にしたいものを優先すると、SMAPでさえチーム崩壊になる可能性があります。
自分が大切にしたいことよりも、地球や日本や他人の事を本気で大切にする気持ちがあるかを、もう一度、自分に問う必要があるのかもしれませんねー。
相手の立場で物事を考える経験」は、人間関係で最も重要な学びだからこそ、お互いに大切にしたい物が一致しているのなら、物事を進める時に相手の視点の違いも学んで下さいね。
いつか自分が相手の立場になるかもしれないと思って学ぶ心が、必要なのだと思いますよー(^^)
でも、不思議だなー?
私は特に、SMAPファンでもないのに何でSMAPなんだろう?・・・
きっと、「チームワークを学びなさい」と言ってくれているのだと思います。
守護存在様、夢の中のお勉強会、ありがとうございます。

アーカイブ

Translate »