1. HOME
  2. ブログ
  3. ○天無神人の神仏心大学
  4. 2011年の年の瀬に思うこと

2011年の年の瀬に思うこと

年々、年末の感じがしない日々を過ごしていますが、それも、年末年始に休まないで働いてくれている人たちが増えているからなのだと思います。

企業が顧客満足やサービスを追求するとそうなるのですが、個人と企業の「りくつ」が違うからこそ、時代の流れと受け入れるしかないのでしょうね。

困った時にとてもありがたい看護師さん、介護の人たち、葬儀関係者・・・、あいてて良かった流通業、輸送業・・・金融関係もCD機が動いているので誰かが頑張ってるはずだし…。

日頃、気づかない部分の仕事に就いてくれている皆さん、本当にありがとうございます。
あなたのおかげで、この日本は支えられています。
きっと、家族と一緒に過ごせない時間が多いことで悩んだ時もあるでしょうけれど、神様は、いつもあなたのことを見ていますよ。
普段、言えないからこそ、代わりにお伝えしますね。
いつも、本当にありがとうございます!
あなたのおかげで、「普通」の暮らしをさせてもらってます。
今の自分が「普通」にいられるのも、陰でたくさんの人たちが支えてくれているおかげだと、本当は誰もが思ってるんですよ!
失ってからわかる健康と親と普通のありがたさ」だと思いますが、普通に過ごせる「今」があることに心から感謝いたします。
もう新しい年を迎える準備は、出来ていますか?
何にも出来ていない人にも同じように、新年の光は届きます。
来年は、明るい光の年になるといいですね!
歓びを分かち合える仲間が増える年になるといいですね!
素敵な人と出会って、お互いに感謝し合える人だといいですね!
今より「ありがとうございます」をたくさん言える心になるといいですね!
今はただ、静かに出来ることをして下さい。
あっ、そうだ!
神様にも、仏様にも、守護存在様にも、ありがとうございますを言いましょうね!
守ってくれるのが普通だと思っている人より、ありがとうございますを普段から普通に言う人たちの心には、神様が近く感じるから知ってますよね!
明日を迎えられる幸せを、ありがとうございます。
今年、あなたに出会えて、本当にありがとうございます。
そして、これから出会う素敵な方たちにも、ありがとうございます。
全てを失っても、ありがとうございますを言えるように、日々、精進します。
自分の足りない部分で傷付けた人たち、ごめんなさい。
自分のわがままなで傷つけた人たち、ごめんなさい。
自分のいいかげんさで傷つけた人たち、ごめんなさい。
その分、もっと、ありがとうございますを言えるように頑張ります。
あなたと明日、一緒に居られることにありがとうございます。

アーカイブ

Translate »