目覚めよ!ヴィーナスたち!負の無限ループから抜け出そう!」セミナー

【啓示】次元上昇スイッチを入れる時刻

全員が、重要な宇宙の調和を守る為の、宇宙連合に参加していた星としての記憶のチップを持って地球に集まっている。
 
これは、自分の星の役目を果たす為だけではなく、過去に無いほど大きな、新しい宇宙の調和を生み出すために、全ての記憶チップを合わせる時期が来たということです。
 
女性達には、特に、この地球を支えるために、心の内鏡において、いつも完全な光の柱を建てるために、自らの心の底から、その光を建てるということを意識して下さい。
 
時に、自我と思う想いや、とらわれという想いがあろうとも、それも、悲しみも含めて、全てが光となって繋がるものなのですよ。
 
そこを自分だけの苦しみと思わず、そこを自分だけの悲しみと思わず、それを全て天へ向けて光の柱となって、自らの身体の内側から光を溢れさせて下さい。
 
そのあなたの持つ力こそが、この地球と連動するのです。
 
あなた方の心の奥底の内鏡は、われわれが与えた地球を守る為の、また、命の源である過去の中にあるものと繋がっているからなのです。
 
その壁を越えることは出来ずとも、あなたがたは、自らの心の奥底の内鏡を、誓いとして建てさえすれば良いだけなのですよ。
 
どうぞ、よろしくお願いします。
 

いろいろな星が沢山、宇宙にはありますが、それは、あなた達が過去、居た星だけではなく、もっと多くの「宇宙のひずみ」ともいうべき、いろいろな出来事があった為に、その次元ごとに、ゆがんだままの状態でもありますが、今、あなた達の意識に影響している事は、多くの出来事のその一部分だけを、ビジョンとして映させていることの意味は大きいのだ、ということに気付いて下さい。

 
それは、あなた達が、もともと一つの大きな役目・役割があったとい
うことを思い出して欲しいからこそ、それぞれの人達にかかわる事を思い出すための、一部分の記憶だけを開放しようとしていることなのです。
 
だから、全ての宇宙のことを明かすことが、良いことではないことは、我々も知っていますので、その次元担当の方達において、その役目を果たすべきですが、まず、今、あなた達がしようとしている事について、最も重要なチップ、記憶チップを合わせる作業をしなければ、本来の太い繋がりがあった時の事を思い出せないので、そのための事をお話しようと思いますが、いかがでしょうか?
 
それで良ければ、私達は、その事についてお話しを致します。よろしいでしょうか?
 
 
 
我々が、あなた達の事を繋いでいたのは、その時を守っていた、また、その繋がりを繋いでいた者達の意思として、意思そのものとして、我々が伝えるべき事を伝えたいと思います。
 
 
それは、あなたたちが、いくつもの星にいる時に経験した事なのですが、その記憶の一部分は、それぞれの星の中だけで、しまい込むように、隠された事のように話が出来上がっていましたが、それは本当はそうではなく、大きな「宇宙連合」という大きな組織というか、宇宙を守るために、指導的な立場として働いた者達の星々の大きな役目と役割があったからこそ、あなた達はその意思を持って、この地球に生まれたのです。
 
それも、とても古い時代から、この地球に生まれてきたことを、まず、思い出して欲しいのです。
 
それは、あなた達が、人間と呼ばれる、肉体を持った動物である前の時代にも、いくつも、何度も、形を変えてこの地球という星に転生したことがあるからこそ、その場所において、また、その山において、またその湖の底において、また海の底において、また地球の中において、またその岩の一部分において、大きな記憶を刻まれていることまでわかるように、あなた達は印を残してきたのです。
 
それは、目に見える印ではなく、そこに行けば、その場所が一つの証であるかのように、宝石箱の鍵を開けるかのようにそこに刻まれていたり、または、形そのものが鍵であったり、またそのすべての道筋の行き先を示す場所であったりするような事が、沢山、世界の山の上にも、平地にも、海の中にもありますが、そのことについては、あなた達がどの古い記憶を思い出すかによって随分意味が変わってきてしまいます。
 
ただ、わかって欲しい事は、何度も、この星に生まれ変わった記憶があるということです。
 
そのことをまず、思い出さなければいけないのですが、何故、あなた達は何度も生まれ変わらなければ、いけなかったのかといえば、それは何度も失敗をしてきたからです。
 
それには、当然いろいろな理由がありますが、今回、地球に産まれた目的は一つです。
 
この地球という星で、我々が目指す意志はたった一つなのですが、そのことを自らの星のカルマと共に、その過程において経験したこと全てにおいて、あなた達は記憶というものがあるからこそ、どうしてもそれにこだわり、過去の因縁やカルマにおいて、どうしても感情が溢れ出るという特質を持っていますが、それも一つ、私達があなた方に与えた能力でもありますが、それは反対に言えば、大きな間違いを二度と起こさないようにする為なのです。
 
 
あの、アトランティスの時でさえも、また同じことをしようとしている人達が今もいますし、またあの、ムー大陸という大きな地上に浮かび上った海の底の島でさえも、一晩にして沈むほどのことを起こしたことさえも忘れていますが、その前にも、いくつもの文明となり、またその役目を果たした者達がいたにもかかわらず、何故、その時のことばかりを問おうとするのか我々にはわからず、今だに、あなた達が過去の歴史を紐解かなければいけない程、愚かな動物なのだとは思っていませんよ。
 
ということは、何を言いたいのかと言えば、それは、あなた達にはもうその準備が出来ているということに気付いて欲しいのです。
 
何故、「光の柱」という言葉を我々が与えたのかといえば、それはあなた達が唯一繋がるチャンネルであり、それが全てを繋ぐ通信ネットワークのラインであり、それそのものが「命の力」であるからこそ、その「光の柱」を自らの内側から建てて、天に繋ぎ、地球に繋がり、自らの身体の中に光の柱を立てる事こそが、あなた方の本来の意志であり、そして、我々が見守るライン、つまり、神と繋がる方法だという事をどうして気付かないのかわかりませんが、どうしてもそれがわからないのであれば、まず自分の内側に、身体の中に、頭の先から足の先の先まで、真っ直ぐのような「光の柱」が身体を突き抜けているような状態をイメージで描いて下さい。
 
そして、身体から溢れんばかりの光を放っている姿を、映像で想像し続けることが大切なのです。
 
そう、頭で思い浮かべるだけで良いのですよ。
 
ただ、それだけで、我々との繋がりが深まるのです。
 
それが、あなた達にとって、最大の受信機であり、送信機であることを、まず、わかって欲しいのです。
 
その事がわかれば、あなた達には必要なメッセージがすぐに降ろされますが、何よりも気をつけて欲しいことは、降りた言葉はあなただけの言葉など存在しないという事ですし、あなた方と言い続けている理由は、それが一つの仲間だからなのですよ。
 
誰が私を裏切ったとか、誰が私を嫉妬したとか、誰が私の足を引っ張ったとか、その事が問題ではなく、その全ての行いそのものが我々の意図であり、方向を歪めるための事でもあるのだ、という意味です。
 
歪めるとは、「ゆがみ」ということはつまり、新しい方向へ導くために、方向、角度を変えなさいという意味で教えているのです。
 
あなた方人間に置き換えて言えば、自らが上手くいかない時こそ、方向を変えるチャンスだという事までは知っていると思いますが、それは、あなたが元々の目的である事まで繋がるという方法だとまでは知らないでしょう。
 
現実で起きるトラブルと思えることでさえ、全てが物語のように設定されているのが人間のしくみであり、生まれた時から持っている守護エネルギーそのものの使い方なのです。
 
そこからまず、始めましょう。
 
あなた方にはもう、時間がありませんので、(というより、我々が言う時間には概念がありませんが) あなた方の言う時間という物事については、今を基準にして考えているでしょうが、我々はその先も、後(過去)も、今も、全てが一つの輪になっているような所にいるのですから、今あなたが思えばそれは過去であり、未来であり、今でもあるのです。
 
ということが理解できるならば、今、この瞬間にあなたが心を決めれば、思ったことは全て出来るということなんですよ。
 
そう、もうあなたには、無限なチャンネルにアクセスが出来る「光の柱」が備わっているのです。
 
だから、その一つ一つを繋ぎ合わせて、千の柱となるまで、大きな柱の繋がりのネットワークを構築しなさいということを言っただけなのです。
 
「千」ということは百の群れが十という意味だけではなく、我々の世界で言えば、もう一段上の世界に繋がるという意味がありますが、それがわかる方がいるかどうかは別として、ただ「仙人」という言葉だけは知っているようですので、その時間と空間と物質を越える世界にまで繋がる力が「千」なのだという事まではわかって欲しいのです。
 
どうぞ、よろしくお願いします。
 
いつか我々が、働くべき人達に、それぞれのアドバイスを送り届けるようにメッセージが聞こえたり、出来事が起きたりすることがあると思いますが、それは、あなただけの学びではなく、あなた自身の事だけではなく、その全ての過去の出来事を思い出すためのスイッチを入れなさいという意味なのだということに気付いて下さいね。
 
あなた方一人ひとりは、一つづつの記憶チップを持って、この日本という国に集まっているのです。
 
だから、そのチップを合わせて何が働くかを、気付かなければいけないので、これほど多くの情報が、意識の世界に動いているのです。
 
ただ、その全ての意識を集めるサーバーのコントロール方法については、まだ場所が、そして、誰が操作をするのかが明確では無いようですので、自分がどこの場所で何をしようとしているのを、明確に、自分の意思を示すことによって、その記憶チップを合わせる操作盤が、自らの身体の中に生まれるのだということだけは覚えておいて下さい。
 
あなた方が思うことは、全て、我々の記憶情報データーバンクのように、全てサーバーの大元まで繋がっていますので、報告は一瞬でされていますが、そこにある想念、つまり、自分をつかんだ思いさえも、それが全てあなただと認識されるのですから、どうか、自我という言葉を神という意味に置き換えられるならば、神と呼ぶ存在は我々であり、そしてそれは、あなた自身でもあることを気付いて欲しいのです。
 
そうでなければ、我々とのアクセスは、永遠に出来ないとだけは言っておきます。
 
この事がわかった時から、あなた達はどのチャンネルからでも、どこからでも、いつでも、どれくらいの量やスピードや速さや時間や概念や形や方向に捕らわれずに祈る、つまり、一つの思いに合わせるという事が、どれ程の力を持つかに気付くはずです。
 
そこから始まるのですよ、我々との繋がりは・・・。
 
 
誰かに教えてもらうものがあるとしたら、それは、実践をしている者達の背中だけでしょうね。
 
それがわからずに、形や方法やルールやしきたりや過去に起きた事にこだわっているのなら、その人達はもう時代遅れとしか言いようがありません。
 
何度も言いますが、あなたたちの魂は何度も失敗を繰り返してきたからこそ、この地球において人間となり、肉体を持つことを許されたのですよ。
 
どれ程のもの達の魂の代わりとして、ここに生まれたかがわからないのであれば、永遠にネズミのような生き方をすればいいのですよ。
 
それでも、全てが生まれるように出来ているのも、宇宙のシステムなのです。
 
だから、どこにいても、何をしていてもどのように思われても、つまり、どのような人であっても、その人も必ず、一つのチップを持っているのだという事だけはわかって下さいね。
 
 
土地の上においてあるもの(陸地)が沈めば、それは使えなくなるのですよ。
 
いつかわかる時が、来ますよね。
 
 
それがわからないのならば、我々がしようとしているサポートが、内側の鏡から外れていく事になることもわかるはずです。
 
 
そう、あなた方が心の奥底から信じたいと思っている、心の奥底の鏡の事ですよ。
 
それが、一つでなくてはいけないのですよ。
 
どれ程汚れていても傷ついていても、その内鏡を輝かせなければ、内側の鏡の光こそが、この地球の内側から光を産み出すものなのですよ。
 
その内なる光については、女性達全てがその役目を持って生まれていますので、よろしくお願いします。
 
 
いつもよく言いますが、我々は男女という概念では見ていませんが、役割の為にそう生まれたのは、あなたが選んだのですよ。
 
あえて言えば、心の奥底の内鏡について問う心は、自らが、幸せという概念の喜びが溢れていないだけの事なのです。
 
だからこそ常に、その相対において学ぶ心よりも、大きな愛を内側の鏡から光を発することが、とても重要なのです。
 
 
時に、おもわずその時を言えば、2012年8月21日の時の事を、記録されている事があれば明かして下さい。
 
その事については、裏側の思いがあるからこそ、みなさんが信じているもの以外の意味があるという事が、とても重要なので、その事を知っている者がいるはずですよ。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎2012年8月21日(火) 午後1:23:17
 
宇宙チャンネルの次元上昇スイッチを入れる時刻です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
大きな物事が動く時に、産まれた場所や住んでいる場所の大切な鍵を守る者達が、その場所に居るはずなので、声を発して下さいね。
 
あなたが信じるものが間違いかどうかが問題なのではなく、伝えるべき場において、誰かに伝えさえすれば良いのです。
 
それが、あなたの役割なのですよ。
 
だから、よく考えて、自らの言葉は発するべき時には発して下さいね。
 
時において、その時全てが「1から始まるような出来事」まで起きるかもしれませんが、それは時を問うという意味ではなく、もっと大きなスイッチが開くという意味なのです。
 
では、どうぞよろしくお願いいたします。
※このメッセージの意味は、大切な魂の仲間に出会った時に、自らがふと思ったことを誰かに伝えることで、相手も何かを気づき、さらに、新しい気づきが両者に産まれることを教えてくれていますが、時に、その言葉が未来の予言だったり、災難のビジョンを予知する内容であっても、大きく変わる為の知らせの役目として伝えなければいけないという意味で理解して下さい。
どんなマイナスの思いを感じたとしても、どうプラスの思いに転換するかが、「人間に与えられた役目=豊かな神の創造性という力」であることに気づいて、一人一人が自らの内側から溢れるマイナス想念を全て完全な光や歓びのプラスの世界へ転換する心で日々、過される事を心から願っています。

コメント