2012年八重干瀬(やびじ)神事のメッセージ

2012八重干瀬(やびじ)ツアーが終了しましたので、全ての神事の内容を公開いたします。

4/5、札幌からJRに乗ると、すぐに神メッセージが降りました。この内容は、地球創生SNSの登録メンバーにはすぐに公開して、皆さんの意識合わせをして神事に望みました。

(神メッセージ)

やぬ つぬるたみ むちなきなにぞ むさみしきここに繋がる者たちは 正しく繋がらなければ命なきぞ それは とても寂しい

うつぬ なにもし もさがなき

それぞれの心に写る思いは色々あれど

あちの ぬちばなさきみだれ

私の 命の花を咲き乱れさせておくれ

やきに むしめす ものいのことば

このチャンスに 大切なことを言わせておくれ

やー てぃんがなし

恐れ多い 天の神様

むー てぃんがなし

たくさんの豊穣を与えて下さる天の神様

さー てぃんがなし

心から感謝しております天の神様

※このあと大和言葉で次のメッセージがおりました。

えちぜんの神(福井・岐阜・石川)もの申す 

コトシロヌシ(大和の託宣神)  

ここに おわしめすこと まかりならん

ここ 宇天の場所なれば、共愛あれど、ゆるされず。

まかりならむこと、戒めのこと起きる。 

筋とおし、道なりのことをせよ。 

(神の返答)

やむなきをとおし、道閉ざされれば思いなせず。

我、身の程わきまえて、下がりまする。

故に、思い伝えたまえ。

※このやりとりの解釈
コトシロヌシの思いは、(託宣神)・国ゆずり。今回の宇天神事は、「国ゆずり」である。
つまり、新しい宇宙次元に引き上げる許可承認を得ることの意味がある。

その為、今までの神働き全てが変わり、地球自体の波動も変わり、磁場、次元の意味さえ変わる為、地球を守る人達の意識と神意識を繋ぎ、国(地球)守りのエネルギーを繋ぐ必要がある。

その為に必要な人が集められ、その為に必要な人が日本全国を世界を動き回っている。
次元上昇は、元々、決められていた事だが、その準備に12年与えられたことも理解して欲しい。
多くの宇宙神達の思いがわかるあなただからこそ、この事を正しく必要な人に伝えて欲しい。
本来の、最後の光をおろす時期は、8月21日と決まったからこそ、それぞれの土地神、自然神、人格神たちへ報告しておくれ。
私たちからは、直接、伝えられないので。

これは、日本を守る大和の神の思いと宇宙の神の思いのやり取りですが、今回の八重干瀬(やびじ)祈りが、それほど大きな意味を持つ祈りだということです。

このあと、千歳空港から飛行機が飛び立つ瞬間までに降りたメッセージが次のメッセージです。

2012年4月5日 午前11:30のメッセージ

慈しみの神達も、時を同じくして集う。宇天会議の場、年に一度の一時なればこそ、正しく伝えて承認を得たまえ。時、同じくして、全ての存在が動くゆえ、よろしく頼む。

カムロギ カムロギ
ひもろぎの手配 頼む
よりしろとなるもの用意しろと大神申す

カムロギ カムロギ
火なれば水 水なれば土
土なれば 宇意神のおそれなく
命 捧げよ 天命 果たす時

三嶋の大神 たらちねの母の事思う
宇意天神 言うなれば声をおろす
全てのもの その口借りて 天神もの申す

ミヤマー ユーヌフツ
ヌチ神 たまゆれば ただの一言も申さず

ヤガニー神 ナチヌグスの神と申す
その一言だけ拒む (後ろの正面だあれ?)

ヤンティンバル ヌーティンバル スーティンバル

うちらの事を甘くみるなよ ただの霊界ではないぞ
命を育む神もおるし 命をくらう神のおる
その事 充分 理解させたまえヌシ神 許可とらせば許す
チジ 許さずとも 許す良いか ヌーシの神の意味を正しく知ろよ
命を育む神ぞ 良く良く考えて奉りなさいミヤマンチュー(お宮の真ん中)
歩けるのは誰ぞ!神ぞ!
まちがえるなよ!

ソー天軸 持つ者 誰ぞ?
ウズハナメの尊の妃として働き者、誰ぞ!

<S・Hさん・・・宇天巫女>

その者の命 預かった!
我らの神巫女として働きやー!

ナーヌス(名前の主)の神に言うところ
名を問われれば 正直に伝えよ
名をかくせば 命はなきぞ!
それでも良きか?

命 預けてこそ巫女ぞ!
玉となれ!光となれ!
そして、宇天神とひとつになれ!
それでこそ 神巫女ぞ!

宇天長老 物申す
天がなし なきぬれば その尊
たまゆらの神 まどう

さげすみの神 うつろいの神
泣かずんば その力蓄えて働け
命 巫女 働き明かし 示せ!

やさぐれぬ神 ヌチ玉抱えて泣きくずれ
あわれあわれと、声あげる

領域広し まどうな!
違うる神と そむくなかれ
他意なし 神の元 集まし者 全て神

2012.4.5 15:30 羽田から那覇へ向かう上空で降りたメッセージ

まだ、見ぬ物を見ようとする者たちへ

まだ見ぬ物を見る時は、自分の魂を差し出す覚悟が無ければ、容易に見せぬ。

その姿を見た者は、その覚悟を問われるからこそ、その時を、その時空の奥を見てはならぬ。

その先に繋がる物を見た者は、全ての行いを問われ、全ての思いを問われ、一切の自分を残す事が許されぬ世界だからこそ、本来は、そこ(地球)には、あってはならぬところ。

ただし、大神の所存とあらば、その先を見せる時もあるが、あくまで自分の持つ魂の責任範囲しか見えぬことも承知しておけ。
行く末に何があろうが、それは、お前たち人間の行いであり思いだからこそ、我々には手が出せぬ。
ならばと、力を貸そうとする者たちもいるが、それも許されず。
ここは、宇天の修羅場。
一切の邪魔が入らぬ、入れぬほど強固な守りの神々が連なる場所・時空だからこそ、ここにおわします神々の意思を汲み取りたまえ。
命の転生をかけて望むならば、その覚悟をみようぞ。
我々に、願いなど通用するはずもなく、また、いかにして、この意味を説くかさえ、許されぬ存在だからこそ、宇天大神のあらせらるる所存に、一括を任された者たちが出向く。
故に、全てのことは、もう決定していると、思え。
そのことを確認も、問いかけも許されぬからこそ、自らの守護、一列全てをかけて、望めよ。
天命かけて生まれた者たちが、望む場。
それゆえ、これまでの行い全てを見て来た。故に、問われるのは神ではなく、自らの魂と知れ。
神は、人を問わぬ。
ただただ、産み出し育んだ命の天命を全うする為に存在しているだけの存在。
我とて、一切の思いを残さず一瞬に消えるときがあることを知っている。
大神の申されること、天命なれば、一切の言葉を持たず。
全て、自らの中に答えを見いだせ。
問いかけは、許さぬ。
神に問うなど、1万年、早いわ。
我らのことを知るものたちでさえ、その事を口にする事が許されず、どれほど多くの間違いをしてきたか。
でも、その愚かさこそ、人間であると思うからこそ、幾度もチャンスは与えた。
この時を待つまで、どれほどの知らせをしたことか。
どれほど、その知らせを聞いて、答えを出せずに悩もうと、我らに関せず。
全て、人間が犯したこと。
全て、人間が創造したこと。
全て、人間が、望んだこと。
その意味を理解し、自らの天命をかけて望めよ。
星をくまなく歩く者たちは、惑える神と呼ばれているが、そのサイクルは、時の一時。人生のしづくが落ちるまもなく、命は終わる。
何をうごめき、何を崇め、何を信ずるかは、お前たち次第。
しかし、確かに神はおわす。
神と申すは、お前たちの子であり、親であると申す。
その意味、証を立てるように示せよ。
そこにおわす女子(M・Jさん)、もう、良いぞ。
問う事は、もうせぬ。
さすれば、成すべきことを成せよ。
罪を問う事は、もうせぬゆえ、働きをせよと、大神は申す。
故に、働き所存では、全ての権限、記憶、配慮、志、いにしえの知恵さえ、一瞬に消え去ると思え。
お前の犯した罪もあると、思えよ。
この地球の摂理に手を貸した一族なのだからな・・・。宜しく頼むぞ・・・。
この内容は、神事に入る前に読み込み、全員が覚悟して入るよう伝えております。

一番下の神様から一番上の神様の場所へ一気にご挨拶をする神事が、4/6-4/8の祈りだからです。神の御心に身を差し出す祈りが始まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です