2012八重干瀬ツアー「伊良部島 ミナトミライ」

伊良部島の東には佐良浜港がありますが、その横にゲートボール場があります。
実は、その横の大きな岩が「宇宙神」であることが、今回、初めてわかりました。
 

 
伊良部島の龍神祭を行うことを決めた時に、この場所に「ミナトミライ」の神様が降りましたし、祈った時に天に繋がることは感じていましたが、宇宙に繋がっているのを感じたのは、今回の宇宙巫女のおかげでした。
 
私たちの健在意識は、正しい情報を知ることで、無意識のチャンネルが開き、真実を知った瞬間に繋がりの記憶を思い出して、そのエネルギーを感じるようになりますが、人間の体は本当に不思議なものだと思います。
 

 
この岩の切れ目から宇宙に繋がるエネルギーが出ていることを神オバーに伝え、ぜひ、いつか、その中で祈るようお願いしました。きっと、体の細胞が若返りますし、神との繋がりも大きくなることは確実だと思います。

このあとは、船の時間が無くなって来たので大急ぎで移動して祈った為に、写真が残っていませんが、伊良部島を一人で祈りたいと思っている人は、レンタカーで、この地図を見ながら感謝の拝みをして下さい。

 


 
伊良部島の東に位置する場所には、スーフツミー(潮吹き岩)があり「沖のカナメの尊」が降りていますし、伊良部島の中心に位置するホテルの前の岩には、「龍宮大神」が鎮座されていますので、どうぞ、日本を守る南の龍の聖地に感謝の拝みをしに来て下さい。
 

これで日本の南を守る「伊良部島の龍神祭」が終わりましたので、地球の底神・人格神・自然神の神々まで繋いだことになります。
 

明日は、いよいよ1時間だけ浮かび上がる八重干瀬(やびじ)に登って、宇宙神たちへ全ての神事のご報告と許可を頂きに行きます。
 

うれしい事は、明日の八重干瀬祈りに、伊良部島の皿主 川満オジーとヌーシ御嶽の勝江オバーも同行してくれることです!
人・自然・地球・宇宙が一列に繋がる正式な祈りを行う為の最後のサニワの夜を迎えます。
 
無理だとわかってはいますが、神様、どうか、ゆっくり寝させて下さい・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です