1. HOME
  2. 天無神人ブログ
  3. 【未来教育学】天無神人の神仏心大学
  4. 人が目覚める「共時性(シンクロニシティ)」

人が目覚める「共時性(シンクロニシティ)」

人生でも、スピリチュアルな世界でも同じですが、人が新しい意識に目覚める時は、一人で悩みまくってもがいたあとに、自分より大きなエネルギーの人が、次の道を悠々と歩んでいる時間を共に過ごす中で気づくものだと思います。
※自分より気の大きな人に出会えるかどうかも問題ですが(^^;
誰かに傷つけられて辛い経験をした時ほど、傷付くのを恐れて「もう誰も信用しない!」と意地を張って一人で生きようとしがちですが、素直になって、そんな相手を選んだのは「自分も愚かだったからだ」と気づけば、過去の失敗や自分と相手の幼さを許して、もう一度、素直に人を信じる気持ちで歩き出す努力が必要だと思います。
※自分や他人に素直になれない人は、いずれ「引きこもり」になりますよ
例えば、誰かとどこかへ出かけた時に、同じ場所で同じ風景を見ていても、感じることや思っていることが違うのはご存知だと思いますが、どんな人でも同じ目的の道を一緒に歩き続けていると、時間はかかりますが、必ずいつの日か、同じ映像や同じ感覚を共有できるようになります。
信頼し合う同士が、同じ目的で言葉を発しない沈黙の時間に見る映像や感覚のことを、「共時性(シンクロニシティ)」と呼びますが、この共時性で感じた感覚を「神」と呼んだり、「信頼・愛」と呼ぶ方もいます。
男女が肌を触れ合う時間も共時性が起こりやすい時間ですが、離れていても互いを信頼し合っている人同士は、必ず、共時性がすぐに起きるものです。
母親にしか聞こえない赤ちゃんの泣き声や、恋人同士が離れていても互いの思いを瞬時に感じ合う感覚のことです。
※永い時間一緒にいても、心を開いていない同士には、共時性は起こりません。
ここで大切なことは、互いの心が「信頼」という太い鎖で繋がれていなければ、同じものを同じように見たり感じる事はできないということです。
12/29~1/3まで行った「愛と感謝の祈り」は、ものすごい大きな共時性を感じる時間だからこそ、祈っている人の顔が見えたり、一人一人のエネルギーを感じる時間になりましたが、日常でも、この共時性を感じることは簡単です。
※祈り合わせをしてくれた皆様、ありがとうございます。
難しい研究テーマを一緒に考えている人たちや、将来の夢を同じにしている人たちも、同じ目標へ向けたエネルギーを発していますのですぐに共時性が起こりやすいものですが、同じような苦しみを乗り越えていない同士が集まった場合は、一時的に仲良しになっても、本音を言うと必ず、傷つけ合う時間がやってきます。
理由は簡単で、他人に見せたくない知られたくない部分を多く持っている同士は、お互いに逃げ込みぐせや愚痴や不満を言い続けているので許しあいますし、その人たちの共通項は、「他人のせいにしている」ことが原因です。
もっと深く過去をさかのぼると、本当は、自分にも非があることを隠しているからです。
自分が素直になろうと努力している時に、相手が本音を隠している姿を見ると、つい、イライラするのも、自分の中にまだ、わかってもらいたい甘えの思いがあるのだと思います。
家族、恋人、夫婦、会社の仲間、趣味の仲間も、同じ学びを繰り返しています。
家族ほど、他人に見せたくないことを知っている人たちはいないので、一番安らぐ人のはずなのに、一番、辛い相手になる理由も、これで理解できると思います。
※親に言いたい事が言えない自分、信頼している人に自分の本音を言えない自分、もうボツボツ、解決しましょうね。
家を出て、自分勝手に生きた人ほど実家に戻りたくない理由は、自分の自由を謳歌したいだけではなく、実は、家族との言葉のやりとりが辛い時間になるからです。
他人同士でも、仲が良くなるほど甘えも大きくなりますが、この甘えの度がすぎると、必ず、家族と同様に「依存と嫉妬が強くなる」ので傷つけ合う場合があると注意して下さい。
ある日突然、仲が良かった人と縁を切って、自分のしたいことをし始める時ほど、過去を否定して進むタイミングなのだと思いますが、人は、過去を振り返る時ほど「今」を感じていませんし、未来を見すぎた時ほど、今の自分に自信がなくなっているものだと気づいて下さい。
※ようは、「今」を生きていないのです。
これまでの人生で経験したことは、全て自分が良いと思って選んだ道なのに、結果が自分の思った通りじゃないと、他人のせいにする「くせ」はよくありませんよ!
「今」を生きている実感や喜びが足りないと思っている人たちは、必ず、今、すぐに自分にできる「喜びの道」へ進んでいない証拠ですので、小さな一人でできるやりたいことをすぐに行って下さい。
誰かが決めた道に乗ったのもあなたなのですから、結果が思ったとおりでなくても、他人のせいにしている限り、この人生を喜びにすることも、目の前の現実を変えることはできませんよ。
そんなあなたに大切なことは、まず、自分の心の中で過去を否定するのをやめて、過去に出会った全ての人の出会いと経験に感謝することで、未来の扉は開きます。
寄り添う家族や愛する人を失った時ほど、心に大きな穴が空いたように感じますが、その空虚な感覚こそ、失った愛の大きさを感じるための大切な時間なのです。
愛は、常に、あなたの周りの人と人の間にありますし、あなたが気づかない時でさえ、誰かが愛のエネルギーをあなたに送ってくれていることも忘れています。
人間は、「孤独という愛の世界」も知っていますが、「共時性」という大きな愛も魂に与えられているからこそ、「我」をはって一人で生きようとせずに自分の心に素直に誰かに寄り添って生きて下さい。
人間に、孤独と共時性の愛の両面を与え、さらに肉体まで与えてくれた意味は、過去にどんな経験や思いをしたとしても、「今」という瞬間を愛に溢れているかどうかを感じる為なのです。
最も重要なことをお伝えします。肉体の喜びを低く見ないで下さい。
神が与えた肉体であり、神が与えた欲望だからこそ、どうやって、自分や相手に喜ばすかを工夫する為に、「創造力」という知恵を生まれつき与えられているのは、人間だけなのですからね。
「この世で起きる事は、人間が目覚める為に必要な体験と気づきであり、その全てが愛だ」と気づいた人たちは、目の前の愚かな行動をした人を許すために、全て自分のせいだと思って、お詫びと感謝の祈りを続けてくれています。
※これが、母なるマスターの思いだからです
人生は、「何かをするもしないもあなたの自由」ですが、自分のマイナス思考や心の中の攻撃的な思いを全てが罪だ、悪だと思い込んでいる間は、人生のほとんどの時間を「苦しみから逃れるための葛藤の時間」にしていることに気づいて下さい。
若さや肉体や健康や大切にしていたものを失った時に、このことを気づく方もいますが、今、あなたがまだ生きていて、動ける肉体があるのなら、自分を認め愛し感謝してくれるのは誰だろうと探す前に、自分自身が囚われている過去の罪と悪を許して、自分自身に対して愛と感謝が足りないのだということに気づいて下さい。
今、与えられている肉体、環境、出来事、大切なものを失う事や傷つくことが、愛の一部だと気づく為に、世の中には色々な情報や出来事が起きているのだと気づいた人たちは、必ず、自分を信じきれないからこそ、誰かを信じて前に進む努力をしています。
人は、誰かと居ると、何かをしたくなるものです。その行為こそが、愛であり、欲であり、喜びを産み出す創意工夫の時間であり、自分の創造力を高めてくれる相手なのです。
今、誰があなたを愛してくれているかを確かめたければ、どうか、本音で生きることを決断して下さい。
※あなたが本音で生きた時に、受け止めて認めてくれる人があなたを愛してくれている人です。
もう誰かの為に生きるのも、自分勝手に生きるのも、本来の動物本能から考えると、理性的ではないことも知っているはずです。
本当の愛は、全て、誰かとの「共時性」の中にありますので、どうか、大切な時間を共有してくれる人たちを大切にして下さい。
これからはどんどん新しい目覚めをする人たちが増えると思いますが、自分に起きている全ての出来事や感じた感情をどう判断するかは、あなたの心がけ次第だとお伝えしているだけです。
肉体を持って産まれた人間は、全宇宙を創造したマスターからの最高の贈り物なのですから、生きているうちに、自分の信じる愛をもっと大きくたくさんの人と感じて下さい。
これから自分の人生全てを喜びにするか、苦しみするかは、あなた次第です!
これからあなたが人生をどう生きるかは、あなたの自由だからこそ、愛に、そして、喜びに生きると決めた人だけが、次のステージへ上ります。
過去を振り返って「○○○にならないようにしよう」とか、傷付かないように生きようとするよりも、100%自分が選択した人生なのだと思って、善悪の「囚われの心」を捨てて下さい。
辛い体験をした時こそ、自分が与えたものより奪われたものが多いと感じますが、選んだのは全て自分なのですから、誰かを問う心に映るものは、愛の鏡に映った自分自身だと気づいて下さい。
愛は、ワクワク創造するだけ大きくなり、全ての命と共鳴しながら、宇宙へ愛のエネルギーを発信します。
新しい時代を迎えた今だからこそ、あなたもどうか、次のステージへ上がって下さい。
共に、歩いてくれる仲間がいるうちに・・・。
一人ではないと魂が知っているならば・・・。

愛と勇気と希望溢れる皆様と共に居られて幸せです、ありがとうございます。

アーカイブ

Translate »