誕生日前のエネルギー変化

私自身も、また誕生日を迎える時期を迎えていますが、ただでさえ、年末年始は色々あるのに、本当に誕生日の数週間前からエネルギーが揺れ動くので毎年、大変です(^^)
 

特に2012年は、「大変革の年」だったからこそ、神事で重要な場所の封印を開けた思いの対応にあけくれましたが、まだまだ、隠された真実を皆様へ伝えなければいけないことあると感じていますので、できることから一歩一歩進めていきます。
2012年は、宇宙の時間軸が大きく変わる年だった為に、各チャンネルごとに宇宙から届くエネルギーも変わりましたが、特に私はクリスマスや年末年始に体のエネルギーが下がりました。
時々、怒りの感情が出た時もありましたが、この怒りがどこの誰の思いなのかを読み取りながら、冷静に対応していました。
身体に人の思いや不安定なエネルギーを感じやすいタイプの人は以外に多いと思いますが、私の知り合いにも敏感に感じる人が多いのでいろいろな体験を知っていますが、最近、面白い体験をした人をご紹介しましょう。
この女性は、数年前に父親を亡くした方で、自宅のマンションに仏壇を運び、大切にしていましたが、ある日、突然、肩が重くなり、痛みが出て困っていました。
多少メッセージは伝えましたが、あとで本人が気づいたことは、なんと!、お父さんの命日だったことを忘れていたことが原因でした!
大切にしたい気持ちがあっても、つい忘れるということもあるでしょうから、ご先祖は、直接、体に痛みで知らせてきたんですね~(^^)
ここで覚えておいて欲しい事は、肉体に直接、痛みが出るほとんどの場合、自分の肉体を作ってくれたご先祖のDNAを通して「痛み」というエネルギー共振をさせる場合が多いので、まず、ご先祖に関わる日が近づいていないかを確認してできることをすぐにして下さい。
特に、「左半身の痛みはご先祖からのメッセージ」だと思って間違いないので、痛みの場所に手を当てたり、自分の心に聞いてみて下さい。
どうしても理由がわからなければ、お詫びと感謝の心で、痛い場所に手を当てて「ありがとうございます」を繰り返し唱えて下さい。
誕生日にエネルギーが変わる事を気づいたのは、もう15年前からですが、突然、やる気がでなくなったり、ものすごく体がだるくなったり、重い重石を背中に乗せられたような感覚になるので、最初は戸惑いました。

毎年同じ時期に、この状態になるので、自分で身につけた教訓は、①なるべく人に会わないこと、②心や体を無理に動かさないことです。
そうしないと、感情が荒れて、思ってもいないことを口ばしったりしますので、ご注意を!!
誕生日やご先祖の命日以外にも、満月が近づくと気性が荒らくなる方もいますし、新月が近づくと、悲しくて寂しくてやり切れない感情に押しつぶされる方もいます。
他には、宇宙の星の動きで感情や体調が崩れる方もいますので、自分の感情や体調が、どういう周期で乱れるかをちゃんと調べて把握しておくと、周りの方にご迷惑をかけませんよ!
蛇足ですが、血液型のABの方に教えてもらったことですが、男でも月に一度、自分ではどうにもならない感情が溢れる日があるので、なるべく人に会わないようにその日を過ごしてますと教えてもらったことがあります。
血液型は、人間のDNA配合によって記憶されている進化の結果ですので、決して、4パターンで性格を決めつける事はできませんが、ある傾向を持っていることは確かです。
どちらにしても、自分の感情が不安定になる原因が他人のせいではなく、自分自身によるものだと気づいて、自分自身の感情パターンやサイクルを知って対応して下さい。
魂記憶で持ってきた性質(たち)は変えられませんが、人との経験で身につけた「性格」はいくつになっても変えることができますので、良い思いぐせ、良い心がけ、良いことば、良い行動を意識して過ごしましょう。
今日より明日、あなたが幸せを感じる事を祈っています。ありがとうございます。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました