8月4日宮城県沖地震(震度5強)について

8月4日、お昼12:28に発生しました宮城県沖地震(震度5強)について、ご説明します。

発生時刻 2013年8月4日 12時28分頃

震源地  宮城県沖
最大震度 震度5強(石巻市)
位置 緯度 北緯 38.2度 東経181.8度
震源 マグニチュード M6.0
深さ約60km 
 
2011年3月11日に起きた東日本大地震後、地球内部の龍と対話し、震度5以上は地球内部の「神知らせです」と皆様にはお伝えし続けてきましたが、東日本大地震が再び起きるのではないかとご心配されている方も多いと思いますのでお知らせします。
まず、この地震が発生した時刻は、7/7に新しく繋いだ「瀬織津姫エネルギー」を兵庫県の北斗七星結界(妙見信仰)の「二宮神社(兵庫県神戸市中央区二宮町3丁目1-12)」の椋白龍社で祈りを終え、サニワをしている最中に携帯アラームが鳴り、地震の知らせが入りました。
 
東日本大地震後、同じ場所で今後も大きな地震が起きる可能性があると伝えた地震学者方がいたからこそ、私は常に、東日本地域の揺れには注意をしていました。
 
地球内部を護る龍と対話した内容をご説明します。
 
この地震でわかったことは、「二宮神社の椋白龍社」が、東日本大地震を起こした震源地の龍と繋がっているという意味ですので、関西全域を守ると宣言した男神と、兵庫県代表の巫女の三名で対策を練りました。
 
大きな被害が出る地震を起こさない為の方法は、まず、「私が住む土地を守る!」と宣言した兵庫県の土地代表巫女が、東日本地域に悲惨な地震が起こさないための祈りを一生続けるという神と契約をします。
 
同時に、関西代表男神は、「兵庫県巫女と関西と日本を守る」という神契約をし、私は日本全体と地球全体を守る龍たちに、この契約を報告しました。
 
大きな地震を起こす地球内部のエネルギーは、噴火や大津波を起こすのではなく、そのエネルギーを幾つかに分散して他の場所に出すことができますので、そのための祈りをして下さいと巫女には伝えました。
 
「人間の祈りで、地震や噴火を変えることができるのか?」と問う方もいるかもしれませんが、それはあまりにも無知な発想です。
 
古来から人間の生命を守る繋ぐ祈りをしている方達はたくさんいますが、一般の方には存在すら伝えられていないのが実態ですが、実際にいることはご認識下さい。
 
私がお会いした沖縄の神人(かみんちゅ)の中にも、数名、日本全体の命を繋ぐ祈りをしている方たちがいますし、地球人類の命が永遠に続くための祈りをしている方にもお会いしたことがあります。
 
こういう祈りをする方は、全て女性です。
 
理由は、女性が全ての命を産み出す為の身体を持って生まれ、実際に子供を産んだり、神の子を産むことができるからです。
 
命を産みだすための「陰陽和合・陰陽合一の祈り」には、必ず、男神と神契約をする必要がありますし、そういう神事をしてくれている人達がいるからこそ、神が産まれたり、人間の命が産まれるのです。
 
神産み、命の産み出し、陰陽和合、陰陽合一の祈り」には、太陽系全ての生命を守っている瀬織津姫のエネルギーが必要だからこそ、もっとも高次元なエネルギーを愛に転換して命の循環を整える神事をする方達が今も、いるのです。
 
沖縄という土地は、第二次大戦で世界中の人たちが亡くなった土地だからこそ、その御霊たちが、新しく地球に生まれ変わる為の「命の再生循環の祈り」を続けている女性たちがたくさんいらっしゃいます。
 
東日本大地震が起きた時も、我が子を失った母のように、「私の祈りが通じなかったのは、私の精進が足りなかったからだ。」と、とても苦しんでいる神人にお会いしました。
 
そういう素晴らしいお気持ちのある神人、神子たちは、沖縄本島を日本のひな形にして、新しい命が生まれる為の祈りを、今も続けてくれています。
 
私は、今回の関西神事ほど、神事中の祈りに重要な意味と力があることを体感したことはありませんでしたので、関西の仲間たちと今後の神事の目的を、命の再生と生命循環が続くための「瀬織津姫の陰陽合一・神産み神事を行うことを決めました。
 
今後、全国で行う神事も同じ目的で行いますので、どうぞ、愛の循環、命の再生、生命誕生の祈りに参加したい方は地球創生勉強会と神事にご参加下さい。
 
祈りだけに依存するのではなく、現実でするべきことは、祈りをした分、常に、万全な準備と対策をすることも重要ですので、東日本で被災した方達や復旧の為に全国から働きに行っている人達の安全を一緒に祈りましょう。
 
私たち人間は、全員が、この生命が生まれる祈りをしてくれた方達の力によって生まれてきたのですから、あなたに子供がいようといまいと関係なく、地球人類、そして、日本の未来に希望を持って生まれる子供たちが増えることを一緒に祈って下さい。
 
これから行う瀬織津姫の陰陽合一・神産み神事は、流産した子供たちや堕ろした子供たちの御霊の再生を早める力がありますし、家族を事故や病気で亡くした方達も、新しい命となって、また、この日本に家族として生まれることを一緒に祈ることができます。
 
先祖たちを見守る大きな神たちも、皆様の愛の循環祈りによって新しい命を生み出して下さいますので、どうぞ、あなたも一緒に祈りましょう!
 
現在の時期は、旧盆と新盆の間なので、ご先祖たちや霊界が近い次元にいるからこそ、こういう祈りがとても必要な時期だと気づいた方は、自分の子供だけではなく、世の中に、そして、この日本や世界に健康で元気な子供が生まれることを祈って下さい。
 
全ての命を司る瀬織津姫のエネルギーを、ひとつでも多くの場所や人に繋いで下さい」と言ってくれた関西の神の想いを、私たちは全員、魂で受け止めてこれからもがんばりますので、どうか、応援・ご支援を宜しくお願いいたします。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です