旧正月(1/31)を迎えるにあたり

今回、初めて十二月に出雲と一月に伊勢で祈りましたが、読み取った内容は別として、とても魂が歓ぶ体験ができたことに感動しています。
やはり、出雲や伊勢の地には神々が集まる特別なエネルギーや思いがあるからだと思いますが、誕生日前後の不安定な時期に大きな神場所に行った体験は、精神的を安定させる特別な効果があることも実感しました。
参加した皆様一人一人の笑顔と気付きが大きかったことも大きな結果だと思いますが、私自身、これまでにないとても魂的に良い年の迎え方ができたと感じたので、2014年12月の出雲神事と、2015年1月の伊勢神事を企画することを決めました。
日本人の精神性を導き続ける天照大神の裏と表のエネルギーを繋ぐ体験をあなたも体感してみて下さい。
どちらも、二泊三日くらいのゆっくりした予定で組むつもりですが、詳細が決まりましたら公式ホームページで公開いたしますので、参加したい方は、早めにメールで参加のご連絡をお願いします。
今回の伊勢神事の大きな目的である「天照大神の裏と表の神力の統合」と、「三種の神器の納め」は無事に達成できましたが、神事のあとに残った巫女達のカカリを地球創生SNSの中で公開し合ってみると、まだまだ、取り組まなければいけない神の思いがフツフツと伝わってきましたので、毎月行っている神事ワークの中で取り組むように準備しています。
私達が今回行った出雲と伊勢の神事がどこに影響しているかを気付いている方は少ないと思いますが、実は、皆様の「無意識」に影響がある土地に残っている想念と、巫女の記憶がある女性達の心に大きな影響を与えました。
ここで質問ですが、想念の文字にある「念」の意味をご存知でしょうか?
「念」は、”今の心を固定する”ことを意味する言葉ですので、強い念で祈った土地には当時の思いが今も記憶されています。
人も誰かを恨んだり憎んだ思いを記憶にしまっていると思いますが、それも「念」として残っています。
「念」は、その時の思いを止めたままにする意味の言葉ですので、「思い」のように自由に変化しませんので、完全に取り除かなければ何度も何度も同じ思いに苦しむ体験を繰り返します。※がん細胞と同じです
私達が行う地球創生神事は、過去の歴史を紐解いて土地に残っている「念」を外しながら、当時の思いを愛に変えるために行っている神事だとご理解下さいませ。
私はこういう神事を10年以上続けていますが、それが「地球内部の浄化の役目」なのだと今回初めてわかったくらい、自分が人の為に一生懸命していることの意味は以外にわからないものです。(^^;
だからこそ、改めて皆様にお願いなのですが、今まで一人ではどうにもならない苦しい思いが急に外れて心が軽くなったり、気分が楽になった人たちがたくさんいるはずですので、どうか、その心地良さをもっと大きくするための行動をして下さい。
今、普通に暮らせている素晴らしい時間の感謝を、たくさんの人に行動で伝えて下さい。
このことをお伝えした理由は、まもなく、2014年の旧正月を迎えるからです。
新暦でお正月を迎えてから旧暦でお正月を迎えるまでの時間は、特別な時間なのはご存知ですか?
この時間をあえて表現するなら、「現実と冥界の狭間の時間」と同じです。
旧正月を迎えた段階で冥界に繋がる裏門が完全に閉まりますので、嫌でも前に進まなければいけないテーマが皆さんの目の前にどんどん突きつけられますが、もう準備はできたと思いますので、やるべきことを頑張って前へ進んで下さい。
それと、日々、何となく過去に思った終わったはずの思いが突然、湧き出てなぜだろう?と思うことがあると思いますが、無意識からのメッセージは感覚的に物事を捉える右脳に連動しているため、心が素直な人ほど他人の想念を感じて連動してしまう人が多く見かけます。
電車や人ごみに長くいると気分が悪くなるタイプの人のことですが、長引くと、現代医学では統合失調症やうつ病と決めつけてしまう為に、受け取った想念の処理を正しく学んでいません。
他人の「念」を受け取りやすい人たちにアドバイスしますが、日常心がけることは「自分の浄化」であり、魂をピカピカにしておくことが第一ですので、誰かに言われたことを気にし過ぎたり、無視し続けるのをやめて、自分にも、他人の良い言葉にも素直に生きるための自己浄化と魂の鍛錬を続けて下さい。
魂の鍛錬をするには、自分が決めたことを最後までやり抜く事で身に付きますので、どんな理不尽なことでもひとつの答えが出るまでやり抜いてから次へ進むようにして下さい。
以前に、2014年からの5年間は今まで以上に「右脳活性をして下さい」とお伝えした理由を説明しておきます。
ひとつは、現在の日本人の精神性があまりに弱っているため、諸先輩達が大切に守って来た大和魂の民族の繋がりが切れかかっているからですが、今の60代以上の方達や先祖たちが守ってきた強い精神性と共時性に守られている間に、私達若い者が日本人の新しい精神性を作り上げなければ、民族として崩壊に向かう可能性が高いと感じています。
現在の日本にもし攻撃を加える集団がいた場合、攻撃を非難する人はたくさんいますが、自分から防御の為に動く人たちがどれくらいいるでしょうか?
それをすぐに対応できないのが、今の平和ボケした日本人の実態です。
誰かがやってくれる、誰かが悪い、自分は悪くない、自分のせいではない・・・これは、子供の発想です。
この世の中で起きることは全て自分のせいだと認めて、自分が何をしなければいけないかを考えて示せる大人達が増えなければ、日本という国家も民族も家族も守れないということを自覚して行動して下さい。
もうひとつの理由は、これからの5年間に起きる事が過去に経験がないほど色々な出来事が起きるからですが、どんな境遇に追い込まれたとしても決して未来をあきらめない強い精神性の繋がりこそが未来を守る力になりますので、共時性の繋がりを強めるために右脳活性によるテレパシー交信が必要な時代になります。
「百匹目の猿現象」をご存知の方はすぐにわかると思いますが、一人一人の行動や意識の積み重ねは必ず、ある一定の段階になると爆発的に広がるという宇宙の法則です。
考えてみて下さい。
私達が今、普通だと思っている物は、この30年だけみても、ものすごいスピードで変化しました。
「音楽を聴く」ということだけ考えても、レコードからカセットテープ、CD、MD、DVD、iPodなどのハード面の変化に加えて、20年前から一気にインターネットが世界に広がりスマートフォンが普及したため、今はどこにいても無線で通信ができる時代になりました。
※全ての通信が無料になるのも10年~15年以内だと思います。
あとは目に見えない色々な周波数の電波が飛び交う情報をどの受信器で受信するかだけの違いになりますので、いづれ、右脳という受信機に直接、繋ぐ技術も見つかるはずです。
人間の脳は、常に、受信と送信を繰り返していますので、増幅する周波数の法則を理解できれば、そこにアクセスすることは簡単です。
ただ、人間だけが持っている唯一の能力として、送受信の周波数を変えることができます。
この原理を全て理解するのも、あと50年以内にはできると思います。
100年後には、脳の思考コントロール方法もきっと見つかるはずです。
私は、科学者ではありませんが、宇宙で起きた事や地球上で繰り返された全ての出来事の意味を全宇宙の創造主マスターから西暦2000年に教わりましたが、あまりにも知った情報量が多すぎることと、当時、皆様に公開しても理解してもらえない理由で10年以上眠らせてきましたが、2014年からは、徐々に創造主マスターが教えてくれた宇宙の記憶や地球上で起きている物事の理由を皆様へ公開する予定でいます。
私が生きている間にどれくらいの量の宇宙の記憶情報にアクセスして公開できるかわかりませんが、次の時代を導く人たちが同じ過ちを繰り返さないために公開するという点をご理解下さい。

「真実の情報を知れば、未来は予測できる」からこそ、真実を知る責任をうるさく言い続けてきましたが、必要な人たちに真実を公開する時期がきたと感じています。
創造主マスターは、私達人間のさらなる進化を望んでおられますし、過去の大きな失敗に囚われない為に記憶を消して生まれさせてくれましたが、魂の奥底には理解できない思いが残像として残っているからこそ、今世も同じ失敗を体験することでしか、過去の経験を想い出せないため、これまでの人類の進化は遅かったのです。
しかし、地球全体は、もう70億人を超えてしまいました。
※たった40年間で、二倍になってしまったのです。
このまま爆発的に人口が増えれば、とうぜん、食料の確保と住む場所の確保に人間は動きますが、地球の資源には限界があります。
他の国や星を侵略するという同じ過ちを繰り返しても人間の進化ではないからこそ、私達はもっと大切なことに早く気付かなければいけないのです。
だから私は、宇宙に眠っている過去の記憶を全てお伝えすることで、未来を導く人たちへメッセージを届けたいのです。

「全宇宙の記憶の公開」をどういう形で公開するか決まりましたら「地球創生無料メルマガ」を登録している皆様へ、いち早くお届けしますので、どうぞ、お楽しみに!
では、まもなく迎える2014年の旧暦の新年(1/31)を一緒にお祝いいたしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です