1. HOME
  2. ブログ
  3. ◯天皇家・出雲・伊勢・大巫女・倭姫命
  4. 【関東】出雲大社東京分祠・東京大神宮

【関東】出雲大社東京分祠・東京大神宮

2013年12月に行った出雲神事の神々の思いを関東にある出雲系と伊勢系の大事な神社に繋ぐ目的で、関東の仲間たちと神社を回りました。(12/15実施)

スタートは、日本の東を守る関東の中心地として宇宙神エネルギーを明治神宮の宝物殿前にある大きな岩に繋ぎましたので、心静かに立っているだけで初めての方でもわかるくらい大きなやさしい波動に皆さんが包まれました。


まず、出雲系の古い社として「出雲大社東京分祠」にご挨拶に行きましたが、驚いたのはビルの中に神を祀っていることです。




「祓社」ではとても力のある言葉を下さいましたが、本殿は、出雲へやっと御報告ができるくらいの神力だったので、少し、残念に思いました。やはり、神力は土地と自然エネルギーの繋がりで産まれるものですのでビルの中だと弱いのでしょうね。

次に、伊勢系の「東京大神宮」へ行きましたが、この場所には驚きました。

やたらとアベックや若い女性が多いと思って聞いてみると、縁結びに力があると雑誌で話題になったようですが、祭神のどれを見ても、そういう神はいないのですけどね~(^^;

◎東京大神宮
祭神:天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)
豊受大神(とようけのおおかみ)
【造化の三神】
天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)
高御産巣日神(たかみむすびのかみ)
神産巣日神(かみむすびのかみ)
倭比賣命(やまとひめのみこと)


門の右手にある「飯富稲荷神社」に「出雲神事のご報告をしに来ました」と挨拶すると、「いや~、ちょっとどうかな~」と、訳の分からない言葉が返ってきました。


何と失礼な返答だと思いましたが気を取り直して、本殿参拝の長い列の横から祈ると、本殿神も、「ご苦労様でした、一応、承っておきます」とだけ答えが返ってきました。


この神言葉を聞いて、この神社の全てのことがわかりましたがとても情けないと思います。

人間の欲望と念が強すぎるために神社の神力が落ちていることはこの神言葉でハッキリしましたが、神社の神力を維持できるかどうかは「宮司さん」次第ですし、毎日、氏子や参拝客の念をきれいに祓うのも神職の仕事のはずです。

毎朝、きちんと禊をして、朝夕のお務めをなさっているのかどうかはわかりませんが、神心がある皆さんは次の事を覚えておいて下さい。

◎神社の神力は神職の最高職である宮司さん次第ですが、神を守る人がお金儲けに走ると、必ず、魔が集まって神社の神気はなくなります。

では良い神気を出している神社はどうやって見分けるかというと、次の点を覚えておけば皆さんでもわかります。

1、神社の外、中に関わらず、常に、ゴミがなく清掃されていて清潔。
2、手水舎に水があり、常に、清潔感がある。
3、神社内の木や植物が自然な姿で、元気一杯に成長している。
4、お札を売っている巫女さんや神職がやさしい笑顔で気持ちの良い対応をしてくれる。
5、本殿の真正面に立って、目をつむっているだけで神気が身体に満ち溢れる。
6、鳥居を潜る前と、参拝後に鳥居を出たあとの気分がハッキリ違う。

本来の神社の役目は、土地の皆さんの生活の安全や平和を守る土地神様の守り場所だからこそ、その場所へ行くだけで心が休まるのが良い神社ですので、近くに良い神社がない場合は、明治神宮の「光岩」へ行って静かに時を過ごして下さい。

どの神社の神気よりも高い周波数に繋がっていますので、その場にいるだけで心身がクリーニングされます。

初めて神事ワークに参加した方も多かったので、これまで都内を回って印象が良かった神社を二つ、ご案内しました。

※私が都内でオススメする神社は、「穴八幡宮」と「神田明神」です。
◎穴八幡宮 東京都新宿区西早稲田2-1-11  祭神:応神天皇・仲哀天皇・神功皇后



◎神田明神 東京都千代田区外神田2-16-2






※特に、関東全域の総氏神である「江戸神社」は関東全域の古い土地神をまとめている素晴らしい神様がおられます。








人間が造った社には様々な歴史や思いがありますが、神社は日本人の心の中にある大切なものを静かに思い出す場所ですので、大切に守っている氏子さんや神職、そして、お祭りを支えているたくさんの皆さんがいることに感謝の気持ちを示しましょう。

「今日も生かされている」、ただ、その感謝だけを伝えに行くような素敵な心を持った人たちを神様は静かに見守っています。

アーカイブ

Translate »