1. HOME
  2. 天無神人ブログ
  3. 【世界】吉岡一門・天皇家・先住民
  4. 京都 愛宕山(あたごさん)自然神神事ワーク

京都 愛宕山(あたごさん)自然神神事ワーク

静岡県の秋葉神社に続き、関西の「火の神の力と知恵」を借りる為に、京都 愛宕山(地元では愛宕さんと呼ぶ)に自然界の神々と向き合い方を教える登山神事ワークを行いました。

標高924mなので気楽に思って登りましたが、予想外に体が辛い山であり、また大変重要な自然界の神々がいる山であり、本当に登ってよかったと思いました。

●「清滝 表参道登山口」に集合し、出発前に、山の神様へのご挨拶のマナーを簡単に教えて橋を渡ると、紅葉が始まり、美しい色合いを見せてくれました。

関西の仲間たちが事前に登り状況を聞きましたが、今年の台風21号で多くの木々が倒れ、これでも大分、良くなった状況だそうです。しかし、これだけ山の木が倒れる原因は、山の木を一斉に切りすぎて同じ種類ばかりを植樹した人間のせいなのだと覚えておいて下さい。

水が湧いている場所を見つけました。見るからに、この場所を守る「岩の神」がこちらを見てますので、目的を告げて水を頂きます。飲むと、まろやかで水の粒子が丸く細かいので波動が高い水だとわかりました。

●自然界の神は、大きな樹に降りるからこそ、その神気を感じた人が祀ったのでしょう。素晴らしいエネルギーの場所でした。

●登山道の右手に、水が湧き出す「井戸」を見つけました。落ちないように柵をしていますが、この場所に神様がいることはわからないのでしょうね。人間の命を守る水が湧き出す場所には、必ず、神様がいらっしゃいます。

●愛宕山には、たくさん素晴らしい樹の神様たちがいますのでご紹介しましょう。男の樹と女の樹、命を守る樹、頭を良くしてくれる樹、生命力が上がる樹、大地に根付いてしっかり生きる力を与えて下さる樹など、「大きな樹の枝ぶり」を見ているだけで人生の生き方を学べる知恵がたくさんあります。気づいた方は、どうぞ、手と心を合わせて下さいませ。

●この場所に挨拶をすると、神気の扉が開きます。

●頭が良くなる樹

●神様をお祀りしていた場所が壊れましたが、今も、神様はいますので手を合わせて下さいませ。

神の心がわかる人たちが来ると天候も変わり神気に満ち溢れ、私たちを歓待して下さいました。

●倒れた樹をくぐった先には、「特別な岩の神様」がいらっしゃいますので、ぜひ、手を合わせて下さいませ。

●愛宕さんは、もともとは違う名前の山だったそうです。

●とても珍しい場所を見つけました。樹の股は、女性の子宮を意味し、命が生まれる神が宿る場所ですが、この中には、男根もあり、まさに、子供を欲しい人たちにとっては最高の祈り場所です。若木を削り、新しい命が生まれる祈願をしています。

この太い樹から先は、さらに神気が上がります。

●樹と樹が助け合い生命のつながりを表す樹(助け合う生き方をせよ!)

●神職が守るお宮にも手を合わせました。

白髭神社にご挨拶

●神が降りた樹を守るお社

●白髭神社

●稲荷社(古い時代にこの山を守っていた秦氏への感謝

 

この山ではイノシシも神の使い

 

アーカイブ

Translate »