2020年09月18日 メッセージ

世の中の動乱がどうあろうと、自らが自らの判断で生きるためには、必ず、先人の知恵が必要だ。

 

世の中がどれほど進化しても、人間が寄り添って生きる知恵は、生涯、変わることはない。

 

自由を謳歌し、個人主義を主張するものほど、誰かに守られて生きていることを忘れている。

 

私たち人間は、どんな状況に陥っても、お互いに命を守り合う仲間が誰なのかを知らないと生き残ることはできない。

 

家族が大事と言いながら、親と離れて住んでいる人が多い現代は、一人一人が今、住んでいる場所で誰が自分の命を守ってくれるのかをわかっていなければ、いくらお金があっても、友達がいても、いざという時の対応などできないものだ。

 

誰もが緊急時になると、自分の命を守る行動に出る。

 

その時、大切な子供や家族が近くにいない場合を考えるとき、一人一人が自分の決断で生き残る知恵を持たなければ、生き残れない。

 

親も子供も老人も、その知恵と覚悟をする必要がある。

 

科学や文明の進歩に、依存してはいけない。

 

上手に付き合いながら、自らが大切にしたい命を守る知恵を仲間たちと考え出しなさい。

 

後世に伝え残す知恵、生き残る知恵、そのための人との付き合い方を全ての親は教えらるなければいけない。

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました