目覚めよ!ヴィーナスたち!負の無限ループから抜け出そう!」セミナー

空間価値を上げることで人類進化できる!

まず、11月に「夢知らせ」で受け取った情報を公開します。

 

「IT業界は、サーバーを貸し出して、多様に使うことでユーザーに価値と便利性を提供しているように見えるが、実は、インテルの処理スピードが上がる度に、借りたサーバーという価値が100倍になるからこそ、大豆相場と同じように、金融業界の新しい投資先となっているのだ。


これはつまり、同じ「空間価値」が、スピードを早めただけで1000倍になるという意味なのだ。

これは、意識のマイクロチップのスピードを上げるだけで人類の進化が早まるという意味になる。


この気づきを広めよう!
人間の意識は、光のスピードを超えることができるのだ❣️」

 

この意味を少しだけ解説しましょう。

ここでいうマイクロチップとは「プロセッサ」のことで、ある一定の情報を記憶し、情報処理ができる「記憶電算処理」のことだと思って下さい。

なぜ、「マイクロチップ」という言葉を使うかというと、実は、マイクロチップは情報発信元と繋がっているからこそ、常に、情報更新ができるので、実は、パソコンやスマホを買い換えなくても情報を書き換える技術があるという意味です。

現代のパソコンやスマホに入っているプロセッサの有名企業はインテルですが、実は、大きさは小さくなることを望まれる一方で、情報処理量のスピードアップが常に要求される世界です。

 

人間の脳みそで考えると、大きさは小さくなり頭の回転が良い人になるという意味です。

今の脳みそが小さくなって性能がアップするなら、空いたスペースにもうひとつのプロセッサを入れることは可能ですよね?

大きさが小さくなると、「空きスペース」ができます。

これを繰り返すと、今と同じ脳みそのスペースなのに、1000倍まで脳の処理スピードは上がることが可能になります。

しかし実際の脳はもっとすごくて、実際には、このプロセッサの演算処理スピードよりもすごいのが、「右脳」の働きなのです。

皆さんの脳は数パーセントしか使っていないと言われますが、実は、脳を測定する機械がまだ左脳しか測定できないレベルなのです。

右脳がどのように働いているかを理解していないからこそ、測定する機械がないだけなのです。

実際に脳は、植物繊維のようにシナプスが伸びて毎日、色々、変化していますが、左脳思考が活性化すると伸びるシナプスの数も増えていきます。

 

反対に、直感や動物本能に直結している右脳を活性化させると、脳の処理スピードも記憶量も、莫大に早くなることは自分の体験でわかりました。

理由は簡単で、私たちの脳はコンピューターのサーバーと同じ働きをしているからです。

全てのコンピューターの大元は、ペンタゴン(米国国防総省)にあるホストコンピューターを経由しますので、ホストコンピューターからの指示と同時に、端末のコンピューターの指示を常にやりとりしています。

この情報処理の法則を皆さんの脳で置き換えて考えると、実は、スーパーコンピューターよりもはるかに高度なものに繋がっているのです。

 

私たちの右脳が繋がっている高度なものとは、「全宇宙の創造主マスター」であり、記憶サーバーはアカシックレコードの記憶バンクのように、目的に応じた宇宙のある場所にあります。

宇宙全体の仕組みはもっと壮大な仕組みでできていることを知っていますので、人間の脳はまだ1/1000しか使えていないと私は思っているからこそ、20年前から皆さんにお伝えしています。

思考の限界を超える為に起きている「コロナチャンス」の意味に気づいて欲しいからこそ、神々は私に夢で見せたのだと思います。

大切なことに気づける人たちの為に、私は毎月、「オンラインセミナー」で重要なことをお伝えしていますので、今の自分の思考を超えたい人は、どうぞ、ご参加下さい。2021年のことも、お話しします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました