2021年2月13日 23時08分ごろ 福島県沖 震度6強の地震対応について

2021年2月13日 23時08分ごろ 福島県沖 震度6強の大地震発生

昨日(2/13) 、23時15分頃に仕事を終えて2階のリビングのテレビを付けると、久しぶりに、福島県沖に大きな地震が発生したことを知りました。

すぐに、福島県田村市にいる地球創生の仲間へ安否確認をしましたが、特に問題はないそうです。

●2021年2月13日 23時08分ごろ 福島県沖 震度6強 マグニチュード7.1 深さ60km

10年前に起きた「東日本大地震」と震源地を比べて見ました。

問題は、震源地の震度が浅いと大きな津波が起きる可能性が高くなるので、一応、安心しました。

この震度6強の地震のあと、朝まで震度1〜2の地震が27回、発生しており、一度だけ、岩手県沖に震度3が発生しています。

この場所は、東日本大地震と近いので、警戒が必要です。

思い返せば、ここ最近、身体の軸の不安定さを感じていましたが、運動不足かと思って地球と対話していませんでした。

 

●本日(2/14)、午前9時過ぎに、宇宙の創造主マスターと対話した内容をここに公開します。

マスター:もっと意識を深く、深く・・・地球内部を感じなさい。

地球の核とマグマの動きを感じなさい。

私:地球自体が大きな鼓動のように動いています。

マスター:そうなのです。あなたたち人間の心臓のように、地球の中心は動いているのです。

その波動を感じるあなただからこそ、お伝えしますが、今回の地震をどう捉えるのか、正しく皆さんへ伝えなさい。

みなさんがわかるように、わかりやすく伝えなさい。

私:今回の地震によって、今後さらに大きな地震が起きる可能性はあるのですか?

マスター:それは、前からお伝えしているとおり、「人間次第」です。

この地震をどう捉え、どういう学びにするのか、「人間次第」です。

もう、何度もお伝えしていますが、人間は喉元過ぎれば熱さ忘れるようですので、あなたが正しく私たちの思いを伝えて下さい。

私:わかりました。全ては、人間の捉え方とこころ次第だと私も伝えます。

 

●今日から出張で、大阪府、愛知県、東京都と10日間、移動します。

2011年3月11日の時は、羽田空港で東日本大地震を体験し、そのまま丸1日、羽田空港に缶詰になりました。

翌日は、東京で現状対応の勉強会、静岡県で現状把握と対策の勉強会を行い、名古屋の熱田神宮で神様たちと話しをしました。

5日後に大阪に入りましたが、全く関東の大地震を気にしていない関西人に驚きました。

「対岸の火事」を見ているように思えました。

いつも、私の出張に合わせるように、色々、地球内部や神々からメッセージが届きますので、最低の準備と覚悟を持って出かけます。

 

●今、気づくべきことは、忘れかけた10年前に、人間が学んだことや決断したことがどうなっているのか?

神様と約束した人たちは、自分の覚悟をもう一度、思い出して下さい。

私は、私にできることを行い、常に、冷静に先を読んで対処します。

お願いですから、ネットの書き込みやマスコミ情報で不安をあおるような発言やコメントは控えて下さい。

「人間が生き方を変えるために、気づかせるための愛の地震」だからこそ、一人一人のこころ次第なのです。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

コメントを残す