私たちは創造ゲームの主人公なのです

今日は、解脱後の「無の世界」を全て読み終えた人だけにわかる話しをいたします。

 

私たちは「創造ゲームの主人公」なのです。

しかし、この「未来創造ゲーム」は、これからが始まりなのです。

私は皆さんに、まず、目覚めてほしいのです。

 

誰かに言われたことしか、信じられない人は、残念賞な人生を送るしかありません。

現実をしっかり生き抜き、他人に喜ばれる生き方をした人は、次の段階へ進みましょう。

 

自我を抑え込み、周りのために正しく生きた人は、自分の価値を見つけられず、晩年に苦しむでしょう。

ならば、これからどう生きるかを私のお話しから気づいて下さい。

 

私は輪廻転生を含む永遠に続くゲームを「楽しむ」と、まず、決めました。

 

そのためには、自分が人生の主人公なので、脇役も、通行人も登場人物として必要です。

どんなストーリーにしますか?

そうなんです。主人公だけではダメなのです。

 

あなたは、全てのストーリーと配役を決められる「作家」になりましょう。

自分の人生ゲームの「作家」です。

 

でも、ゴジラの子供に飽きられるストーリーでは、いけません。

ハラハラ、ドキドキ、ワクワクのストーリーを設定しましょう。

 

今、あなたの仲の良い人にこの話をすると、バカと言われるか、頭が狂ったのかと言われるでしょう。

でも人は、あなたが読んだ「解脱コース」をまだ知らないのです。

つまり、あなたのストーリー設定を書き換えると、瞬時に相手の思考も気持ちも変わるので、無知な人と同じように反応しないで下さい。

 

「誰かにわかってほしいゲーム」を、まだ、続けますか?

もう十分、わかっているはずです。

全てはあなたのストーリー設定と、配役設定が「原因」だと言うことを。

 

私は今、これからの人生を「新しいストーリー」に書き直している最中なののです

知らないうちに、過去の思いから考えてしまう癖があるのは、あなたと同じですので、ワクワクする未来を先に創造することにします。

そしてそれが、ものすごいスピードで実現する設定にします。

 

努力と根性だけでは、楽しくありません。

時に、ガッチリ本気で取り組み、時に、愚かに自分を甘やかせるのもゲーム設定の一部なのです。

だって、楽しくないと、続けられないし、ひとりぼっちは嫌なんです!

 

あ!この設定がまずい!

マイナス言葉を思うだけで、脳みそは自動でアップグレードして、プラスのはずが、マイナスに書き変わります。

だから今日から「全てを楽しむ設定」に自分の人生の台本を変えましょう。

 

ここからが面白いんです。

左脳も、右脳も、本能も理性も納得してことは、自分のなかで絶対の領域に入るのです。

つまり、「自分が神である」という意識につながります。

 

20世紀の最後に、一気に意識エネルギーが上がって精神世界も爆発し、宗教も大きく方向を変えなければいけない時期が来ました。

高次元に繋がった人たちは「我、神なり!」というゴールに到達しましたが、21世紀を迎えた瞬間、多くの人たちが落ちて消えていきました。

これが、時代の先端意識を担当している人たちだったからです。

だから、私は21世紀に入ってから動き出した人たちしか、信用しないのです。

20世紀の過去の想念は重すぎるからこそ、それを超えて、新しい時代を導く人が目覚める設定になっているからこそ、今、あなたは私のブログを読んでいるのです。

もう、ウロウロしている時間はありません。

2023年までにやるべきことをやって、楽しみましょう!

あなたと出会う日を楽しみに待っています。

◆人類覚醒の「解脱の真理コース」を開講します。

▶️お申し込みは、こちらです。


◉10月11日よりスタート!
<天無神人ブログ[定期購読]メルマガ>
毎朝7:00に天無神人のメッセージが、あなたのお手元に届きます。

定期購読 登録料¥330
(ご登録頂いた方には100ポイントをプレゼント!)
▶︎ご登録はこちらからお願いします

私たちは創造ゲームの主人公なのです」への1件のフィードバック

  • 2021年10月7日 @ 2:05 AM
    パーマリンク

    わくわくして来ました。

    「こいつは凄~く自分の事を過大評価してるな~」と思われるかも分かりませんが、それでも、神人さんが目指してる未来の社会? 地球? そこに住む者の在り方というのかな?

    それを為すために僕は僕という意識を持って生まれて来ましたし、それを体現する事が今生最大の目標であり、それは使命という堅苦しい単語で表すよりも、むしろ自分に対する極上の御褒美という設定を施して、僕はこの刻この時代に生まれて来ました。

    もともと25才からは本格的にその事を始めると、17,8才の刻から自覚してまして、まさしくその内容は神人さんが述べる事と符号しております!
    その刻が今なのですね!

    とは言っても、現状まだ自活も出来てない自分ではあります。が、しかし、それでもその自活のSTART時期がその超御褒美な時流の中を生きる事の始まりであり、全てのマイナスをプラスに変換して往くカタルシスを味わう事の始まりであると、自覚しております。

    主人公は自分、隣人もなにもかもが必要なextra.

    面白い人生を描けそうです!

    夜中に嬉しくて長々とかいてしまいました!ありがとう御座います!

    また来ます!笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です