共有価値観は違う価値観を受け入れることが始まり

 

これから時代は、「今までの自分の価値観では生き残れない」と、誰もが気づいているはずです。

しかし、他人の価値観を受け入れすぎても、自分の価値観を主張しすぎても、必ず、孤独になり、親を看取ったあと、一人で死を迎えるだけの人生になります。

だからこそ、地球創生SNSは「共通価値観と共有資産」をテーマに活動しています。

 

「共有価値観」とは、日本人共通の価値観が根底にあり、そこには天皇や神仏・先祖を大事にする心がベースになっています。

その上に、生きる上での価値観の共通項は、「お金、異性との喜び、やりがい・生きがい」となりますが、それ以前に、自分が違う人の価値観を受け入れることができる人と、できない人に別れてしまいます。

 

「結婚」が一番わかりやすので説明しますが、価値観が違う人間が一緒に暮らせば、必ず、揉め事が増えますので、自分の価値観を押し通す人は「家の支配者」になるか、相手を否定して家を出ていくしかありません。

自分が好きで「結婚します」と親と先祖に宣言した人なのに、「ワガママ」としか言えない結果です。

ワガママな人は一生、「相手を受け入れる価値観の学びで苦しみます」ので、自分が成長するために必要な「新しい考え方」こちらからお勉強して下さい。

 

結婚前に付き合う異性との関係においても、別れる大きな原因が「価値観の違い」ですし、それ以前に、「性の不一致」も大きな問題になっていますので、若い人たちには、結婚したい人がいるのなら早く同棲して、「相手の最低の面を見て、その大嫌いな部分を受け入れられるかを確認しなさい」と教えます。

同棲するには、お互いがお金を出しあうか、お金がある人に経済的に守られるかしか無いからこそ、それは結婚と同じ問題が起きるので、すぐに結婚後のイメージが具体化します。

親としては、「子供に同棲しなさい」とは言いづらいと思いますが、子供の自立心を育てるためにも、「覚悟」が必要なのです。

 

お金がない人は、お金がある人の家に通って泊まり込み、実家に帰らない経験をした人たちほど、現実を生き抜く力がつきますので、親の小言が気になって行動できない人は、将来、一人で生きる覚悟をして下さい。

世の中には、どんなに厳しくても、最後に許してもらえる親ほど甘い人間などいませんよ。

「相手の価値観を受け入れること」が、自分の価値観を否定されたと感じる人は、今まで本当の意味で、人に自分を受け入れてもらった経験がない人だと自覚して下さい。

 

心から信頼できて、相手から学べることが多く、尊敬できる部分を持っている人に出会って、新しい自分の「立ち位置」を変えるコツを学んで下さい。

「人生は一生、学び」です。

学ぶ気がない人は、自分勝手に自分の価値観だけで生きて下さい。

必ず、ある時期に、全てを否定されて孤独になる経験をすることになります。

「熟年離婚」もそうですが、離婚のほとんどが、突然、女性が夫に離婚届を突きつけるのが、現代ですので、男性たちはご注意を!

頑固な人は、いくら反省しても、また頑固な自分が出てきて同じことを繰り返しますので自分の頑固さがどこからきているのかを見極める努力をして下さい。

自分にとって都合の良い人に囲まれた人ほど、自分を変えることができませんので、私がこれまで出会った人たちとの「経験」からお話ししているということを気づいて下さいね。

 

これから大きく時代の価値観は変わろうとしているのに、あなたは、まだ、変われないのですか?

今の時代に素直に学ぶ人は、大きく飛躍する可能性もありますが、今、頑固な人は、必ず、自滅し、孤独に追い込まれます。

蛇足ながら「転ばぬ、さきの杖」と受け止めて心を入れ替えて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です