親の目、子の目、他人の目

子供は、「親の目」を意識して育ちます。

 

それは、怒られたくないからです。

怒られると、自分の居場所が無くなることを知っているからです。

 

子供同士は、自分の居場所を作るために、誰かを陥れたりする人もいます。

 

そのおかげで、見捨てるのか、助けるのか、見て見ぬふりをするのかを学びます。

 

大人になると、人を陥れたことがある人ほど、「他人の目」を怖がります。

当然、やったことはやられる世界が、現実だからです。

 





 

親の目、子供の目、そして、他人の目の対応策をあなたは自分の子供に教えられますか?

 

大きな問題になる前に、必ず、小さな問題が起きていることに気づいて下さいませ。


◉10月11日よりスタート!

<天無神人ブログ[定期購読]メルマガ>
毎朝7:00に天無神人のメッセージが、あなたのお手元に届きます。

定期購読 登録料¥330
(ご登録頂いた方には100ポイントをプレゼント!)
▶︎ご登録はこちらからお願いします



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です