「魂の封印」を完全に解き放つ!!

コーヒーはうまい!でも、お前がダメだ!

●天無神人の体験談

むかし、ある喫茶店に入った時の出来事です。

奥のボックス席に座りコーヒーを頼むと、長身で綺麗な若い女性がコーヒーを運んでくれました。

あまりに綺麗なので、学生さんですか?と聞くと、23歳でOLをしてますと教えてくれました。

一旦、カウンターに戻り、マスターと話をしている時に、申し訳なさそうに謝っている背中が見えました。

お水のおかわりは、いかがですか?と、また、席まで来てくれたので、マスターに怒られたのかな?と思って聞いてみました。

すると、23歳の喫茶店の綺麗な女の子は、こう言いました。

私は田舎からこの都会に出てきて会社に勤めましたが、都会で生活してみると、いくら自分が節約しても、先輩たちに誘われるので、お金が足りないので、会社が終わったあとの時間をこの喫茶店で働くことにしたのです。

マスターは、面接の時にまず、こう言いました。

3ヶ月は見習い、半年で半人前、1年でやっと最低の一人前になって、お客様に自分が入れたコーヒーを出せるので、もし一年間、頑張れないなら辞めてくれと言われたんです。

私、こんなヒョロヒョロですが、意地はあるので、最低一年間はやりますから働かせて下さいと言ったんです。

本当は、3ヶ月くらいでボーナスもでるので、辞めるつもりだったのに、最初からああ言われたら負けたくないから今日まで、頑張りました。

実は今日が丸一年目なので、辞めるか、続けるか悩んでいたのです。

そしたら、あなたが私が淹れたコーヒーを飲んで、「うまい❣️」っていう声が店中に響いたので、マスターが、「合格!合格おめでとう!これでお前もやっと一人前だな。」と言われたんです。

それがもう、嬉しくて嬉しくて、あなたにお礼が言いたくて、お水を持ってきたんです。

もし、お一人で静かにコーヒーを飲みたかったのなら、ごめんなさい。

私、まだ、そういう気遣いが下手なので、昼間の会社でも怒られるんです。本当に、ごめんなさい。

ステキな女性だなあ、と思いました。

喫茶店はコーヒーだけじゃなくて、音楽、雰囲気、コーヒーの味、そして、働いている人たちの気が、気持ちいいから、店に客はくるものだよ。

だから、あなたは満点さ❣️

ただ、ちょっと、自信がないみたいだから、もっと自分の仕事にプライドを持ちなさい。

プライドは、見栄とは違って、お客様の為に会社の商品やサービスを提供する「仕事の質」のことなのさ。

もう1年間、頑張ったんだから、もっと自分に自信を持ちなさい。

昼間の仕事も、同じだと思うよ。

最初の3ヶ月はみんな優しくしてくれるけど、それを過ぎたら急に厳しくなるでしょ。

その理由は、会社の仕事の責任を持ちなさい!って意味なのさ。

だから、イジメや嫉妬は、普通のことなんだよ!

あなたみたいな綺麗で若いと、嫌でも陰口は叩かれるし、嫌味も言われるかもしれないけど、絶対に、やめるんじゃないよ!

どこの会社に行っても同じだし、ひとつの会社や同じ人と3年以上、一緒にいられない人は、どこへ行っても、誰に変わっても同じさ。

悔しかったらどんなことでも、三年間は、続けなさい。

会社もこの喫茶店のオーナーも、手間や教育の時間をかけてあなたを育ててくれたのでしょ。

そう思えたら、三年間は我慢しなさい。

三年経ったら結婚適齢期だから、いい男がいたらサッサと結婚しなさい。

女は一人で働いても、なかなか認めてもらえないのが男社会の現実だから、サッサと結婚しなさいね。

男を選んでると、よくいる30.40過ぎの売れ残り女と同じだよ。

わかりました、3年間、続けてから良い男がいたら、サッサと結婚します。

きっと結婚しても、相手の給料が安ければ、私も働かないといけないので、いつでも復帰できるようにマスターと上手に付き合います。

本当に、貴重なお話をありがとうございます。また、来て下さいね^o^

意地で続けた1年後のコーヒーの味に、淹れた本人の思いがのっていた美味しいお店と人のお話しでした。

 

ご案内)天無神人 オンデマンドページ

コメント

  1. 河西伴法(かわにしとものり) より:

    お話を聞いていて、心が明るくなりました( ・ᴗ・ )!

    いつも素敵なお話をありがとう御座います^_^

タイトルとURLをコピーしました