「魂の封印」を完全に解き放つ!!

どうしたら成功できますか?

◯現実を歓びに!

37歳で、14年間働いた一部上場企業の会社を辞めました。

理由は、勤めていた会社が、いづれ潰れることがハッキリわかったからです。

労働組合中央執行委員になった3年間で、会社が表に出せないあらゆる資産や帳場にのらない借金、本当の経営状態や経営陣の個人情報も含めて全て知ったので、この会社の将来はないとわかったので、自己都合の退職届を出しました。

案の定、5年後に、テレビやニュースで一面トップの記事になり、大きく流通業の再編成の波が起きました。

37歳までサラリーマンをやっていた頃、サラリーマンの成功は「年収1000万円」がひとつの基準でしたが、地方の中小企業のサラリーマンでは到底無理な金額です。

私の同期入社で一番早く1000万円の年収を超えたのは34歳の店長でしたが、彼は「こんな年収の時期は人生で短いはずだから、俺は自分のためだけには使えない」と、家族にも言わず、貧乏な部下たちにたくさんご馳走したり、飲み会に補助金を出したり、心優しい同期がいました。

その5年後に、突然、自分の会社が債務超過で倒産とニュースで見るのですから、従業員は誰でも驚きます。

高校の同級生の会社が、入社後5年で潰れた時も、東京本社からFAX1枚が札幌支部に届いただけでした。

退職金はなし、突然の「解雇通知」が中小企業は、当然なのです。

だから、一生涯、サラリーマンを続けるのか、自営業を始めるのか、その決断の期限は、30代までだと自分で決めていました。

なぜなら、自分で事業を始めて生活できる確率は、三人に一人ですし、1本の仕事だけで食えている人は、さらに1/3くらいでしょう。

サラリーマンは「自分の人生の時間を切り売りしてお金を頂く仕事」なので、自分で全ての責任は取らなくてもいいからこそ、やる気のある人と、やる気がない人の差が大きく出ますが、その結果は給料の差にあまり反映せず、実力のある人ほど会社を辞めるのが早いのも常識です。

皆さんもご存知の通り、民間ほど働かない公務員が山ほどいる理由もいろいろありますが、もう公務員たちにも業績評価の基準ができて、民間と同じ個人評価をされる時代になってきているのです。

コンピューターを使えない人は退職になり、AIもあちこちに導入されれば人間がやるべき業務は一気に減りますので、窓口に人員を置く必要が無くなる時代に、間も無くなります。

どんなことが起きても自己責任・自己完結できる人たちだけが、自営業者や会社の社長になっているのが現状ですが、それはそれでとても厳しい世界なのです。

だから、私は退職前に、まず、「サラリーマン脳」を「自営業脳」に変えるために成功セミナーに行き続けましたが、ありがたいことに、参加費が安かったで、会社の仕事のあとにこっそり行って自分の思考転換に努力しました。

今の自分の価値観や普通と思っている概念を破壊しなければ、21世紀を生き残れないと思ったからです。

自分に嘘がつけない性格の私は、悪い商品を良いとは言えないし、嘘を言うなんて、いくら商売でもできません。

こんな頑固な人間が商売をしてうまくいくのか考えている時、あるセミナーのスピーチが心に刺さりました。

みなさんは、成功をどこか遠くに置いていませんか?

今日、お腹が空いたので美味しいお店で美味しいものが食べられたら、それも成功なんですよ!

そして、もっと美味しいものを食べたいと思った時に、たくさん調べたり、いろんなお店を食べ歩いて、もっと美味しいお店を探すでしょ。

でも、そうそう美味しいお店はなかなか無いので、結局、次の美味しいお店にたどり着けるまでは、まずい飯を食べることになるのです。

次のやっと美味しいお店に辿り着けたら嬉しいでしょ!それが、「成功の道」なんです。

今、このビジネスをやろうかどうか迷っている人は、やらない方がいいですよ!

迷っているという事は、まだ、余裕があるから、やらないくてもいい自分がいるはずです。

私は、どうしてもこのビジネスをやったのかというと、本業の会社が倒産しそうなので、自分でできることとして個人ビジネスを始めることを決めました。

商品は確かなうえに、「購入した商品が嫌なら100%返金保証が付いている」とまで言うから、これは危ないビジネスだと思って、最初に購入した商品をすぐ返品してみました。

すると、翌月には私の口座に買った金額が丸々、振り込まれたので驚きました。

商品も良くて、プランに嘘がない会社が、日本にどれくらいあるかご存知ですか?

今、世の中に売っている商品の製造原価と販売原価を知っている人なら、すぐにわかると思いますが、恐ろしいくらい中間で関わる会社が利益を取るので、結局、消費者は安い製造原価を知っていても、目の前のお店から高い価格で買うしかないのが実態なのです。

日本中、田舎に行けば行くほど、そして、都会になればなったほど、お店まで遠いうえに電車を乗り継がないと欲しいものが手に入りません。

私が始めたこのビジネスの会社は、注文したお客さんの家まで商品を届けてくれるそうじゃないですか、驚きました。

だから、九州のド田舎にいる母親の住所から電話で商品を注文したのに、3日後には家に届いたんですよ、洗剤たった1本が・・・。

驚きました・・・。

日本の商慣習は、儲かるところに差し込んで、自分がその一部を仕事で請け負うので、少しでもいいから手数料をくれというのが商売になっているので、中間マージンのないこのビジネスの仕組みに、もう、頭が付いていけませんでした。

私は会社を経営していますが、成功者ではありません。

でも成功したいと思って、今、取り組んでいます。

何に、取り組んでいるかというと、「今までの自分を変えるために必死で努力しています。」

だって、自分がやりたいくてやった仕事が赤字で、従業員に渡す給料も毎月、ギリギリなんです

私は絶対に、自分が悪いとわかっていますが、どうしたらいいのかわからず、自分を変える成功実現セミナーにもたくさん行きました。

でもそういうセミナーは、そういうセミナーは高額な値段をとりながら、全く実務的に使えませんでした。

成功の論理だとか、サクセスストーリーなんて、一時的なものだと私たち社長は、全て知っています。

問題は、メンタルの勝負なのです。つまり、物事の考え方次第だということです。

売上が大きくても経費がデカくて支払いに追われる時もあれば、売上は小さくても、利益が出る商売もあるからです。

でも、儲かっても、利益を全て従業員には渡せません。

なぜなら、会社を存続させるために維持管理費や次の投資が必要だからです。

だからこのビジネスをスタートしました。登録料が8400円と聞いた時、桁が違うと思いました。

84万円でも安いし、840万円でも納得の事業だからです。

だから、サラリーマンの皆さん、あなたたちにこのビジネスは無理なので早くやめて下さい。

今、お勤めの会社にしがみついて、何とか定年まで働いて下さい。

あと、数十年ですか?いいですね、安定した給料をもらえる人は。

公務員の皆様は、副業禁止なので、どうしてもやりたい人は奥様にこのビジネスを教えてあげて下さい。

庶民の気持ちがわからないあなたたちの奥さんは、不満だらけなので、自由に出ていける個人ビジネスを紹介して自由にさせてあげて下さい。

私も、「会社一筋」が基本でしたが、それだけでは食えない時代になるので、奥様たちの自立がテーマになってきていると、私も妻に自分のビジネスを教えました。

妻が男の年収を超えた時、夫の家の中の発言権は、一生涯、無くなりますよ!(^^)

さあ、今のお仕事を頑張って、いつまで続けられるか「男たちの本気」を私は見守りますね。

 

このセミナーを聞いた時、バリバリのサラリーマンだった私の脳はブチギレましたが、言ってることが当たりすぎで、ただ頭にきただけでした。

会社を辞めて、5年間、ネットワークビジネスで何とか食えたあと、現在の「人のため地球のために生きる仕事」につきましたが、こういうきちんとしたサラリーマンを14年も経験している人が精神世界で少ないことにも驚きました。

現実を自分の力で生き抜いたことがない人に、どんな良いことを言われても私は信用しません。

それなら、成功者の本を読んだ方が、絶対にいいと思います。

私は大事なことを学びたい時は、直接、会って、できれば一緒に食事をしながらこう聞きます。

どうやって、挫折を乗り越えたんですか?

なぜ、本気になったのですか?

その理由を教えて下さい、と聞けば、あなたに欠けている本気の心との差がわかります。

人は直接、会うことでお互いに大きな影響を与えるのは、「場と人との意識の共鳴」が起きるからです。

だからこそ、素敵な人に出会える時間を作って、いろんな勉強の場に参加して自分を成長させて下さい。

私はそのための場を全国で作って、あなたをお待ちしています。

精神世界に関わる目的が「収入」なら、宗教をやった方がいいと思いますよ。

世界の宗教は、完全にマニュアル化された「宗教ビジネス」として完成していますので。

私は、これからの「あなたの選択」を信じています。

自分にできないことをやってくれる人がいるおかげで、目には見えない、表のニュースにも出ない重要なことを教えられる人間に成長できるのです。

安定や平和が永遠なんて「妄想」は、ボツボツ、捨てて下さいね。

資産が100億円以下の人は、私を含めて「貧乏人」と呼ばれているのですよ!

さあ、お金以上に重要な価値をわかる人たちは、私と一緒に未来の希望を現実に作りましょうね!

ご案内)天無神人オンデマンドページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました