「魂の封印」を完全に解き放つ!!

【解脱の真理】続編23 時に「真実」は人を苦しめます

◯解脱の真理

2022年1月から、これまで公開してこなかった全ての「真実」を順番に出すと決断してブログを書いていますが、時に、「真実」は人を苦しめることも知っています。

それでもなぜ、「真実」を公開しなければいけないかというと、人間の意識はもう「過渡期」に来ているからです。

「意識の過渡期」という言葉はわかりづらいと思いますので、何かを知った時は、「もともと何も無かった時から考え直す」という思考訓練をして、私のブログを読んで下さい。

すると、今まで自分が苦しんでいた呪縛も外れます。

 

私たち人間は、生まれた時、何も持って来ませんでした。

ただ、魂が母親の肉体に入って、子供として生まれただけなのです。

でもその瞬間に、親の環境下で幾つもの条件が設定されてしまいます。

貧乏と金持ち、健康と不健康、男と女、綺麗か綺麗じゃないか、頭が良いか悪いか、器用か不器用か・・・。

全て、誰かや何かと比べて見劣りすると落ち込みますし、他人より優れていると有頂天になります。

しかしこれも人間が本来、持っている「生き残り本能」に由来しているので、正しい感情反応なのです。

鳥や動物の世界では、年に一度、オスはメスに好かれないと交尾さえさせてもらえず、子孫を残すことはできません。

ライオンで例えると、獲物を確保できるかどうかが「オスの価値」と判断されますので、獲物を取れない、つまり、お金を稼げないオスは子孫を残すことはできません。

人間に近い「猿の世界」でも、外敵をやっつけれる腕力と、獲物を確保できる行動力が無いと、メスは近寄って来ません。

ずるいオスの猿は、ボス猿の獲物を横取りして、他のメスに子供を産ませる戦術も使いますが、その隙をつくために、ボス猿の群れに所属して隙を狙っています。

この動作は、「サラリーマンの出世」によく似てますので、人間もこういう動物たちとあまり変わらないことを気づくと思います。

「本能」は神様が与えたものなので、食うために何でもする、寝る場所を確保するために何でもやる、犯るために何でもする、この三つは神が与えた本能なのです。

しかし、これだけでは永遠に戦いや奪い合いが無くならないので、創造主は、猿の一部の種類を進化させて「人間」を創り出しました。

あなたの思考は、猿より進化した人間ですか?

猿と同じ本能欲のままですか?

 

私が「真実」を公開すると決めた理由は、2000年に解脱し、地球上の過去の歴史も未来も知り、宇宙で起きた全ての歴史も全て知ったあとに肉体に戻った時、強制的に解脱させられた理由がわからなくて苦しんだからです。

「死んだ時は全てを失う」と分かっていながら、必死に生きている意味に悩んでいた時と同じです。

時代が20世紀から21世紀へ移り変わる時、世の中は混乱と不安が入り混じっていました。

日常を生きるためには、生きるためにやりたくないことでもしなければ食べていけませんし、そのゴールや、ゴールのあとどうなるかがわかってしまうと、生きる気力は出なくなるからです。

その時に聞こえた神メッセージは、「未来に対して希望を発信しなさい」でした。

自分自身が現実に絶望しているのに「どうして私が?」と天に問うと、こう言われました。

お前は、もう十分、人間を楽しんだろう。

これから10年生きても、20年生きても、100年生きても、人間が変わらないこともわかっただろう。

はい、わかりました。だから、絶望しているのです。

ならば、それは今、生まれたばかりの子供たちと同じだ。

皆、肉体を持って、新しい希望を持って、自分の過去世で失敗したことを喜びにするために生まれたはずなのに、ほとんどの人間がそのことを忘れ、現実の常識に囚われてしまい、自分が生まれた目的さえ、忘れてしまっている。

それは、わかっています。

5年間、無料で多くの人の悩みを聴き続けてアドバイスしましたが、世の中の問題の多くは三つのテーマしかありません。

お金に関すること。

男女に関すること。

家族を含めて人間関係に関することだけです。

そうだな、それは正解だ。

だがな、この3つのテーマは数千年前からも、数万年前からも何も変わっていない人間のテーマなのだ。

え!人間が生まれてから生きるテーマや悩みは、全く変わっていないのですか?

そうさ、いつの時代も自分が食べるものを探し回っているし、無ければ他人の者からでも奪うのが人間さ。

自分より弱い人間や動物を殺して食って、生き残った奴が強い奴だと思い込んでいるからな。

そうですよね、本当にそう思います。

どれだけ他人から奪っても、あの世には持っていけないのに、どうしてまだ、同じ愚かな欲望を続けているのですか?

それをお前に変えて欲しくて、強制的に解脱させて、全ての過去を見せたのだ。

どうだ、できそうか?

できるわけないじゃないですか!

たった一人で、世の中の人の意識を変えるなんて!!

多くの人の意識を変えなくても良いのじゃ。

「一人」が、本気で自分の生き方を変えたとしよう。

その一人の変化が周りに影響を与えれば、家族や友達や仲間も影響を受けて考え方や生き方を変えるだろう。

それは、わかります。

私が問題を抱えたクライアントの原因を霊視して、過去の問題の原因をズバッと教えると、すぐに現実の結果が変わり、関わる家族や周りの人たちの一瞬にして変わりましたもの。

そうだろう、それは当然のことなのだ。

人間は全て、過去の記憶の前提があって生きているし、生まれた場所も、育ててくれた両親も、出会う人も、死ぬ場所も全て、自分で決めてきているからな。

そうですよね、僕も自分の過去世を何度も見ましたが、呆れるほど同じことを繰り返していますし、男が女に生まれても、親が子供に生まれても、子供が親に生まれても、たいした結果にはならず、結果として同じ悩みを抱えて死んでいますもの・・・。

まあ、それは仕方がないことなのじゃ。

この地球に生まれた全ての人間は、皆、同じ魂のコピーなので、この地球というステージでも、過去に他の星で生まれた経験さえも、皆どこかで出会っているし、繋がっているものなのじゃ。

そこまでは、私も全て見て来たので、わかっています。

その私になぜ、「人類に希望を出せ!」と言うのですか?

 

それは、お前が今、「絶望」しているからじゃ。

人間に、絶望しているだろう?

当然じゃないですか、いくら頑張っても、また同じ中途半端な結果で終わり、カルマとなってまた、次に生まれてやり直すなんて、私はもう嫌なんです。

わかる、わかるぞ、だから、お前を解脱させたのじゃ。

お前ほど古い魂もそれほど多くはないが、皆、少なからず、生まれ変わりの回数は多いのだぞ。特に、日本人はな。

なぜ、日本人だけが「魂の転生回数」が多いのですか?

そう、「設定」されているのじゃ。

また、あれですか?ゴジラの子供が楽しくなるようにですか?

まあ、近いかもしれんが、ちょっと今回が違うのは、「マスターの意志」なのじゃ。

創造主マスターは、この宇宙ゲームの最初の「駒」であって、自分が創造したことはたったひとつ、「自分で自分を確認したい」と願っただけじゃないですか・・・。

そう、それよ!

その「創造力」こそが、全てを変えるヒントなのじゃ!

絶望のあとに来る葛藤の最後に、誰でも心の底からの願望が生まれてきて、それまで大事にしていたものさえ、捨てる覚悟ができるのじゃ。

お前はもう、覚悟しただろう?

はい、とっくに!

解脱したら最高にハッピーで苦しみが無くなると思っていましたが、実際は、知らない方が勝手な妄想で生きられるので、そのほうが楽だと思いました。

宗教も精神世界も現実もどこにも「真実」は無いし、これから時代が変わっても、何も変わらないということまではわかりました。

それなのに、なぜ、まだ生きているのか、そのことのほうが辛いです。

食べなきゃいけないし、寝なきゃいけないし、お金を稼ぐために働かなきゃいけないし、人ともうまく付き合わないといけないし、もう面倒臭いことばかりのこの世の中で、どうして、私が希望を出せるのか、わかりません。

 

私に何か望むのなら、そちらも私がやりたくなるような条件を出して下さい。そうでないと、私、また死にますよ!

お前はもう、二度も、三度も死のうとして、死ねなかったことを知っているのに、よく言うな。

お前は自分で死ぬことは、今世ではできないと諦めなさい。

問題は、今のままなら急激に愚かな人間が増えるので、太古の食べ物を奪い合う時代と変わりない世の中になってしまうぞ!

どうする?

そんなことを私に聞かれても、私は何もできません。

私はただ、貧乏な無農薬の農家の次男坊に生まれて、サラリーマンもやりましたが、世の中を生きることが大嫌いだったので、あらゆる世界の裏側や真実を調べまくった結果、全てを知っても、何もできないとわかったので、本当のことをわかったほうが辛かったです。

そういうものさ、皆、真実を求めるが、本当の真実を知れば、生きてはいけなくなるからこそ、嘘を上手に使って、ありもしない希望を作り出すのが、「支配者たちのゲーム」なのさ。

やっぱり、そうですか、支配者たち自身も「ゲーム」、させられているのですね。

 

当然さ、支配者のポジションに居たくない魂も生まれているが、その魂にはまたもっと厳しいルールがあるので、支配されている奴の苦しみレベルでは済まないぞ。

お前も、たくさん支配者の経験があるだろう。

はい、だからこそ、今世はもっとも下の貧乏な力も金もない経験からスタートしたのだと、思い出しました。

ゴールは何も無い世界、でも、その途中の経験は、全て次世代の子供たちのために創り上げるものと設定して考え直してみます。

 

お前が希望を出せるかどうかよりも大切なことは、この地球に人類が生き残れる確率は、とても低いということじゃ。

それも、知っています。私が解脱後に、このあと、どれくらい人間が地球に生き残れるかを創造主マスターに聞いたとき、せいぜい、150年か350年と聞かされました。

でも、今の加速度的な自然破壊は止めようもないので、どんどんリミットの時間が迫っていると感じています。

それは、正解じゃ。確かに、ものすごいスピードで自然破壊は進んでいる。

自分達も自然界の一部であり、何かの植物でも、昆虫でも絶滅させると、自然界の均衡バランスが壊れて、一気に破壊が進むのも摂理なのじゃ。

そんな地球と、地球を破壊し続ける人間を、どうして私なんかに救えと言ったのですか?

まだ、その意味がわからんか?もう一度、解脱させないとダメかな?

やめて下さいよ、もう十分、妻にも世の中にも迷惑をかけて来たので、これ以上、私や私の家族を苦しめるなら、どんな方法を使ってでも自分で死にますよ!

いやあ、スマンスマン。お前は、すぐに死にたがるからなあ・・・。どうしたものか・・・。

私が一人で頑張るには限界があるので、私にできると思えるような素敵な人たちにたくさん出合わせて下さい。

そして、私にできないいろんな能力を持った人たちや、資産やお金をたくさん持っている人たちにも出会わせて下さい。

それなら少しはできそうな気がするので、頑張れそうです。

そんなことなら、たやすいことだ。すぐに、出会わせてやる。

でも、何か足りないなあ。

何があれば人間は本気で生き方を変えるのか、まだわかりません。

そちらからみて、人間が本気で生き方を変える方法はわかりますか?

そんなこと知っていても、教えられん。

俺はお前を子供の頃からサポートする役目だが、必要なこと以外を教えると、私自身も削除されてしまうので、言いたくても言えないことはたくさんあるのじゃ。

つまり、知っているということですね、わかりました。では、あなたを霊視します。

それはやめてくれ!お前の力を使えば、過去の魂記憶でも、目に見えない存在とでも、守護存在や先祖たちの思いも理由も全てわかってしまうので、やめてくれ!

もし、俺が知っていることを全て知られれば、きっと俺は削除されるはずだから、もう少し、お前と付き合っていたいんだ。

意味がわかりませんね。「守護存在」というのは、生きている人間が、より生きやすくなるために存在しているのではないですか?

 

誰に、そんな嘘を聞いたのか?

ああ、最近、流行っている精神世界の情報か?

あれは嘘やデマを創造して、人間を意識混乱させるために生まれてきた奴らの戦法なので、「ゲームの誤魔化しキャラ」みたいなもんだから、あまり信じるなよ。

100%信じてはいませんが、時々、そう思ったほうが楽な時があるような気がするので、記憶にだけはとどめています。

まあ、実際に未来を変えるためには何も役に立たない情報だから、混乱した人間にとってはある意味、必要な「逃げ場」だな。

それ以前にも、「宗教」という「スーパー依存ゲーム」を長い間、やってきたが、結局、「絶対はない」とわからず、永遠にグルグルいろんな宗教を回ってきた魂が、また同じことをしているだけじゃからな。

そういう「ゲーム設定」なのですか?

いや、全てこの世で人間が望んだものだし、都合よく、他人をコントロールするのが上手な奴らの商売だと思っておけ。

まあ、どちらも、あってよし、無くてもよしくらいには思っています。

宗教も精神世界にも属さないで、依存も嘘も言わないで、地球を救うなんてできません。

数千年、数万年、人間がここまで進化して来たのに、誰もできないことをやれってことですよね?

なぜ、それが私にできると思うのですか?

 

それは、さっきも言ったとおり、お前は誰よりも絶望しているからだ。

人間は、本当の絶望を知った時に、生きるか死ぬかに分かれるものだ。

でも、お前はいつも死のうとするのに、死なせてもらえないだろう。

それを見ていた私さえも、驚くほど、お前を遠くからサポートしている存在たちの力は強いんだ。

俺はただ、ちょっと先へ行くための道先案内みたいなものなので、守護存在とか呼ばれると、こそばゆいのでやめてくれ!

 

あなたがどう思っているかは私に関係ないので、ハッキリ、なぜ、私に地球を救えるのか教えて下さい。

正解と間違いは、「表裏一体」なのじゃ。

信じる信じない、裏切る裏切らない、できるできない、好き嫌い・・・この相反することも、全て「表裏一体」なのじゃ。

つまり、どちらでも良いってことですか?

どちらでも良いが、どちらでも良くないだろう。

地球がこのままドンドン破壊されて人間が住めなくなる「表」と、地球の自然環境を大幅に変えるキッカケがあれば、お互いに助け合って、分かち合う人間も増えるという「裏」もある。

そのためには、ギリギリ限界まで苦しんで、この世の中の欲を楽しみまくって、その最後に全て失うことを本気でわかった人間が増えれば、簡単なことじゃ。

つまり、「絶望の体験」が必要って意味ですか?

そうだ、絶望がピンチなら、希望というチャンスは必ず、生まれるものだ。

そうこれが「地球所属の宇宙ゲーム」に設定されていることだからなあ。

今、絶望的な人間は、最大のチャンスを迎えているということですね!わかりました。

どんな絶望を創造するのか、他の人たちの絶望を聞きまくって、自分も新しい絶望を創造してみます。

お前は、やめてくれ!

お前が絶望を創造すると、本気でそうなってしまうんだ。

お前には、そういう力もあるので、俺が恐れているのはそれだけなんだ。

 

良いか、これからどんなことが起きても、絶望するなよ!

その為に辛くて苦しい三年間を過ごしたからこそ、解脱できたのだろう。

ならば、他の人間がギリギリ絶望まで様子を見て、必要な時に希望を出せば良い。

その時こそ、人類が新しい希望を創造し始める時なのじゃ。

私がスイッチなのですか?絶望を希望に変える???

そうじゃ、本当の解脱を体験した者じゃないと、そのスイッチは与えられん。

過去に、このスイッチを持った人はどうなったのですか?

そうだなあ、マンモスと一緒にいた人間が思った時は、氷河期でほとんどの人間は全て死んだだろう。

世界戦争が起きそうになった時は、有力な国が力を合わせて日本をやっつけたので、それまでの日本の勝利は終わったからなあ。

え!、それも「誰かの創造の結果」なのですか?

当然、だろう。

この世の中に人間がいる限り、人間に創造力を与えた結果、これは永遠に繰り返されるゲームなのじゃ。

破壊や絶望を創造する人が増えると一気に実現し、その結果、そうなりたくない人たちが反対のことを創造して、破壊を消していくゲームという意味ですか?

まあ、簡単に言えばそうだが、お前にだけ持たされているゲームのカードキーは知っているか?

何となくわかっています。「オールリセットのカードキー」ですよね?

そう、だから皆、お前を恐れるのじゃ。

よくいう、見えないものが見える奴らにもレベルがあって、それぞれ必要なことを仕事にしているが、お前は何も要望していないのに、どんどんいろんなことが起きるだろう。

はい、結局、何とか生き延びていますし、神々に言われたことも全てやれる自信はあります。

その理由は、過去に起きた全てを知っているからです。

あとは自分も相手も、本気でそれができると思えるかどうかだけだと思っています。

そうなんだ、その「カードキー」は、俺も初めて見たので驚きましたよ。

あとは、お前が自分を信じられ続けて、お前が人を信じ続けられたら、今できないと思っていることでも、簡単に実現するかもな?

そんな簡単に言わないで下さいよ!

自分を信じられない人間ばかりなんですよ、この世の中は!

ほとんどの人は、自分が信じたいものだけを信じますし、自分が信じられないものは排除するものです。

それでも「誰かはいる」と思って頑張っていますが、なかなか出会えないのですよ。これもゲーム設定ですか?

そんなことを俺に聞くなよ。俺はただ、お前のサポートをしているだけなので、ゲームの設定など何も知らん!

今の言葉で、まだ何か隠していることがあるのはわかったので、今度、また日を改めて聞きますわ。では、また!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました