「魂の封印」を完全に解き放つ!!

北海道苫小牧市の畑に「馬鈴薯」120個を植えました。

◯人類の生存期限・食育

4/13、気温10度の北海道苫小牧市は、土壌が火山灰土なので、畑作には向かない土壌だからこそ、花畑を改良して黒土を2トン購入し、完全有機農法で作物を育てるために、微生物が活性化する「抗酸化洗剤えみな」を土壌に混ぜ込み、油粕も混ぜ込んで馬鈴薯の種芋を120個、植えました。

 

2021年は、30個ほどの馬鈴薯を実験栽培をした結果、とても美味しくたくさんできたので、地球創生の全国の仲間たちに送りましたが、2022年は一般の人も購入できるように準備していますので、お楽しみにして下さい!

北海道産の完全無農薬の有機栽培で作る馬鈴薯の美味しさは、日本全国で食べた人たちから驚きの感想をたくさん頂きました。

◯教えて頂いたとおりに、蒸した芋に天日海塩だけ振りかけて食べましたが、フカフカさと味の濃さに驚きました。(40代独身)

◯煮物にして調理しましたが、調味料が少ししか使わないくらい、本当の芋の味があって美味しく頂きました。(50代関東の主婦)

◯沖縄で売っている芋の味と全然違うので、生まれて始めて本当の北海道のじゃがいもを食べて家族全員が感動しました。ここまで違うと、来年は、多めに手に入れたいと思いました。お裾分け、ありがとうございます。(沖縄 40代独身)

2022年の収穫に、どうぞ、ご期待下さいませ。

ご案内)天無神人オンデマンドページ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました