「魂の封印」を完全に解き放つ!!

2022年4月、新しい意識と現実を作るための宇宙神事がスタートしました!

◯人類に残された時間

3/31〜4/2で伊良部島と宮古島祈りを終えた天無神人(アマミカムイ)は、沖縄本島に移動し、沖縄の仲間たちと食事&カラオケコースで先輩と後輩がお互いを支え合う沖縄の慣習から見習う大切な時間を過ごさせて頂きました。

4月3日・旧暦3/3(浜降りの日)の沖縄本島「宇宙神軸神事のご報告

重要な2007年の沖縄五島祈りの仲間である大城幸子神人の指導のもと、沖縄の地球創生の仲間たちと「宇宙神・龍宮神」へ祈りに行くと、重要なメッセージが降りてきました。

日時:2022/4/3(旧暦3/3) 1:11 PM
場所:沖縄本島今帰仁村 西龍権現(干潮の時のみ行ける場所)

🔵天無神人が降ろした神言葉

この場所には、海の底からと宇宙の繋がりがあり、この地が生まれたのです。

しかしながらこの地だけでは働かず、この沖縄本島には、この繋がりの場所をいくつか創り、この島自体を「神生みの場所」とするための仕組みが、もともとあります。

この仕組みはとても大きな仕組みであり、地上軸、地中軸、水面軸、地軸の全てが働くようになっており、その中心となる軸も中軸にございます。

この場所から繋がるものが「西の軸」、そう生まるる場所の命の始まりの力をここから生み出しております。

この地を守る神々、そして、ここにおらるる巫女たち、御霊たち、海のスク(底)から上がってきたものたち、様々なものが並んでおります。

それを何と呼ぶかは貴方たち次第でございまするが、わたくし達がこの地上に生まれる為の生命体のエネルギーを、生まれる仕組みをここで守っております。

この仕組みが無ければ、この沖縄の島々に、そして本島に命の仕組みが生まれず、この繋がりを守るための場所だからこそ、この地を拝むことはこの沖縄の軸全ての命の繋がりを繋ぐ役目と、そして、それを守るという宣言が必要でございます。

どうぞ、自らの中でその繋がりの役目を果たすことをお誓い下さいませ。

私たちにはこの地を守ることしか出来ませんが、人間は手足を持ちて移動できるからこそ、この命の繋がりを守り繋ぐことができまする。

この「軸番」を持つものが動けば、この軸自体の繋がりが生まれ、四方軸、天軸、六方軸の中心軸の力を動かせば、生命エネルギー自体が生まれなおし、そして新しい仕組みが始動いたします。

そのために守られている場所であるからこそ、この地を守るために幾人かのものたちをここに呼びました。

そのものたちが様々な名前をつけ呼んでおりまするが、この全てはこの「沖縄の天軸 地軸 中軸 水面軸の守りを全てここで創るための始まりの場所」がここでございます。

このスイッチを持たねば、他の軸を開けても繋がらず、この軸の鍵が無ければ始動も致しません。

この軸には大きな力があるからこそ、あなたたちが来てくれたことはとても嬉しく思います。

やがて来る時代において、地軸天軸の全ての軸を動かさねばならない時も来るでしょうが、その時は恐れずに軸の力を正しく方位を間違えずに、その順番を間違えずに、仕組みを動かして下さいませ。

我々は「始まりの力」を持つだけ。

それぞれの軸番には、それぞれの役目がございます。

どうぞ、この「軸番」に聞いて役目を、伝え方を学んでください。

わたしたちにはこの地を守る為に幾億万年前からの繋がりがあるからこそ、この地に来れるものには、この繋がりの時期、時間、タイミングを全てお知らせしております。

つまり、海が満ちている時には入れず、潮が引かなければ、そう海の門が開かなければ入れぬ場所として、そう、女性の子宮、いのちの繋がりと同じ仕組みをここで持っております。

だからこそ、ここに来るときには必ず何か大切なものを持ってきてくださいとお伝えしたはずです。

いま、三名の男性が来ておりますので、それぞれの玉を一つずつ分け与えて頂きましょう。

その玉が純粋な玉、そう水晶の玉であるならばより嬉しく思いまするが、その男性の玉が無ければ女性の仕組みが始動いたしません。

だからこそ、自ら魂の玉のひとつをここにお納めくださいませ。 よろしくお願いいたします。

~天無神人の宇宙語のあと・・・男たち二人に「両手広げて 頭を下げて」~口笛~

(大城幸子神人の神言葉)

イチスク ナナスク ククヌスク

わたしはあなた方を指折りと数えて、このいまの時にこそ出来る。

このククヌスクの ~~このスク番の~~世界の~~裏の裏の裏の、その時に、あなたたちは「マグマ神」という神を・・・わたしはこの中で「マグマ神」である。

「マグマ神」とは軸の、その軸のプレートの中から出てくる神である。

そなたがその番に持ち続け、それらをどう生かすのか、この地球全体を創ったあなただから出来る事である。

以前、わたしはマグマ神と、あなたの力を試すためにそこに行き、そこで気持を整え、その言葉を聞いてほしいとわたしはあなたに願った。

今日、あなたは友と共にここにやってきてくれて、この地球を創った。

あなただから出来ることである。

宇宙のため、地球のため、回転のため、三位一体であなたが創りなす技、その地球設計の元であなたは、そう、いまいま現在、地球を創った地球体でマグマ神、それは底から這い上がってきたからである。

このことをわたくしをあなた方に願うと言った。

その約束が来てくれたこと、そうあなたが地球構造を設計したであろうと思われる。

いまこの地球はどう回転させ、以前の地球体に戻してほしい。

いまこの中にその心の中で唱えてみよ。

それは、おのおの心からでる言葉である。

ヒガシ ヒガシ ヒガシといっても名前の比嘉ではあるが、以前、わたくしの言葉をどのように取ってくれたのか?

そこであなたの気持をわたしは指折り数えて待っていた。

地球構造の神よ、マグマ神よ、その名を呼べ!とわたしは言った。

いまここで、わたしの名を呼んでくれ!

比嘉さん:マグマ神さま、わたしが出来ることを、地球の軸を立て直すこのお仕事を、務めを今後ともやっていきます。力をお貸しください。

その言葉、わたくしはマグマ神と共に底に底にと言っても、この広い中で地球の中心からコアの命こそが、皆の心の中に映るように、コアというのはプラス、そのプラスマイナスである。

それが「ゼロ地盤」となったのが、ここである。

あなたはここでいまからその地球構造の生命体という名の元で、これから世界の核が、その核が動かぬよう、しっかりと軸を立ててほしい。

そのことが、わたしはあなたにそのことを告げたかったのである。

これまで以上に、あなたはあなたなりに考えがある。

もっと広い考えを真似てきたことでしょう。

プラスマイナス、それがゼロになる。

その地場をあなたはきっときっと見つけ、それを今度は繋ぐことにしてくれ。

それがわたしがあなたに願いを掛けたことである。

それは分からないどうすればいいのかという時は、わたしの名を呼べ!そこで智慧が生まれるからである。

 

(祈り後の天無神人の感想)

スゴイ仕組みですわ。

いまここに来るまでに色々お話したことは、全部全部必要な事だったのです。

一番大事な「西の場所」だからですよ。

私があなたたちが玉を差し出したあと、三人にあげたじゃないですか、3人の魂を。

ちゃんと、平らなこういう台に乗せて出てきたんですよ。

ここに自分の魂を一回登録して、それぞれに三つに並べて、ちゃんと戻してくれたんですよ。

一個だけ出したのに、三つの玉が戻ってきた、これがこことの「契約の形」なんですよ。

それが終わって、今度は「三つの玉」が、上に上がって行ったんですよ。

宇宙のおおもとに全部登録されて、ここの場所との「魂契約」になったんです。

あとは沖縄の同じような仕組みの場所が四方に絶対あるはずなので、中心も絶対あるんですよ。

それをキチッとやると、大きく沖縄を守り、ここ沖縄から日本全体を動かすことが出来ます。

ここは、そういう仕組みの大事な場所です。

 

この全部場所は見つけているの?

比嘉氏:いやぁ~、わからないです

大城幸子:聞けば連れて行くけど、ここから始まりだから、そう、ありはする

天無神人:これは契約したので、やんなきゃいかんです

大城幸子神人:うん、だからその、プラス、四方、やる価値があるわけさ。

比嘉氏:全部龍宮神ですか?

大城幸子神人:はい

比嘉氏:教えて下さい

追記:男性三名は魂を差し出し、それらは合わさって戻ってきた。

天無神人氏がいなくても沖縄の男二人で、三人と同じ働きが出来る。

沖縄生まれの女性には花束が渡され、一つのサンゴを契約として頂いた。

そこにいた大勢の女性たちは、この日を何億年と待ちわびていてとても喜んでいる。

今夜は神々が祝杯をあげるとのことです。

最初のスタートの三角形・支柱・トーラスの仕組みが完成しました。

日時:2022/4/3(旧暦3/3) 2:11 PM
場所:沖縄本島今帰仁村 古宇利島の竜宮

(天無神人の神言葉)

神の心というのはわかりません、その準備がありまするか?

神の想いだけではなく、静かな心でないとここに神の想いは乗れません。

神の心を乗せるためにも、静かな心で神の想いにあわせて下さいませ。

~口笛~はい、鍵をお渡しします どうぞ お取り下さいませ。~宇宙語~

日時:2022/4/3(旧暦3/3) 2:19 PM
場所:沖縄本島今帰仁村古宇利島 始まりの洞窟 天降世立口世ヌ火神

天無神人~口笛~~宇宙語~祈りを終えて

天無神人:いまね、指でくるんと回す「駒」をくれたんです

大城幸子神人:駒?あぁ~

天無神人:天軸と地軸を繋ぐときにはこの駒を回すんです。模様のシマシマが入った駒。シュンと心の中で回すだけで、軸芯がブワンと繋がってくる仕組み。

泉川:これは個人のじゃなくて、その仕組み?

天無神人:さっきの仕組みです

泉川:始動するために?

天無神人:始動させなきゃいかん。

いまね、あなたたち男に2個ずつ駒をくれたんです両手に。

これをヒュンと自分で上げれば駒がブワンと動く。

俺も繋いだんだけど、上から下と、上から上昇はこうやって上がるんですよ。

反対にこうやると、下に繋がっていくんですよ。

天軸と地軸と繋がってるのこのライン。

このラインを動かセル駒をもらってるんで、これをもってると、どこでも回転エネルギーを動かせるんですよ。だから、駒が必要なんですよ。

ちゃんと、許可をもらって鍵を渡されてから開けてやれば、こういうことが起きるんです。

泉川、比嘉:あはぁ・・・

天無神人:勝手にここに来ても、こんなことにはならないです。ちゃんと順番にこうやってこうやって(胸に手を当てながら)入れといてね。これちゃんとメモっておかないと忘れるからね!

 

日時:2022/4/3(旧暦3/3) 2:41 PM
場所:沖縄本島今帰仁村古宇利島 東ビジュル

天無神人~口笛~

晶子な、ここで拝め、下を拝め!お前と俺は、上と下。おまえは下拝め、俺は上を拝む

天無神人~口笛~~宇宙語~

この場所は結びの地であり契約の地でもあり、それは天門、そして中門、地底門、この三点門を結ぶ契約の門である。

その門を繋ぐ場合上に対する繋ぎの門と、下に対する繋ぎの門と両方の契約が必要になりまする。

だからこそ、この場所には上の拝み場と下の拝み場がございまする。

繋がりは、天地陰陽。

つまり、天なるものより生まれし、この人類の中、そして、地より生まれし女性達のその全ての地球。

そしてまた、天に繋ぎかえすこの繋がりの仕組みがあるからこそ、天地繋がりの契約の証を示しております。

しかしながら、やはり命を生み出すには、地底門の契約を持つ女性がそこの下を拝まねば天なるものとの繋ぎが出来ず、この天地、中軸、全ての天門地門の契約の縦のラインの契約、そして陰陽、男女の契約の場所が、この地の役目なのです。

ただ宇宙に繋いでも、その仕組みはまだ次元が高くて人間が使えないからこそ、それを人間に落とし込むために、一度この契約の場所で男女の陰陽和合契約がここにございます。

この印を持てば、その契約のものの力を持って新たな命がうまれたり、 新たな仕組みが動かすためのエネルギーが生まれます。

そのエネルギーがなければ、ただ生んでも子ども植物も人間も育ちません。

永遠なるエネルギーを動かすためには、そう最初の場所でもらった切り花のお花の希望のエネルギーを、地、スク(底)なるものの龍宮からの使いのサンゴの力、この二つをあわせることが必要でございます。

それはもともと、地球の中にある仕組みなのですが、人間がそれを動かす場合はその両方を持たねばなりません。

だからこそ、どうぞ、この地にある一つのサンゴをお持ちになり、それを契約の証として女性がお守りくださいませ。

男性はその契りの証として、この中のどの石でも結構ですが、自分の意思の契約の場所としての証をひとつお持ちくださいませ。

それが叶うことによって、新たな契約の契りが、裏表契約されたことで正式な契約となります。

表門の役目は誰も邪魔されずキチンと守るそれが表門の役目でございますが、裏門はどんなことがあってもこれ以上、下がることはなく、永遠無限に上がるため門の契約でございます。

それをいまここで契って頂きたいので、よろしくお願いいたします。

~宇宙語~女性はひとつサンゴ取って、男たちは一個づつ自分の石、どれでもいいけど自分が思うやつをもらって下さい。

~宇宙語~はい、OK? 手に乗せて、神様にご報告して終わりますよ!
~宇宙語~はい、わかりました。

天無神人:僕の手と手の間に手入れてみなさい(晶子、空洞に手をかざす)

暖かいでしょ、これが子宮のあったかさなのさ。

 

日時:2022/4/3(旧暦3/3) 3:24 PM
場所:沖縄本島名護市伊佐川 金川銅山跡之碑

(天無神人の神言葉)

~口笛~この地にはいろんな方たちが来られましたが、やはりそれはみな「金」を求めていました。そうそう「金」は、でるものではありません。

しかしながら金よりも必要なものは沢山あるのです。

たとえばこの土地で一番多い「鉄」を活かすには、様々な鉱物を重ね合わせると、その固さもしくは柔らかさが変わるからこそ、その形の形状修復にも様々なものが必要だと探し求めるものたちもいました。

しかしながら、もともと鉱脈というものはこの山のすじの様に上から下へ流れるかのように仕組みがありまする。

ここはいくつかの地層がぶつかっているため、この地層の中を掘れば様々なものの出てくるその恵みによって、ここで様々な鉱物を採取する方々がここを大事にしてくれる想いでこの碑を立てて下さいました。

この鉱物の想いがどうなったかというと。ある意味では農耕、そして武器、身を守るものとしての金具、様々なものになりましたが、一番強かったものはやはり鋼(はがね)、刀の鋼もそうですが、様々なもの、刃物でないものも含めて、鋼には固いものと柔らかいものを合わせる知恵が必要です。

この両方のものを兼ね備えていなければ、本来の鋼はできません。

その知恵を持つものとしての来た時に、鉱物の使い方がはじめて分かります。

そのことを様々な言われ方をしますが、ひとつは「カニマン」の方々がその知恵を持っていた言われています。

もうひとつは、この金・銀・銅・鉄・鉛・錫・様々なものの知恵を持つ者たちが後からたくさん来たために、その知恵をお互いに守り合って教え合うことで様々なものがつくられ、それをまた他の国に渡すことによって身を守るということの知恵にもなります。

だから様々なものが在ることは確かですが、そこに知恵がなければそれは活かせなかったということも覚えておいてください。

このヤマトの地、もしくはこの琉球の地、そして中国、様々なアジアのこの国の上に色んな地層が重なっておりまするが、その地には幾つかのプレートが重なり、このわずかな断層と断層の状況と下降が角度を持ってぶつかっているため、生まれる鉱物がたくさんございます。

つまりは、そういう色々な想いが集まっているということも覚えていてください。

人の想いを大切にすることも大事ですが、やはりこの星に生まれた方々、鉱物をつかう知恵をもたなければ生きてはいけません。

そのことを心から感謝する知恵をもてば、カミ・ヒト問わず、大切なものを守る力にもなるでしょう。

どうぞ、これをお持ちになられてこれからの神働きの力にしてください。

~宇宙語~~口笛~

天無神人:はい。ありがとうございます。幸ちゃんには鏡ですね、鏡をくださった。鏡っていうのはもともとは錫(すず)でできているんですよ。

錫を磨くと、鏡になります。

それをくださったんで、それを自分の知恵で光らしてください。

泉川にはね、黒い塊なんで、基本的には「鉄」ですね。

晶子にはえっと、砂金が混じった溶け込んだものだから、それは集めれば砂金だけど、取り扱いはその時々の方法次第だね。

まぁ、喜びと希望もあるので、これから自分自身を発掘して下さいという意味だね。

比嘉さんには、銅ですね。

銅は繋ぐんですよ、鉱物と鉱物を。溶けていくのが早いんですよ、溶けるのがね。

だからこそ「繋ぎの役目」をするという意味です。

自分の役目も、繋ぎの仕事があるんだなということ覚えておくと、自分で全部やろうとするのではなくて、繋いでいけば神事も上手くいきますよ!という教えが入っています。

全員:ありがとうございますとお礼

天無神人:ふーん、ここに祀られている存在たちは、知恵者だわ、すごいわ!

 

新しい時代に必要な新しいエネルギーの始動スイッチが、沖縄にあるとは思っていなかったのですが、全ては自然な導きと流れで気付かされたことなので、強い霊ガカリもなく、心地よい祈りができました。

これから沖縄の仲間たちは、四方と中心の場所で祈りをすると思いますが、同時に、全国にある「宇宙神軸」を始動させる神事が始まると思っています。

日本全国で四方祈りを行ってきましたし、それ以上の高い次元を何段階も上げてエネルギーを始動させなければ、この地球の生命循環はいづれ停止してしまうので、2022年が再スタート、次元上昇のスイッチを入れる時期だったのだとわかりました。

日本全国の皆様、どうぞ、地球創生SNSに登録してから、全国の神事に参加して下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました