エネルギー上昇の本当の意味とは?

こんなことまで書いていいのかとちょっと戸惑いましたが、私が書きたくなっていることは、天の真意として素直に受け止めて、宇宙にあるアカシックレコード(過去世の記憶データバンク)からのアクセス情報をお伝えします。
2001年から始まっている21世紀のエネルギー上昇の本当の意味は、ただ単に皆様の意識覚醒をさせて幸福感を感じさせることが目的ではありません。その高い意識次元の記憶や喜びエネルギーを使って、この3次元の世界で”高次元意識の現実”を完成させることが魂本来の目的であり、それが皆様の魂本来の役割なのです。
私の大の仲良しの大天使 遠藤敬子セラピストは、11月1日のエネルギーを受けて、とても大切なアトランティス時代の記憶を思い出されました。
本来の覚醒とは、自分勝手な思い込みや自分を喜ばれるためのメッセージではなく、過去世の記憶を呼び戻し、その時代にやり残してきた自分の役目をまっとうする為の決意をすることなのです。
よく神社やパワースポット、また世界中のエネルギースポットを探し回る方もいらっしゃますが、その本来の目的は、自分を癒すためではなく、その場所に残されている太古のエネルギー触れて、量子レベルの宇宙エネルギーのアカシックレコード(過去世の記憶バンク)にアクセスすることなのです。
皆さんの魂は、幾度も幾度も生まれ変わりがらたくさんの人間の記憶もお持ちですが、人間以外の記憶や、宇宙の違う星の記憶を持たれている方もたくさんいらっしゃいます。また現在、このスピリチュアルな世界で活動されている皆様のほとんどは、過去の地球の高次元時代(アトランティス・ムー・etc)に、人を導き、癒し、サポートしてきた方々なのです。
世界中で日本人が高い霊性と役目を持って生まれていることはよくお話しますが、それぞれの覚醒のスピードや役割によって、気付く次元の意味が違います。
この現実の3次元をベースに考えてみると、最高点には13次元まであると思っておいてください。私自身も、7次元までしか行っていませんが、その高い意識さえ、この3次元で理解しながら普段の生活のなかで使えなければ何も意味をなしません。
普段の生活を実践するということの本来の目的は、現実をうまく生きることだけではなくて、魂としての到着点は、魂本来の喜びである「人の為に生きる喜び」を感じることなのです。
そのチャンスが、これから11/11や、11/25、12/10、12/15と大エネルギー、小エネルギーとして流れ込みますので、どうぞ、上手にその流れのなかで気付いていってくださいませ。
皆様の幸福なる時間が、さらに溢れますことを祈っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です