北の龍神祭 2009

●啓示・神事・祈り
2009年12月1日、北海道の中心にある龍の聖地 然別湖(しかりべつこ)温泉ホテル風水の神殿で、「北の龍神祭」を行いました。

目的は、日本の北と南の龍を繋ぎ、日本を守る自然神の神々に感謝する祈りを行う為です。

奉納品は今年の神事で全国の聖地から頂いたお水を然別湖の神様へ納めて、全国の水神様の繋ぎを行います。

参加者の皆様は、自分の住む土地や人を守る宣言を神々に行うことで、より明確な神導きを得られることになるでしょう。

毎年12月1日は、北海道の然別湖で北の龍神祭を行い、旧暦3月1日には沖縄の伊良部島で南の龍神祭を行っています。

龍が守る日本の自然神エネルギーを繋ぐ大切な祈りの日ですので、お気持ちのある方は、どうぞ心を合わせて祈りを行って下さい。

11/30 夕方より、この一年を無事、過ごせたことに感謝する祈りを自然界の神々に行います。

12/1 午前6:45前後の日の出に合わせて、火・水・風・大地の神々と日本全国の八百万の神々へ向けて地球を守る宣言と土地の人々を守る宣言祈りを行います。

先ほど、地元の琴似神社と北海道神宮にも「北の龍神祭」のご報告に行ってきました。

琴似神社の神様は、「60センチほどの神様の魂」を私に預けて下さいました。

北海道神宮の神様は皆さんへお伝え下さいと言葉を下さいました。

祈りをする皆様全てを今後、導き致します。

ただ皆様にはこのことをお伝え下さい。

今後、自分が発する言葉にお気をつけ下さい。

ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました