放射能の対応について

現在、マスコミで流れている放射能情報の取り扱いについてですが、公開されない最悪の測定データが出ている事はあちこちから聞いていますが、その事を一般公開しても何も意味がありません。

本当に最悪な状況になった時は、日本だけではなく、世界のどこに隠れていても無駄だからです。放射能は、空気中の「見えない世界」の問題だからです。

誰もがわかる「見える世界」に結果が出た時には、もう遅いと考えた方がいいでしょう。

だからこそ、最悪のシナリオを考えて不安になるのではなく、希望溢れる未来に向けて豊かな創造力を働かせましょう。

今、気づかなければいけない事は、個人が書いたブログでも、マスコミや出版社の情報でも、誰かの言葉でも、不安な情報を出した人は、その解決方法まで出せないのなら、情報発信者は「無責任な人」だと言う事に気づいて、情報を選別する事をお勧めします。

国や東電が、国民の動揺を考えて全てを公開できないのも同じだと思います。

無責任な人ほど事実を受け止める覚悟が無いうえに、誰かにその対応や責任を押し付ける発言をするだけで、自助努力をしない人たちが多くいるからです。

100年前に自然災害に見舞われた時、誰かのせいにしている人がいたと思いますか?

地球や自然から多くを学び、後世へ伝えた言葉や知恵者がたくさんあったはずなのに、無視して好き勝手に生きた私たちは、ご先祖たちに進化ではなく、「知性が退化した国民」と言われても仕方が無いでしょう。

個人的には、放射能問題を解決できる方法はいくつか考えついていますが、まだ公開できるレベルでは無い物もありますので研究者たちからの報告をお待ち下さい。

今、皆さんに考えて欲しい事は、「なぜプルトニウムが、人間の皮膚に触れると被ばくするのか?」を豊かな創造力を使って考えてみて欲しいのです。

既成概念に囚われていない幼稚園の子供たちのほうが、すぐに答えを教えてくれるかもしれませんよ。

私は、放射能の被ばくを、こう考えています。

まず人間の身体は、細胞やDNAの中にある「マイナス電子」が動き回っていることで微量のエネルギーを産みだし続けているおかげで全ての臓器が機能して生きていますので、この人間が持っている微弱エネルギーの振動数と、放射能のプルトニウムが持っている振動数が違う為に、触れると病気や死に至ると理解しています。

※プルトニウムは、1枚の紙を通過できないほど大きな原子ですから覆う事で保護はできますが、空気や水、大地汚染にどう対応すると良いのか、まず自分で正しい知識を勉強して下さい。

「ヒーリングやボディワーク」をする人たちは、痛みや病気を自分の意識と身体を使って相手の無意識振動数に変化を与えて治療する方法を知っていますが、意識が、肉体や物質に及ぼす影響について理解できていない方は各自で勉強して下さい。

スピリチュアル大学校の講義の中では、自己メンテナンスを含めたあらゆる調整方法を教えています。

人間は「ある意識」と繋がる事で、肉体や物質の振動数を変えられる力がある事まで理解している方たちは、その力をどこに、どういう風に使ったらいいのかを仲間と話しあって下さい。

※日本に生まれた全ての人は古い魂(前世経験)をお持ちだからこそ、多くの守護存在と繋がりがあり、誰でもその気になればすぐにヒーリングの力を使えるように生まれています。地球を癒す能力が一番、高い民族が日本人なのだと言う事にも気づいて欲しいと思います。

現在、放射能を無害に出来るほどの振動数を持つ「鉱物」や「微生物」も、近い将来、世の中に出ると思いますのでそういう情報には特に注意して下さいね。

今、現実的に考えるべき事は、限りない未来に向けて、新しい希望が溢れ出る知恵や情報を発信し続ける事が重要です。

震災後、1カ月が経った今、なぜまた大きな揺れが起きたのか?

地球内部や大神は、どういうメッセージを私たちに送り届けているのか?

このことは、「地球創生SNS」の中で公開して解決方法を仲間たちと話し合っていますが、今後も、まだまだ大きな地震が続く事だけは、地球内部を守る存在たちと宇宙の大神からメッセージが届いています。

2011年は、地球創生神事の「国の立替え建直し」の最後の詰めの時期ですから、膿みだし・整い・方向転換・意識変革の時期だと年頭からメッセージを伝えていますが、これまでにない画期的な発明もどんどん世の中に出てくる事をメッセージで教わっています。

素晴らしい発明が世の中に普及するかどうかは一般の皆さんの意識の中で、多くの人が「その方向だ!」と思えば、一気に進化する事は皆さんもご存じのはずです。

一般家庭に電気が通っていない時代に、夢を描いた人たちがいたおかげで電線を繋いで、家電などの電化製品が家庭に普及しました。

電線で繋がなければ物は動かないと信じていた時代に、空間を電波が飛び合って話ができればいいなあと創造した人たちが、今の携帯電話を一般に普及させました。

たった50年で、ここまで変わる事ができる私たち日本人の創造力は、地球の未来を創造する役目や力があるとは思いませんか?

今日までの「普通」は、10年後には全く変わっています。

だからこそ、30年後、50年後、100年後、1000年後の地球を、私たち日本人が創造する必要があるのです。

あまりにも平和ボケしすぎて自分の事だけしか考えられない人が増えたからこそ、教えてくれているのが「震災」です。

自然界のエネルギーを上手に使いながら、進化することはできるのですよ。

今、親日国の台湾が、100億円の寄付と北海道へ旅行者を連れて来る計画を立ててくれています。

台湾は、もとは沖縄の領土の時代もあり、原住民たちに教育を教えた日本人の石碑が立っているほど、日本人に感謝してくれている国民です。

台湾の人たちの心には、私たち日本人はご先祖たちを導いてくれた父であり、母であると感謝を伝え続けた親たちがいるからこそ、今回の寄付に繋がっているのです。

何度も言いますが、私たち日本人は、世界の国々からやってきた移住民族の集まりだからこそ、世界の人たちへ感謝しながら、地球の未来を導く役目を持って生まれている国民なのです。

こういう苦しい時こそ、「本当の友」がわかるものですが、「遠くの親戚より、近くの仲間」が命を守ってくれる事に気づいたら、魂の仲間の輪をすぐに広げる努力をして下さい。

最後に、宇宙の摂理をひとつだけお伝えします。

この地球上で起きる全ての問題は、地球上にあるもので解決できるようになっています。

この地球を救う最後の方法は、「微生物」と「鉱物」であることも覚えておいて下さい。

私たちの肉体でさえ、全て「光」から生まれていますので、意識振動数をすぐに変えられる良い香りや良い音、良い色を上手に使って、意識や肉体のセルフケアを心がけて下さい。

不安な情報の裏付けに時間を割く余裕があるのなら、未来の可能性に意識を向けて希望ある情報を発信できる自分になる為に、心と体を常にクリアに保つ努力をして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です