2012年 祝事(解説付)

2012年1月2日、夜11:11に新春メッセージが降りました。
どれほど、この時を待っていたことか。その時、整い、目的の時空へ飛び立つ時、来たり。
既に、魂の覚悟と準備がなされた者たちは、この先のメッセージを読め!
陽、暖かく春を迎えるように差していた頃を思い出しなさい。
その光は大河のごとく流れ、星の渦から産まれたあなたたちの魂のように、天の意思を果たす役目で産まれたことを思い出しなさい。
天の御心は、あなたの御心と同じ。
他人も現実も、あなたと同じに思えなくとも、鏡に写った自分と同じなのです。
だからこそ、地球を救う事を思い出した者たちは、全ての思いをひとつに束ねなさい。
あなたたちの魂がひとつから生まれ、また、ひとつとなって働く時期が来た事をここに告げます!
この世(三次元世界)で起きる事は、全てお互い様の言葉のとおり、一人では成せない事を成す為に、互いの身を同じくしなかったのですが、肉体は全て魂の借り宿です。
本当に自分の魂に正直に生きる心があるのならば、他人の体、他人の命を自分と同じに感じる心を持って人生を生きなさい。
あなたが、魂の歩んだ過去のカルマを乗り越えて生きると決断したのならば、互いの肉体の違いさえ、自分の気づきと歓びの為に与えられた違いだと気づきなさい。
千ほど違いのある相手の違いを責めるよりも、その違いが、あなたが神我の愛に目覚める為の違いだと気づき、違う心全てを重ね合わた大きな心があなたを導く神の心だと気づきなさい。
新しく始まる今日、この時を迎えられた事を心からお祝い申し上げます。
感じる全てのものが許せないならば、許す心を学びなさい。
許せない事を許し、堪え難い事を耐え、忍びがたきを忍ぶ意味は、あなたの心が、神の御心そのものだと気づき、一心に神の望む道を進むことだと気づきなさい。
我を張らず、欲を出さず、成果を気にせず、多くの人が望む未来をあなたが創る役目なのだと気づきなさい。
それこそが、天が望む人間の生きる道なのです。
その心を忘れないように、生きて下さい。
全ては、一心。
あなたの心がけひとつで、地球の未来は変わります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です