1. HOME
  2. 天無神人ブログ
  3. 【教育】神仏心大学
  4. 「霊たちの本音」を公開します

「霊たちの本音」を公開します

2012年3月16日、朝9:07
左肩にエネルギーがふわっと、のしかかってきて、「霊たちを代表する存在」が来たので、対話をそのまま公開します。
 

どうしたいの?何を伝えたいの?
うちらのことが、そんなに迷惑なら、邪魔に思うなら、居場所を無くしてもかまわんよ。
うちらは、うちらの思いがあって、ここ(土地)に残っているんだけど、それが気に食わないなら壊してもいいよ。
この土地が好きだから、ここにいる人たちが好きだからいるんだけど、それは、ダメなことなのかい?
生きている人たちを見守るつもりでいるんだけど、それが、ダメなことなのかい?
答えてよ。僕らは、ここに居たくているんだよ。
でも、それで、誰かが苦しむなら、それも困るし・・。
悩んでるんだ・・・、僕らだって・・・。
いつも、家族のことを考えてるんだよ。幸せになって欲しいからね。
中には、足を引っ張る奴もいるけど、全員じゃないよ。
それをわかって欲しいのさ。
僕らのことを先祖と言われても、ピンと来ないんだよね。
だって、一緒に、生きてる気がしてるからね。
たまに、体を借りて一緒に飲んだり、食べたりする時もあるけど、そんなに悪いことじゃないでしょ。
誰かを苦しめるつもりは、もともとないんだから。
でも、嫌なのかな・・・?
やっぱり、僕らみたいな体を持たない存在がいるってことは・・・。
あなたならわかってもらえると思って、こうして、代表として来てるんだけど、どうしたらいい?
あがれないというより、あがりたくない思いを持った魂は、ここに居ちゃいけないのかな?
子供たちは、よく僕らを見て話してくれるし、動物たちとは目が合うと吠えられるので、困るんだけど、悪さはしてないよ。
どうしたらいいのか、教えて下さい。
怨霊なんて、実は、少なくて、ほとんどの霊たちは、ただ、ここに居たいだけなんです。
昔、住んだ家や昔の仲間と過した時間を思い出したくて、ずっと、うろうろしてるうだけど、迷惑かな?
あなたが、お話を聞いてくれるというので、皆んな、とってもたくさんの思いを持って、順番に待ってるんだけど・・・、これ
もダメかな?
僕らは、それぞれ互いが見えるので、話し合うことはできるから、どうしたらいいかを言って下さい。
あっ、僕らは東北の津波で亡くなった御霊たちばかりじゃなくて、日本全国や世界にいる御霊たちを代表して来ていることをわかってね。
話し合いたいんですよ、あなたたちともね。
だって、あなたたちも、いつかは、こちら側にくるんだし、一緒にどうしたらいいかを話しあいたいんです。
僕は以外にちゃんとしているから、お前行け!って言われて来たんだけど、ちゃんと、伝えられたかな?
僕のことは、書かないでね。家族が思い出して、泣いちゃうから。
もう、(肉体がない)僕らは仲間なんです。
お互いに、思いを残している事は知っているから、あまり、相手を詮索しないようにしています。
時には、急に亡くなった人たちが、自分の死んだ理由がわからずに困っている時は、少しだけ説明してあげる時もあるんですよ。
ただ、お迎えの人たちが来た時は、お任せしてます。
僕らは、これ以上、何もできないのは、よく知っていますからね。
体を痛くしないで伝える方法も、これでわかりましたので、これからは、この方法を使って伝えますね。
泣きわめく女性たちや、感情的に怒る男の人たちも居るけど、本心は、自分の思いをわかって欲しいだけなので、できれば聞いてあげて下さい。
亡くなった人たちは、仏壇やお墓には普段はいませんが、ちゃんと、自分が決めた場所にいます。
でも、そこは、知らない方がいいと思います。
家族が、僕らの事を思っていると、すぐにテレパシーで思いが伝わってくるので、瞬間移動して、その人の頭に上にいますので、遠くにいなくなっちゃったとか思わないで下さいね。
ちゃんと、まっすぐ上がって行く人もたくさんいるんだけど、僕らは、あなたたちを見守りたいんです。
自分たちが生きている間に、気づかなかったことが死んでからわかったので、少しでも、あなたたちに気づかせてあげたいと思って残ってるんです。
肉体を離れたあとの世界は、とても不思議な世界ですよ。
幽体離脱した人も、たまに、見かけますが、すぐに戻ってしまうので、なかなか話しができません。
夢の中に入っていくと、いろんな思いとごちゃごちゃになるようなので、三途の川を見せたり、白い着物を来た人を見せたりして、こちらの世界からの通信だよって伝えているんだけど、怖がる人が多いんだよねー。
なんとか、怖がらずに、話しを聞いてくれる方法が無いかを探してきたけど、いつも、僕らの声を伝える人は、変な扱いをされて苦しむので、あんまり同じ人にお願いもできないし・・・。
あなたは、ちゃんと代弁してくれると思うから、そのまま伝えてます。
どうか、僕らが、どうしたほうがいいかを皆さんで話しあってもらえませんか?
あなたたちを見守る為にいるので、あなたたちが望むのなら、受け止める覚悟はできています。
でも、僕らの世界を完全に無くすと、先祖の声が一切、聞こえなくなるかもしれないので、それでもいいのかなーと不安です。
僕らのことを理解してくれているあなたたちだからこそ、どうしたらいいのか、どうして欲しいのか教えて下さい。
今日のお伝えする時間は、これで終わります。

アーカイブ

Translate »